鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:命名

 (7コメント)

icon175x175
362: 名無しさん@おーぷん 2015/03/03(火)13:35:44 ID:neR
旦那が長女の名前を変えたいと泣きながら訴えてきた。
長女の名前は「桜」。来月から小2。
なんでも桜は片想いで終わった年上の女性の名前らしい。そんなの聞いてないし聞くに堪えないDQNネームでも無いんだから変えるなんてできない。
長女の名付けのとき、私から提案したんだけど旦那は
イイね!と特に反対する様子も無かったので桜になった。
桜満開の季節に産まれているし、綺麗な名前だと思う。私はそう思っていたんだけど、
旦那はずっと好きだったお姉さんと同じ名前だ!ハァハァ
・・・・でもやっぱり叶わぬ恋を思い出すのは辛いぜ・・・改名しよう!
・・・短く纏めると長女が生まれてから7年間、こういった心境だったと暴露した。
長女には絶対言うなよと釘をさしたにも関わらず、旦那は正直に包み隠さず喋ってしまった。
長女は旦那が恋した女性のくだりはよくわかっていなかったが、名前は変えたくないと言った。
それでもしつこく改名したときの名前の候補を勧めてくるので、長女と次女を連れて実家に帰らせてもらった。
長女は自分の名前は変なのかと思い始めたので旦那とはしばらく引き離すことにした。
何度話し合っても改名改名騒ぐから疲れたし冷めた。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

472

658: 名無しさん@HOME 2013/05/28(火) 18:01:03.02 0
件名:命名

♪自信作♪
振留(ふりる)
振袖から留袖までの女の一生。フリルも女の子の象徴。私の造語です。
織染(おるめ)
織ったり染めたりの女の一生。おり+そめで「おるめ」。私の造語です。
麻織or紗織or絽織(さらり)
夏生まれに相応しく夏物で。さらりと。私の造語です。

↓次点↓
縮緬(ふわり)
ちりめんでは可哀想なのでふわりと。読みは私の造語です。
綸子(きらり)
本来はりんず。光沢があってきらっとするのできらり。読みは私の造語です。
繻子(はなり)
本来は繻子。ちりめんより薄くてやわらかいのではんなりもいいなと思ったけど
可愛くないのではなりにしました。読みは私の造語です。

来月出産予定の私に三十路お花畑毒コトメが送ってきたメール
万が一にでもここから名付ける事はないと返事したら
「日本人なら誰でも愛着を覚える名前で、いわゆるキラキラネームとは一線を画してる」
「友達(居るのか?)に聞いたら皆素敵だと言ってくれた」
「良識を持って公平な目で見る人ならこの名前の重みが分かる」
「貴女はそういう教養がないんだからありがたく受け取れ」
ということなので、良識があって公平な目をお持ちの方は
どうぞこの名前をお持ち帰り下さいませ

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

icon175x175
175: 名無しさん@おーぷん 2015/06/13(土)10:43:17 ID:Ypb
現在2歳の子をもつシングルマザーです。
旦那とは離婚していて、養育費無しで母娘で暮らしています。
離婚理由は子供の名付け。旦那は子供の性別が女だという事が嫌で仕方がなく、孕んでしまったのは仕方がない。ころすのは流石に後味悪いから「産ませてやる」
ただし名前は男名だ。大翔(ひろと)で決定な。と一方的に名前を決めました。
私、私両親、義姉は大反対。義父のみ賛成(義母は亡くなってる)。
義姉の名前は「あきら」なんですが、義父は裕介とつけたかったらしく、義母の大反対であきらに妥協したそうです。義母はエネ状態だったらしいが、名付けのときは抵抗したらしい。
旦那は名付けに反対するなら離婚だと脅してきましたが、その時の旦那の言動から、これからも私と娘は旦那によって苦しめられると判断して離婚を承諾。
旦那はまさか承諾されるとは思わなくて抵抗しました。だって離婚したら旦那の生活レベルは格段と下がるんだもの。

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

ダウンロード
778: 本当にあった怖い名無し 2011/06/05(日) 08:23:10.70 ID:teJuuOa50
友人の親戚には姓名判断で結構名の知られた占い師がいるそうで 

彼の兄夫婦に子供が生まれたとき、名前について相談したんだそうです。 

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

img50f1660e84611
673: 名無しさん@おーぷん 2015/08/10(月)09:33:16 ID:zXE
うちの近所のAさんが出産したのだが、町の会報誌を見たら子供の名前が「富江(仮)」という感じの
いわゆるしわしわネームだった。
このAさんと私は同年代だけど、私が割と早く産んでいるせいで互いの子供の年齢が全然違うし、
町内会の活動にもあまり参加されていなかったので、互いを知ってはいても親しいわけではなかった。
今時すごいなーと思うだけで、特にそのときは何もなかった。

この記事の続きを読む >