鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:同居

 (1コメント)

25f62b68-s
382: おさかなくわえた名無しさん 2012/08/09(木) 06:38:52.81 O
この秋から同居する予定です 地元を離れ友達もいなく車がない私には買い物行くにも不便な場所 嫌すぎて離婚考えます

この記事の続きを読む >

 (9コメント)

263

788: おさかなくわえた名無しさん 2017/11/01(水) 23:30:25.28 ID:79p6Q9bw
数年前の話…
私27、元旦那42のちょっと離れた夫婦。元旦那低収入。それはいいんだ好きだったし。事情ありで別居していて、もう少しで同居する時の話
古くなった車の買い換えをしたいと言われ、色々試乗しに行ってたんです。
見積もりも出してもらって年収に見あった車に乗ろうねとお話し合いしてた。
ある日突然サプライズ…年収の2倍の車購入してました。
その場で冷めて役所までドライブ。相手は知らない。そのまま書かせ元が付きました

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

894

564: 名無しさん@おーぷん 2017/09/26(火)22:52:33 ID:ahA
ウトメにしてやられたので書き込ませて

半月くらい前に農家のウトメが新米をくれたのね。
その時はまだお米残ってたからお礼言ってお菓子渡して~だけだったんだけど
今日お米なくなったから米びつに移そうと思って開けたら
封筒が入ってた!
開けたら中身20万くらいの現金。
慌てて義実家に電話して「何かお間違えじゃないですか」って聞いたらトメさんが
「うちで同居してた時に毎月お金を入れてくれたでしょう。返すわ」って。
同居させて貰ってた頃、家賃や光熱費が浮いてるぶんと食費くらいは払わせて欲しいって
旦那と共に言ったんだけど、トメさんが受け取ってくれなかった。
「2人の貯蓄に回したらええやん。(私)ちゃんが家事してくれるで充分助かってるわ」って。
それが原因で喧嘩した事もあるくらい。
仕方ないからウトさんに
「ウトさんのお小遣いにしてトメさんに何かプレゼントでもあげて下さい」って理由こじつけて渡してたの、
最初からトメさんにも筒抜けだったって。
「驚いたー? アッハッハ! あんたらが経済的に困るような事があったら渡そうと思ってたけど
2人とも仕事上手く行ってるようやし、機会を待ってたら私らの寿命が尽きかねんでさっさと返すことにしたわ!
びっくり箱ならぬびっくり米や!」
めっちゃ笑ってた。
あと「私らはなんかあっても困らんだけの貯蓄あるから返そうなんて思わないように!」だって。

このお金、手をつけられない……。
週末にウトメが好きな鯛めし作りに行くわ。

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

666

302: 名無しさん@HOME 2007/08/14(火) 14:08:31 0
お盆参りで出かけた義実家で
ウトメが「同居しよう」と話を持ってきたので
即答で「ムリ。ありえません。」と拒否。

「嫁子はいらないから、息子タンだけでも戻ってきて!」
と泣きつかれ、一瞬「親孝行なボキタン(・∀・)」顔で私を見た夫へ
「どうぞ。止めませんよ。」と援護射撃(?)。
みるみるうちに(´・ω・`)となり、
「・・・・ムリ。・・・・アリエナイ。」と小声で拒否。

号泣するトメと、金魚のようにお口パクパクのウトを置いて
さっさと帰ってきました。
「妻より親が大事なら、いつでも離婚しますよ。
その覚悟はありますから、遠慮なさらないでね。」
と釘を刺しました。

これ、もう6年連続のお盆恒例アトラクション。
一応例年通りに収まったんだけど、いい加減面倒になってきたので
今年は緑の紙を用意するつもり。
察してちゃんズの相手するのもメンドクサ。
そんなにママパパが好きなら、結婚なんでしないで仲良く暮らせってんだ!

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

00021

335: 名無しさん@HOME 2013/02/19(火) 16:36:20.00 0
ウトが死んだ時、半絶縁状態のトメが私達夫婦に、一人暮らしは心細いので
同居して欲しいと言い出した。
以前揉めた時に、トメ自身が私に対して
「私にはコトメちゃんが居るんだから、あんたの世話にはならないわ!」
なんて強気の発言をしてたのに、どういう心境の変化だ?...と思ったら
コトメの結婚が決まり、飛行機の距離へ嫁ぐ事になったらしい。
(しかも計画的出来婚らしく、結婚しないという選択はない)
夫は淡々と、今までトメが私にした仕打ちを挙げて、同居が無理だと説明。
お袋の顔を見たく無い。今日だって、親父の一周忌だから来た。これからも
法事以外で来るつもりは無い。と、とても冷淡に突き放した。
トメはみるみる落ち込んで、涙目で私に「あなたからも頼んで頂戴」って
縋ってきたので、何か言わなきゃ何か言わなきゃ...と焦り、
「コトメさんの嫁ぎ先について行けば良いじゃないですか!」
と、自分でも思っていない言葉が飛び出した。
トメが一瞬固まったので、うわ~余計な事言ったかな?と後悔したが、すぐに
ピコーン!と電球が灯ったみたいに明るくなり、
「あなたに言われるまで思いつかなかった。」
と、手を握られた。
初めてトメに感謝され、今までの事もきっちり謝罪された。
コトメは青ざめていたけど、めでたしめでたし。
早速、北国への移住計画がスタートしたらしい。
まずはコトメの嫁ぎ先に居候して、出産~子育てのお手伝いをして、ウトの
三回忌が済んだら義実家を売って、完全に移住するんだって。
コトメはトメの過干渉から逃れられると喜んでいたので、「余計な事を...」
と恨まれているみたいだけど、なんか上手く納まった気がする。

この記事の続きを読む >