鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:地元

 (2コメント)

762

787: おさかなくわえた名無しさん 2009/05/25(月) 02:20:21 ID:K511+6uZ
旅行に元彼といったときの話
旅行先でちょうど地元のお祭りをやってたので見に行った
踊りがすごく独特で感動しちゃって
「こういう伝統的なものってすごく良いね」
って彼氏に話しかけた
そしたら
「いや、俺ほかの場所でもっと大きい祭りみたことあるしこれぐらいじゃ別に…」
ってめっちゃ冷めた感じで言われた
尋ねたのは私の方だし、どういう感想抱こうが勝手だけどさ
私が感動して楽しんでるのはわかってるだろうに
それにいちいち水さすようなこと言う彼氏に本気で冷めた
というか殴りたくなった

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

new_af964306

951: おさかなくわえた名無しさん 2009/11/24(火) 18:25:49 ID:btiiIPu/
付き合って三年、結婚話も出始めていた彼氏の地元に初めて行って
いろいろ案内してもらってた時、最後に
「ここ、うちの高校の奴がよく来るとこ。俺も昔は通ったんだー、
マスターとも仲良くてさ」という喫茶店に連れてってくれた。

中に入ると、同い年ぐらいの女性が二人座ってて、彼を見て一瞬驚いた後
「こんにちは、久しぶり」と挨拶したんだけど、彼はそれを無視。
強張った顔で一番離れた席につき、注文を済ませた後、何か思いついたのか
急ににやにやした顔で私に「ついておいで」と言い、彼女たちの席へ。
一人を指さし、
「この人さー、中学高校と同じ学校だったんだけど、俺のこと好きだったんだw
中学ん時にちょっと仲よくしてたら、何か知らんけど手紙とかくれて、
困っちゃったんだよね迷惑でww」と大きな声で語りだした。

言われた方の人は、きょとんとして「そうだっけ?」みたいな反応。
それでもしつこく同じことを言い続ける彼氏の表情が異様な感じで、
大声も恥ずかしかったので「もうやめてよ」と何度か言ったけど、やめない。
そうしてるうちに、言われてる女の人も腹が立ってきたらしく、
「悪いけどあんまり記憶にないわ。○○君にとっては大事な思い出に
なってるみたいだけど、ごめんね。
私が○○君に関して覚えてるのは、中学の時はそれなりに仲よくしてたのに、
卒業前に彼氏ができたって言ったら急に私の悪口を言うようになって、
高校に入ったら周り中に悪口言いふらしてたことかな」と。
彼氏は真っ赤になって「嘘つくな」とか喚き始めて、結局マスターに
「お金は頂きませんから」と店をつまみ出された。

どっちの言うことが本当なのか、正確なところは私には分からないけど、
もう無理だった。
あと二泊する予定だったけど、その日のうちに一人で地元に帰りました。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

ダウンロード (94)

743: おさかなくわえた名無しさん 2011/03/26(土) 22:37:41.19 ID:doK21Z+P
同じ大学の同級生だった元彼
卒業したけど彼は就職失敗して、地元に戻りたくないからと私のマンションに転がり込んできた。
彼はバイト代から月2万は入れるけど、家賃の大半と食費、光熱費は私もちだった。
「飯の支度は俺がやる」とか言ってたけど料理はできず、出前とったり惣菜買ってくる(私のお金で)だけで不経済なので結局私がやる事に。
「今のバイトが合ってるから収入少なくても(月8~10万くらい)ずっと続けたい」とか言い出すし、色々あってだんだんと冷めていた。
で、4か月くらい経ったある日。
ニュー速+の婚活女子を取り上げたスレ見てて奴が言った言葉が
「女はいいよなぁ。仕事いやになっても結婚して永久就職って逃げ道があるから」
私が「そんな女ばっかりでもないけどね。私は今の仕事ずっと続けたいし」と反論したら、
「今はみんなに可愛がられて楽しいだろうけど、そのうち辛くなるから」
「そんな時に女は辞めて逃げられるから。男はそうはいかない」
「ずっと楽しく仕事ができると思ってる時点で仕事というものを甘く見ている」
と説教口調。
そういう事はせめて自立してから言えよ…と完全激冷めして、その後すぐ出てってもらった
…けど、勝手にスペアキー作っていて、その後も私の留守中に出入りしていた事が発覚し、
最終的には彼のご両親に通報して田舎に引き取っていただきました。

この記事の続きを読む >

 (8コメント)

ダウンロード (14)

571: 名無しさん@おーぷん 2015/12/15(火)08:35:12 ID:rRh
私の地元で仕事が決まり、遠い場所から越してきた旦那。
あっちは日本海側、こっちは大平洋側の瀬戸内海近辺なので
文化や気候、食べ物まで全く違う。
さっぱりとした白身魚などが主であるこっちに対し
日本海はこの時期脂の乗った魚や大振りの海老が美味しい。
そんな旨味を幼少から知ってるものだから、事あるごとに自分の地元と比較しては私の地元をdisる。
食べ物に限らず、本屋の規模や天気(こっちに越してから鼻づまりが続くらしい)など
あからさまな批判はしないけど、自分の故郷に帰りたい、いつか帰る。
ここは魚が小さいしおまえもあっちの寿司や魚のが好きだろ?
と言ってくるのが少し重荷になってきた。
望んでこっちに来たわけじゃないのも、祖母や家族と離れた寂しさなどもわかっているつもりだけど
生まれ育った場所に愛着があるのは私だって同じ。

いつかほんの少しでもここを好きだと思ってくれることを願ってる。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

ダウンロード (37)

439: 名無しさん@おーぷん 2015/11/05(木)00:08:57 ID:vtQ
当分終息しそうにない修羅場。(フェイクあり)

東京で教育関係の仕事をしていた従姉が、一年ちょっと前に祖母の
介護のため退職・帰郷。(伯父(従姉父)は長男)
介護を手伝う傍ら地元の企業に再就職し、そこで知り合った人と
めでたく結納も交わしたのが少し前の佳き日。
その数日後、なんと従姉宛に不倫の慰謝料請求の内容証明が届いた。
伯父一家、晴天の霹靂。
実は従姉、東京で不倫してて、そのトラブルで祖母の介護を口実に
これ幸いと地元に逃げ帰っていたらしい。その件は当然婚約者の知る
ところとなり、おそらく破談になる模様。
さらに不倫相手の奥さんがうちの地元に乗り込んで来たらしいが、
さすがに俺がkwskとか言える状況ではない。
同席した従兄(問題の従姉の兄)から多少聞きだせたのは、内容証明の
タイミングといい、何らかの手段で従姉の動向を監視してたとしか
思えないとのこと。さらに不倫相手と言うのが、従姉の教え子(学校
ではないのだが)の父親。既婚だと知らなかったという言い訳は通らない。
また従妹は教師としては優秀だったらしく、子供にも懐かれていて、
奥さんはそれゆえに許せないらしく。従兄は「どうやら、えらい人を
敵に回してしまった」と頭を抱えている。

問題の従姉はよく言えば真面目な優等生、悪く言えば喪女。不倫とか
とうていしそうにないタイプですごい衝撃だった。

また、この従姉の件のあおりをくらったのが、別の叔父家の従妹。
前から東京の大学の進学を希望していて親も容認する方向だったのが、
一転して猛反対。
こちらも荒れに荒れて修羅場らしい。

この記事の続きを読む >