鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:同棲

 (2コメント)

111

312: おさかなくわえた名無しさん 2019/03/19(火) 03:29:56.11 ID:evouipXP
ずっとROM専でしたが、当事者間では折り合いがつかない問題が起こりましたのでご相談させていただきます
(ところどころフェイクを入れさせていただきます)

僕と彼女は交際3年以上を超えており、現在は東京で同棲しております

彼女は同棲開始当初、東京の雰囲気が合わなかったようでことあるごとに東京から早く出たいと言っていました

そのため僕も東京で就職するのはやめ、できる限り地方に就職活動をしに行き、最終的に関西の会社から内定をいただきました

彼女は卒業年度が僕の一つ上なので元々すでに東京で就職していたのですが、これを機に京都の会社に転職してくれるかと思いきや、なんと彼女は転職はするが転職先は東京が良いと言うのです

なんでも、志望する業種がほほ東京にしか職場のない会社だからだそうです

だから彼女は関西(僕)と東京(彼女)の遠距離恋愛を希望するのですが、僕は納得できません

そう僕が言うと「たしかに昔は東京が嫌いだったけど、それは昔の話」と言って、取り合ってくれません

そろそろ結婚も考えていますし、彼女が関西でまた僕と同棲してくれれば家賃の負担も減り、より良い部屋に住めるのに、今更遠距離恋愛なんて、僕は意味がわかりません

それとも僕が間違っているのでしょうか

この記事の続きを読む >

 (10コメント)

4113

55: おさかなくわえた名無しさん 2018/03/24(土) 21:51:29.84 ID:2W4bcqa+0
いつか同棲しようって話をしたら「いくら出せばいい?」と言われてビックリした。
現在家には3万入れてるらしく、5万入れたら足りる?と聞かれて更にビックリ。
「全然足りないから!」と慌てて言ったら「家では3万で充分って言われたけど…」と払えオーラを出されて言葉を失った。
最終的に「いま毎月かかってる生活費の平均を出して。それで一緒に住んで足が出た分は払う形でもいい?」と妥協したみたいに言ってたけど明らかに妥協じゃない。
付き合った時は甘えたな感じが可愛くて仕方なかったけどこれじゃあただの馬鹿だ。

この記事の続きを読む >

 (17コメント)

8

9: おさかなくわえた名無しさん 2016/05/29(日)13:51:46 ID:WcS
嫌いな食べ物を遠慮なく出す彼女に冷めた。

自分はそこまで偏食という訳ではないが、どうしても無理という食べ物がある。(辛い物、チーズ、漬物、トマト)
残すのは好きじゃないから、それを避けた料理を選んだり、リクエストしたりしていた事によって、今まで困った事はなかった。
彼女も、外食時にそれを非難したことはなかったから安心していた。

けど、プチ同棲を始めた途端、彼女の料理に俺の嫌いな食べ物が含まれるようになった。
サラダにトマトが入ってる、みたいな副菜なら避ける事もできるが、トマトグラタンとかわさびの佃煮とか避けようがないものも遠慮なく出す。
漬物は手を付けず残すが、残した物は執念深く次の食事にそのまま出てくる。
お願いだから止めてくれと言ったら「アレルギーじゃないんだから配慮しない」「大人なんだから」「好きな物は外で食べれば?」…だと。

自分が好き嫌いないから、アレルギーでなくたって鳥肌が立つくらい嫌いなものがあるってことを分かってない。
俺が嫌いな物以外を作った時は飯ウマなのに……他人に好き嫌いをなくすように強要するのはモラハラじゃないか?
もう別れたい。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

2202

628: おさかなくわえた名無しさん 2017/07/18(火) 22:08:07.16 ID:N/td/T/Y0
同棲してる彼氏が、何日も夜中の3時頃にでて、四時くらいに帰ってくるのを繰り返してた
二週間くらいして、それが止んだから聞いてみたら
架空請求が番号通知してきたからイタ電し続けたーって、それで向こうが折れて泣いて謝ってきたーって満面の笑みだった

この記事の続きを読む >

 (9コメント)

4252d33a

491: おさかなくわえた名無しさん 2017/09/18(月) 13:14:19.89 ID:bOSb9by+0
2週間後に何か良いことが起きるよ!と彼氏に言われ、
えー楽しみだなぁ、何々?と聞いたら、
生きてる子犬を本気でプレゼントするつもりだった。
いや確かに二人とも犬好きだけども…
可愛いねーいつか飼いたいねって話したくらいで
本当に飼うことを検討した覚えはない
今私名義の部屋に彼氏が転がり込む形で同棲してて、
しかも部屋には昔から私が飼ってる別のペットがいる
それなのにその選択が躊躇いなく出来るところに、
致命的な価値観のズレを感じた

この記事の続きを読む >