鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:呆然

 (1コメント)

images (1)

972: 名無しさん@HOME 2013/05/12(日) 21:54:23.05 0
流れ切って。

妊娠中、職場の後輩に階段から突き落とされた。
幸いにして、お腹の子供は無事だったけど、私の頭にはなぜ!?という二文字しか浮かばずパニック。
後に、後輩と後輩の母親、私の夫、会社の上司を交えて話し合いを持ったときが修羅場。
なぜこんなことをしたのかとたずねても、後輩はだんまり。
代わりに母親がしゃべるしゃべる。
「私はこんな子いらなかったんです」「こうして私を困らせるのが好きなんですよ、この子は」
「上のお姉ちゃんたちは、いい子ばかりなのに…この子だけは生まれたときから躓いてばかりの人生だわ」
夫が顔をしかめてたしなめても、まだしゃべる。すると後輩が突然叫んだ。
「お母さんは私をいらないって言うけど、先輩はそんなこと言わなかった!」
「先輩は、初めて私を認めてくれた!!すごいって言ってくれた!!」
「本当の妹より可愛いって言ってくれたのに、どうして私を置いて辞めちゃうんですか!」
「そのお腹の子がいなくなったら、会社辞めませんよね!?」
と、わんわん泣く後輩を呆然と見つめることしかできなかった。
警察沙汰にはしないが、二度と近づくなと念書と慰謝料で片をつけた。
彼女は精神科に通院することになって、その後はわからない。
仕事をもできて、優しくて明るくて、本当に可愛い後輩だと思っていたから、すごく落ち込んだ。
今はもう、彼女がどこで何をしているのかもわからないけれど、あの母親からは逃げて、幸せなことを願ってる。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

89

249: 名無しの心子知らず 2013/10/24(木) 21:33:44.33 ID:D0cLLmbC
つい2~3日前にあった出来事です
家のお風呂のタイルを貼りかえ中の為、すぐ近くにある銭湯へ
大きなお風呂でのんびりしようと楽しみにしていったのに・・・

私が入って少ししてから4~5歳の女の子を連れた女が入ってきて、私の隣を一つ空けて親子が着席
席に着くなり、娘が「ママーおしっこしたい」と言い出した
母がすかさず「ここでしちゃいな」と言い、娘が放尿開始
排水の溝がこちら側が下流になっているので、こちらに尿が流れてくる
なんなの?と思っていたら、今度は「ウンチも出る~」と言い出した!
さすがにトイレに連れて行くかと思ったけど、母が「あれだけ先にトイレ行っとけって言ったでしょ!早くしなさい!」と言ってその場で排便スタート
ちょっとありえないだろ、どうすんのと思っていたら娘が出したウンコをわし掴みして隅に置いてあるごみ箱へ捨てた!

気持ち悪すぎるから背を向けて対角線になる席に移動
ゆっくりしようと思っていたけど、不快すぎて早く出ようと思って、前屈みになってシャンプーをしていたら・・・
横から「オバサン、これ貸して?」と女の子が話し掛けてきた
は?なに?と思いつつ、その母親の方を見ると高級そうなシャンプーを持っていたのを確認したから「ママのがあるでしょ?」と言ったら、「ママー、オバサンが貸してくれないよー」と大声で叫んでいる
泡だらけの頭で呆然としていると、母親が「オバサンじゃなくてオネエサンって言わないから貸してくれないのよ、アハハ」と笑っている
「とにかくママのを使ってね」と答えてシャンプー続行

続きます

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

965

173: 名無しさん@おーぷん 2015/02/11(水)20:46:33 ID:wgp
あ、できた。
書くのヘタなのは勘弁。


東北を1人旅中、電車を待つため駅近くの個人の喫茶店へ。
看板に手書きで書いてある営業時間は
「18時30分ラストオーダー、19時クローズ」と書いてあり、
まだ17時50分ほどだしお茶飲んで暖まって行こうと入店。

まず入り口入ったところで女店長と25歳の私と同い年くらいの女性従業員2人が談笑してる。
従1「お客さんきたよ店長w」
従2「どこでもいいよね?お好きな所座ってくださーいw」位

この時点で(えっ?)と思ったけど、とりあえず10席ほどある中、ストーブに一番近い所に座った。
他のお客さんは奥の席にいる高校生カップルのみ。
ちょっとカップルの声が響くなあと思いつつ本を読み始めた。


それがいくら経ってもメニューが来ていない。
従業員を見たら…目が合ったのに来ない。
ていうか「誰もメニュー持っていってなーいw」
「もうすぐ閉店だしw」
「いいよいいよw」
とか聞こえる。
もう閉店?
お店の時計も私の時計もまだ18時になったばっかりですけど。

仕方ないのでこちらから「メニューください」と声かけたらしぶしぶきた。
(暖なんてとってないでこの時に店出ちゃえばよかったと思う)


すぐ目に入ったホットコーヒー頼んだらこれはすぐ来たので、(まあいいか)と本読み続行。
喉が渇いていたのもあって、すぐ飲んでしまい、次は紅茶を頼んだ。
それがまたいつまで経っても来ない。
やはり10分くらい待たされる。

キリのいい所まで本を読み進めて、トイレ借りようとしたら女性従業員の1人に
従「すみませんけど。もう清掃終わってるんで入らないでくれます?」
私「え?清掃中じゃなくて?」
従「終わってるから入らないんでほしいんです」
と言われ呆然。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

089

162: おさかなくわえた名無しさん 2009/01/09(金) 01:50:04 ID:u6d0U5j/
元彼の話なんだけど
ドライブしていたとき
無理矢理割り込んできた車に彼が激怒。

これは注意せんと気が済まんと言って聞かず
その車が目的地に着くまでずっと後ろからついていった。

そして運転してたお兄さんが出てきたところを一喝!
ワケも分からず( ゚д゚)ポカーンとするお兄さん。
それでも必死になって
「お前はあのとき割り込んできたせいでぶつかりそうになって・・・」
と執拗に攻め立てついには謝らせた。


車内に一人取り残された私も呆然。
次第にそのしつこさがもう恥ずかしくなった。
普通デート中にそんなことするか?雰囲気台無し。
一気に冷めた。
それ以来、一緒に歩くのが嫌になってどこか行くときは別行動でしたw

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

8958

972: 名無しさん@HOME 2013/05/12(日) 21:54:23.05 0
流れ切って。

妊娠中、職場の後輩に階段から突き落とされた。
幸いにして、お腹の子供は無事だったけど、私の頭にはなぜ!?という二文字しか浮かばずパニック。
後に、後輩と後輩の母親、私の夫、会社の上司を交えて話し合いを持ったときが修羅場。
なぜこんなことをしたのかとたずねても、後輩はだんまり。
代わりに母親がしゃべるしゃべる。
「私はこんな子いらなかったんです」「こうして私を困らせるのが好きなんですよ、この子は」
「上のお姉ちゃんたちは、いい子ばかりなのに…この子だけは生まれたときから躓いてばかりの人生だわ」
夫が顔をしかめてたしなめても、まだしゃべる。すると後輩が突然叫んだ。
「お母さんは私をいらないって言うけど、先輩はそんなこと言わなかった!」
「先輩は、初めて私を認めてくれた!!すごいって言ってくれた!!」
「本当の妹より可愛いって言ってくれたのに、どうして私を置いて辞めちゃうんですか!」
「そのお腹の子がいなくなったら、会社辞めませんよね!?」
と、わんわん泣く後輩を呆然と見つめることしかできなかった。
警察沙汰にはしないが、二度と近づくなと念書と慰謝料で片をつけた。
彼女は精神科に通院することになって、その後はわからない。
仕事をもできて、優しくて明るくて、本当に可愛い後輩だと思っていたから、すごく落ち込んだ。
今はもう、彼女がどこで何をしているのかもわからないけれど、あの母親からは逃げて、幸せなことを願ってる。

この記事の続きを読む >