鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:土下座

 (3コメント)

106

378: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/16(木) 21:10:46.63 0
兄嫁スレにするか悩んだが自分にとって修羅場話だったので流れを変えるついでに
先人達に比べて大した事がないかもしれないしヲタ話なので注意

仕事を終えて家に帰るとリビングから喧嘩の声がきこえてきた
どうやら遊びに来ていた兄と兄嫁が喧嘩しているらしく母の横で甥っ子がギャン泣き
何があったのか聞こうと思ったがその前に兄が土下座する勢いで
「嫁が勝手に息子をお前の部屋に入れてしまい大事な物を滅茶苦茶にしてしまった」
と謝罪してくるので慌てて部屋に行ってみるとフィギュア棚崩壊
(フィギュアといってもアニメ系ではなく特撮系の可動フィギュアがメイン)
フィギュアの中には当然限定品もあるが部品が折れていたり塗装が剥げていたり最悪な状態
怒りがこみ上げてくる前にショックの方が大きくてその場でへたり込んでしまった

リビングに戻って事情をきくと
甥っ子が勝手に部屋に侵入→あ!○○があるー!と興奮して棚からフィギュアを取り出して遊ぶ
息子がなかなか戻らないので様子を見に来た兄嫁→あら、おもちゃ遊び?よかったねー
→ほら、こっちにはこんなのあるよー、と次々フィギュアを取り出して渡す
二人が戻ってこないのが気になった兄が現場を見て激怒→二人をリビングに連れ戻して喧嘩

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

585

950: おさかなくわえた名無しさん 2017/02/06(月)11:31:18 ID:jCC
昨日、3年チョット付き合った彼氏と別れた
同棲していたけど、家事をしないが文句は言う
1人で3時間ほど出かけただけで浮気を疑う(買い物で買ったものも手に持ってたのに)こと数回
ちなみに食材の買い物に付き合ってくれたのは月に1回あるかないか

彼が休みの日、私が洗濯機を回してうっかり忘れて仕事に行けば「洗濯物干してない!」と文句は言うが干してくれない…
ご飯を作れば「おふくろの方が美味しい」(しかし料理はしない)
掃除をすれば、「寝室が汚いよ~」(ゲームしながら)

一昨日、浮気をまた疑われたことにプッチンした私
昨日家に帰って来た元カレに別れを切り出して、さようならしようとしたその時
「君はおふくろよりも僕のことをよくわかってくれてる!
だから別れたくない!
さっき言ってくれたこともなおす!」
と当時に土下座
土下座と元カレの母親役宣言に冷めつつも具体的にどのように直すのかを聞けばとにかくなおすから!と具体性なし

そのまま家を出た
荷物は彼が仕事でいないうちにまとめて実家に送った
土下座はパフォーマンスにしか感じられなかったし、余計に冷めた
ここまで頭を下げたんだから許してくれるよね?という一種の脅迫のように思えて仕方なかった
初めてあんな安っぽい土下座を間近で見た

別れ話の時に土下座は本当に冷めるし最後の最後までママンと比べるとか終わってる

ちなみに私22 元彼28
もっと見る目を養おうと思う

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

765

639: おさかなくわえた名無しさん 05/02/10 02:53:36 ID:70gSlzsP
交際後、初めて彼が私の家に泊まりに来た日のこと。
彼の携帯電話が鳴る。液晶を見てうげ!という顔をしているので、
もしや…と思い、「どうしたの?やましいことないなら早く出なよ」と促すと、
案の定、携帯から明らかに女の声で「あ、○○?あたし~。
今どこにいるのぉ?」と響いてきた(彼は常に受話音量を大きくしていた)。
何を思ったか、慌てて彼が私の耳を両手で塞いできたので、
その手を振り払い彼を思いきり睨みつけた。
彼がしどろもどろになりながら、「いや、俺さ…す、好きな女ができてさ、
今、その彼女の家にいるんだよ…ごめん」と電話の女に返答すると、
「うそ…なんでっ!どういうことっ?私のこと、愛してるって
ゆったじゃん!」と半狂乱の女の叫び声がはっきり漏れ聞こえた。
彼が動揺して「…う…いや…彼女がさ…今、すごい俺のこと睨んでて…
まいったな…」と返事すると、「その女の家どこ?私今からその女の家行って、
話つける!女の家の住所教えてくれないなら、今すぐ手首切って死ぬからね!」
と、またしてもはっきり漏れ聞こえ。ついに放心状態で口をパクパクさせる
彼に、仕方なく「彼女と話し合う。必ず10分後に掛け直すから、待っててくれ
…と言え」と書いたメモを見せた。その通りに彼が言うと、ようやく女は
「10分だからね!絶対だよ!」と言って電話を切った。
「ごめん!キミと付き合う前に、寂しくてテレクラで知り合った女で…」と
泣きながら土下座する彼の両脇を抱えるように持ち上げて立たせて、
「あーそーですかはいはいはい」と言いつつ、背中を押して玄関まで誘導し
靴を履かせて追い出した。

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

no title

655: おさかなくわえた名無しさん 2012/09/20(木) 22:51:49.88 O
 
なんとなく思い出した高校時代の修羅場話を投下


高校3年生の春、ある日の放課後に委員会の仕事をしてた時に
通りすがりに私を見つけたらしいA先生に声をかけられた。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

7

504: おさかなくわえた名無しさん 2015/07/19(日)23:28:33 ID:uQ4
別れ話になってからだからスレチかもしれないけど書く

私→20歳(アルバイト)
彼氏→21歳(正社員)

当時の彼とは付き合って3年目
同棲は2年目に差しかかろうとしていた頃だった。
同棲してありがちな些細なすれ違いがかなりの頻度で発生してた。
別れ話をする決定打は私の浮気を疑ったこと。
彼の心配性はわかっていたから自分のいる場所と状況を画像付きでラインでこまめに報告していたのにどうやって浮気ができるのかと頭が痛くなったものでした。

別れたくないと懇願する彼、だらしない彼に愛想を尽かし別れたい私。
その時のセリフ

「○○さん(私)は俺のおふくろよりも俺のことずっとわかってくれてるから…だから別れるなんていやだよ…」

その後、土下座されても私が意見を曲げずにいると逆ギレをしてくる始末。
最終的に「死んでくる」と言って家の前の坂を登ってきた車(時速30キロも出せない細くて短い道)の前に飛び出して警察沙汰になって情さえも枯渇した。

元カレに言わなかったけど
「私はお前の母親じゃねぇから!」

この記事の続きを読む >