鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:同僚

 (0コメント)

001

962: おさかなくわえた名無しさん 2017/03/13(月)21:46:34 ID:W0X
人事異動で本社勤務が決まり挨拶してきた
とにかく自分は後輩・同期・先輩という〝同僚〟が死ぬほど苦手
思えば学生時代も後輩・同級生・先輩と、どこにいっても最終的に疎まれた記憶しかない
今日なんか挨拶しただけで、何があったわけでもなかったわけでもないのに、辛くて苦しくて鬱
お客様対応も得意な方だし、店舗スタッフとの関係も良好に保てるし、現場ではストレスが何もない
多分立場が違うから、これ以上は立ち入らないという適度な距離感に安心できるんだと思う
「同僚」の本来あるべき距離感は、自分には近すぎてストレスにしかならない
その距離で接しないと課内で浮くこともわかってるから余計に辛い
年次も無駄に上がってきて、管理職見据えてやらなきゃいけない立場なのに
なぜか便所飯の気分で同僚と笑いながら話してる
つらい
つらい
くるしい
適度な気遣いと笑顔と日常会話で当たり障りない関係を保つっていう、現場とまったく同じ行為をするだけなのだから
この鉛のように重たくて己の内から湧き上がるストレスを本当に本当にどうにかしたい

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

new_b57d71a1

450: おさかなくわえた名無しさん 2015/05/14(木)20:57:13 ID:i79
旦那の職場の同僚兼友人から聞いたんだけど、旦那が週一で夜の店いってるみたい
しかも同じ女の子だって。
違う女の子ならまだいいよ
でも同じ子とそのペースってさ、、
もうほぼ浮気じゃないの?
冷めたわ

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

25

113: おさかなくわえた名無しさん 2008/01/06(日) 23:40:42 ID:P1p9T8WW
ちょっといいなと思ってた男性がいた。

ある日送別会があって、その男性も私も辞める人とは
親しかったので何かプレゼントを渡そうとしてた。
で、当日、その男性が持ってきたのは漬物。
なすびときゅうりと何か、をギフト包装でもなく
そのお店の紙袋に普通に詰めて。

もっと驚いたのは、同僚男性を呼び出して、折半して買ってきたとのこと。
せこさにも驚いたがなんで漬物…
貰った子(女性)もびっくりしていて、引いていた。
その男性はお金が無いんじゃなくて、兄弟が銀行勤めということで
これいいからやれ!とか言われて色々貯金はあるらしい。
というかなんで漬物…と思って冷めた。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

ダウンロード (2)

663: おさかなくわえた名無しさん 2015/12/07(月)16:45:22 ID:xSt
今も続いてる衝撃的な話
何年か前、仕事のトラブルで夫が同僚をうちに連れて来たことがあった
夜遅くまで仕事をしていたので、夜食に「もしよかったら…」とその日の夕食の里芋のにっころがしを二人に出した
かなり疲れ果てている様子の同僚さん。「頂きます…」と里芋を口に入れた瞬間、「ん゙ん゙ん゙ん゙ん゙!?!?」(本当にこんな感じだった)と唸った
同僚「なんですかこれ?めっちゃおいしい!おいしい!こんなの初めて!」
私と夫ポカーン。そうこうしてるうちにあっという間に一皿食べてしまった同僚さんは「この世にこんなおいしい食べ物があったなんて」と恍惚とした顔をしていた
私が和食のプロとかならわかるけど、その時出した煮っ転がしはめんつゆを使った超手抜きで、10人中9.99人が「普通」と言うような普通の煮物
「レシピを教えて!」と食い下がられたので、めんつゆのパッケージに書いてあると教えると大喜びで帰って行った
そのことがきっかけで同僚さんの奥さんと連絡先を交換したんだけど、どうやら同僚さんにとってめんつゆ煮っ転がしは運命の相手だったらしい
家から自宅へと帰り、早速奥さんに作ってもらったところやっぱり美味しい!なにこれ!?と大ショックを受けていたとのこと
(奥さんも同僚母親も料理人で、めんつゆ料理が出てきたことが無かったらしい)
「めんつゆの料理教えてください!」とプロの料理人に言われてすごく焦った
この一件で同僚奥さんとものすごく仲良くなり、その流れで私の弟と同僚奥さんの妹にこの度結婚が決まった
「めんつゆがキューピッドw」って皆で笑ってる

この記事の続きを読む >

 (11コメント)

2012-08-31-173513

29: おさかなくわえた名無しさん 2015/11/25(水)12:37:40 ID:K6E
友人が務めてる会社の同僚Aが正にスレタイ。
この同僚A、ある日「母が入院したので見舞いにいく」と言って会社を休んだそうだ。
だが問題が起こってAに電話したところ、なんやかやあって、見舞いに行ったのではないことが判明。
ここで「実は自分の皮膚科に」と言い出すも、怪しんだ上司から診断書を持ってくるよう言われると、
なんと「趣味のイベントに行っていた」ことが更に判明する。
嘘をつかれただけでも上司は怒り心頭だったのだが、Aはここで「友達を待たせてるんで」と電話をぶち切り。
そもそも仕事ができずミス続きのAを「自分がどうにか育て上げる」と庇っていた上司の堪忍袋の尾も切れる。

……ということがあったと聞かされて目玉がどっか飛んでってスレタイ。