鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:地元

 (7コメント)

thOO40T2ZZ

34: おさかなくわえた名無しさん 2006/12/14(木) 20:27:56 ID:W9U0xIy6
凄い小さい事なんだけど…
彼が,地元に愛着を持ちすぎていて冷めた(ちなみに大阪)。
「東京は何食ってもまずいなぁ」「何でも高いやん」「セールしょぼいな」
毎日こんなのばっかりだった。
うどん屋で一緒に食事した時,「こんな炭汁無理や」と言って残して
次の日に関西のうどんつゆのモトを,職場で配ってた
「これ食べたら,醤油だけのつゆなんて食われへんで」とか言ってた
普通に故郷大好きは構わないけど,これはうざすぎた

つぅか地元帰れよ文句しか言わないなら
別れる時「やっぱ大阪の感性は難しかったんか?」とか的外れな事言ってた

早く地元民で同じ感性の彼女見つけろや

この記事の続きを読む >

 (1コメント)


1709062_03

609: 名無しさん@おーぷん 2017/01/04(水)14:00:55 ID:C5k


私には幼小中と同じところに通った幼馴染が3人いて、高校から離れたけど今でも年1、2回会う仲
その中の特にAとは母親同士が同じ病院で出産、誕生日も近いということで物心つく前からの付き合い

今年、私は入籍予定で挨拶も兼ねて彼氏をつれて地元に帰ってきた
2日の夕方、市内の方に買い物に行って地元の駅に帰ってきたら、Aに会った
Aには彼氏の写真等を見せたことがなく(友達だった期間が長くて、その頃は写真なんて持ってなかった)
だからなのかAがやたらとお茶に誘ってくる
私は断ろうとしたんだけど彼氏がいいよと言ってくれたので近くのファミレスへ
Aはいろいろ注文、私と彼氏は少し前にお茶していたのでドリンクバーだけ
そしたら突然Aが私sage、自分ageを始めた
曰く「こいつ(私)小食ぶってるけどめちゃくちゃ食べますから」
「っていうか昔糞デブだったんですよw知ってます?(中学校のアルバムと思しき写メを見せる)」
「痩せるのにやばい薬使ったらしいんですww頭悪くないっすか?www」等々
なんというか常に私を馬鹿にした口調で草生やしまくりみたいな話し方でマシンガントーク
私がイライラしてAを止めようとするよりも先に、
彼氏が「薬?やってないですよ。一緒のジムに通ってましたから」と言ってくれた
それを聞いてAはむかついたのか今度は私の片親批判(父が大学生のころに亡くなってる)
曰く「人間が腐ってる」等々
途中でもう我慢ならんと一万円を机にたたきつけて席を立ったけどAは何かわめいていた

その後、彼氏には謝り倒してAからLINEや着信が山のように来るので電源オフ
母親にだけ事情を説明して、実家に泊まる予定だったけど自分の家に帰った
そして昨日、携帯の電源を入れたら相変わらずAからのLINEや着信の山の中に2人の幼馴染からの連絡が
最初のほうは「Aから(私)の彼氏のことやたら聞いてくるけど何かあった?w」とか
「私も(私)の彼氏会いたかったな~」というような他愛のない感じだったんだけど
途中から「Aがなんかやばい」「うちの親のとこにも聞きに来てる」
「しばらくこっち戻ってこないほうがいい」とどんどん深刻な感じに
もうこの時点でむかつきよりも恐怖のほうが勝っていたんだけど
私の家に来る途中に彼氏がAを最寄り駅で見たと言っていていよいよやばくなってきた
LINEや着信は3日の深夜で止まっているんだけど、
わざわざ最寄り駅(地元から電車とバスで二時間くらい)まで来ているとしたら怖すぎる
「迷惑だ。もう私たちは友達でも何でもない」とLINEしたけど(電話は着拒されてた)返事はない

この記事の続きを読む >

 (12コメント)

hashikan
414: 名無しさん@おーぷん 2017/08/12(土)12:04:06 ID:q7v
場違いかもしれないけど、凄く衝撃だった小話を。

旦那が私の地元にやってきたことで私達は出会い、恋愛結婚した。
結婚2年目で旦那の栄転が決まり、旦那の地元で生活することになった。
最初は右も左も分からず、知り合いさえいない土地での慣れない生活ということもあり
私は専業主婦をすることになった。

旦那の地元は、とても気前の良い土地柄のようで
たまの贅沢でお肉屋さんやお魚屋さんで良い食材を買うと、毎回おまけをつけてくれた。
スーパーでも、生鮮食品を買おうとしていたら、店員さんがやってきて
「ちょっと早いけど特別!」
と毎回割引シールを貼ってくれ、コンビニで肉まんを買うと
「もうすぐ廃棄時間だからおまけにしておくね!」
とレジを通さずに渡してくれたこともあった。
どこへ行っても、とても気持ち良く買い物が出来て、すごく居心地の良い土地だなと思った。

当時、話し相手が旦那しかいなかった私の日課は、旦那にその日あった嬉しいことを話すことだったんだけど
「レジがオーナーだったからかもだけど、廃棄時間間近の肉まんを無料でもらえた。本当に気前のいい土地だね!」
と話したら
「俺、コンビニでそんなサービス受けたことないよ。つかコンビニ店員に話し掛けられるなんてないよw」
と言われ、私にベタ惚れな旦那は
「美人だとやっぱり得なんだね!」
と毎回続けられた。(注:これは旦那の主観で、世間的には美人ではない)

転勤から1年経つ頃、そろそろ知り合いを増やしたくなり、近所で気楽にできるパートを探すことにした。
ちょうど近所の和菓子屋さんが短時間パートを募集していたため、応募して採用された。
出勤初日、事務所へ行って制服を受け取り、店長に色々教えてもらっているところにパートさんが出勤してきた。
「今日から入る私さんです」
と簡単に店長が紹介してくれ、お互いに挨拶と会釈をすると、パートさんが
「可愛い……」
とこちらに聞こえるか聞こえないかくらいの声で呟いて、更衣室へ入った。

引き続き店長の説明を聞いていると、またパートさんがやってきて挨拶をしたら
「店長w顔で選んだでしょwすごい美人さんだねwww」
と茶々を入れられた。店長もその発言に肯定的な話をして軽く盛り上がり、そのままパートさんに
「私さんに更衣室の使い方とか教えてあげて!」
と私への説明を引き継がれた。
その後更衣室で肌が綺麗だとかべっぴんさんだとかベタ褒めされた。
最初は新人をチヤホヤしているだけだと思ったけど、常連のお客さんからも同様に褒められ
次第にお客さんから差し入れをいただくようになり、スーパーで偶然会うと何かと買ってやろうと言われる。

私の地元は、美人が多いと思う都道府県ランキング毎回上位の県で、私なんて良くて中くらい。
地元で当然、こんなにチヤホヤされることはなかったから、とても衝撃だった。
私なんかが美人認定とかドッキリか何かかと思ったけど、その話を旦那にしたら
「だからいつもそう言ってるじゃん!私ちゃんは美人さんだよ!」
とドヤ顔された。

ちなみに旦那の地元は、美人が少ないと思う都道府県ランキング最下位常連県。
所変われば――とはこのことかと、美人ってこんなに得しているのかと衝撃を受けた。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

762

787: おさかなくわえた名無しさん 2009/05/25(月) 02:20:21 ID:K511+6uZ
旅行に元彼といったときの話
旅行先でちょうど地元のお祭りをやってたので見に行った
踊りがすごく独特で感動しちゃって
「こういう伝統的なものってすごく良いね」
って彼氏に話しかけた
そしたら
「いや、俺ほかの場所でもっと大きい祭りみたことあるしこれぐらいじゃ別に…」
ってめっちゃ冷めた感じで言われた
尋ねたのは私の方だし、どういう感想抱こうが勝手だけどさ
私が感動して楽しんでるのはわかってるだろうに
それにいちいち水さすようなこと言う彼氏に本気で冷めた
というか殴りたくなった

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

new_af964306

951: おさかなくわえた名無しさん 2009/11/24(火) 18:25:49 ID:btiiIPu/
付き合って三年、結婚話も出始めていた彼氏の地元に初めて行って
いろいろ案内してもらってた時、最後に
「ここ、うちの高校の奴がよく来るとこ。俺も昔は通ったんだー、
マスターとも仲良くてさ」という喫茶店に連れてってくれた。

中に入ると、同い年ぐらいの女性が二人座ってて、彼を見て一瞬驚いた後
「こんにちは、久しぶり」と挨拶したんだけど、彼はそれを無視。
強張った顔で一番離れた席につき、注文を済ませた後、何か思いついたのか
急ににやにやした顔で私に「ついておいで」と言い、彼女たちの席へ。
一人を指さし、
「この人さー、中学高校と同じ学校だったんだけど、俺のこと好きだったんだw
中学ん時にちょっと仲よくしてたら、何か知らんけど手紙とかくれて、
困っちゃったんだよね迷惑でww」と大きな声で語りだした。

言われた方の人は、きょとんとして「そうだっけ?」みたいな反応。
それでもしつこく同じことを言い続ける彼氏の表情が異様な感じで、
大声も恥ずかしかったので「もうやめてよ」と何度か言ったけど、やめない。
そうしてるうちに、言われてる女の人も腹が立ってきたらしく、
「悪いけどあんまり記憶にないわ。○○君にとっては大事な思い出に
なってるみたいだけど、ごめんね。
私が○○君に関して覚えてるのは、中学の時はそれなりに仲よくしてたのに、
卒業前に彼氏ができたって言ったら急に私の悪口を言うようになって、
高校に入ったら周り中に悪口言いふらしてたことかな」と。
彼氏は真っ赤になって「嘘つくな」とか喚き始めて、結局マスターに
「お金は頂きませんから」と店をつまみ出された。

どっちの言うことが本当なのか、正確なところは私には分からないけど、
もう無理だった。
あと二泊する予定だったけど、その日のうちに一人で地元に帰りました。

この記事の続きを読む >