鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:喧嘩

 (14コメント)

642

367: おさかなくわえた名無しさん 2015/02/05(木) 15:54:53.68 ID:BXRp5B+H
俺も昔ガキの頃にあったわ
親父が「誰のお陰で飯が食えると思ってんだ!」とか言われ
「お母さん」と答えたら逆上し
その光景を見たおかんが激昂し
めっちゃ喧嘩し出したので逃げた
後でこっそり覗いてみたらおかんが
「もう美味しい揚げ天買って来たらへん!」「仕事の服もクリーニング出したらへんから!」「頼まれた釣りの本も買って来といたらへんもんね!」「離婚や離婚!離婚したる!」
(「~たらへん!」とは「~てあげない!」の意)
とか言ってて親父が必死で謝ってた

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

0756

142: おさかなくわえた名無しさん 2007/07/19(木) 13:59:50 ID:Li5LTokT
たいしたことないから暇つぶし程度に読んでくれ。

高校の時に親が再婚して半年くらいしか年の違わない弟が出来た。(弟の方が俺の高校に転校してくる形)
俺、ラグビー部。体型は室伏。
弟、美術部。体型はモヤシかカイワレ。

高校にもなって兄弟よーなんて言われてもなじめず、お互いよそよそしい状態で、名前にさん付けで呼んでた。

ある日俺は学校帰りにヤンキーに絡まれていた。
何度かあったことだし、なんだかんだ絡んでくるくせに喧嘩をふっかけては来なかったので、やれやれ…程度のリアクションだった俺の後ろから叫んで飛び出した奴がいた。
「おおおお俺のお兄ちゃんになにすんだぁぁぁ!」

必死になってヤンキー相手にカバン振り回して追っ払ったのは弟だった。
これまで「T(俺)さん」としか呼ばなかったひょろい弟が、俺の危機と思ったらしく、足もつれさせて転びながら。

後にも先にも弟があんなでかい声出したのはそん時だけだったが、今では親元離れて一緒に住みながら俺は福祉の学校、弟は美大に通ってる。


俺の弟の武勇伝でした。まとまらん文ですまない。

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

ダウンロード (27)

382: 名無しさん@おーぷん 2015/08/29(土)03:13:02 ID:nRe
なんか相談みたいになるけど悩んでます。
喧嘩というわけでもないのにちょっとした意見の言い合いというかぶつかり合いになると「ハイハイ、俺が悪かったです!!」といって寝てしまう。もしくは「…寝る」で寝る。
私は話し合いたい。
私がワーと怒るとベットにお姫様だっこで無理矢理つれてかれて、全然寝るような時間でないのに寝かせようとする。

こちらはヒートアップで寝れるような状態じゃない!イライラする。

回りからノロケだと思われて話半分しか聞いてもらえない

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

622

984: おさかなくわえた名無しさん 2010/08/14(土) 12:42:31 ID:VHWYE4aR
少しスレチかもしれませんが、冷めて別れた後に更に冷めた話。
彼のいろんな言動にたえられず、「あなたのやってること言ってることが理解できない」と言うと
彼「理解できなくて結構。俺はお前とは位の違う高レベルな生き物なの。」
と真顔。
そこでようやく気付き別れた。
その数週間後、いきなり
「前の彼女と連絡をとったら、その人は俺のことわかってくれて、受け入れてくれた。俺はその人のところに行こうと思う」とメールが。
はい?どうぞどうぞご勝手に、私には関係ねーよと思い無視したんだが、
そのまた一週間後くらいに
「○○、どうしてる?メールちょうだい」ときた。
私が「何?どうかしたの?彼女と喧嘩でもしたw?」と返すと
「彼女なんかいないよ!僕のことなんか、誰も必要としてないんだ。死んだほうがいい」
ときた。そんなんで死ぬような人間じゃないし、関わりたくないと思い無視してメルアドも変えた。

女がいないと何にもできないのかと思い、かなり冷めた。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

964

787: 名無しさん@HOME 2012/11/03(土) 23:18:19.45 0
規模としてはそこまで大きくないけど、当時の俺の感情という意味で一番の修羅場を…

小学生のとき、母は在宅の仕事をしてた。
どんな仕事か詳細はわからなかったけど、手書きの原稿をPCの文章に打ち直すとかそんな感じの仕事。
で、忙しい時期はほぼ一日中PCの前に座っているような状態だったので俺と2つ上の兄は家にいて暇なとき母の肩を揉んだり叩いたり、コーヒーを入れてあげたりしてた。

事が起きたのはある夏休みの日。
父は仕事、母は在宅仕事、兄は友達の家に行き、俺は家で暇してた。
で、いつもどおり母の肩を叩いたら母が「お母さんお仕事休憩するけどもう少しやってほしいことがあるの」
で、母。何をしたかというとうつぶせになり「○○(俺の名前)母さんの背中踏んで」
前に母の背中を指で押したら気持ちよかったらしく、乗っかったらもっと気持ちいいだろうと思ったらしい。
で、言われたとおりに乗って「もうちょっとこっち・あっち」といわれるのに従ってた。

そこに兄が帰宅。母が仕事している部屋に入って来る。
兄の見た光景
・「あ`~」と苦しみながら(実際はマッサージされているときに出る声)倒れている母
・その母を両足で踏みつけている弟(おれ)

で、兄の導き出した結論は「弟がお母さんを虐めている!」
母を助けんと本気の兄にいきなり殴られてびっくりとかそれ以前に怒りが湧き上がった俺。
兄に対して反撃をして兄弟で殴り合い取っ組み合いの喧嘩に。
当然母が止めたんだけど、兄は母を虐める弟への怒り。俺は兄にいきなり殴られた苛立ちでお互い落ち着くまでに結構時間がかかった。

他の人に比べたら低レベルだろうけど、今の所兄と本気で喧嘩したのはこれが最初で最後
精神的には後に車に轢かれかけたとき以上の状態だった。
こんな修羅場もあるってことでひとつ。

この記事の続きを読む >