鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:口癖

 (0コメント)

56

370: おさかなくわえた名無しさん 2017/05/15(月)13:59:54 ID:fCw
「最悪や」が口癖の彼に冷めた
些細すぎるかもしれないけど本人は多分「マジか」と同じ感覚で使ってる
彼友「頼まれてたジュース売り切れだったから似たやつ買ってきたよー」→彼「最悪や、ありがとう」
彼友「数年片思いしてた子とやっと好きなこと付き合えてさー」→彼「最悪やんよかったな」
私「いつもの道通行止で10分くらい遅れる、ごめんね」→彼「最悪や、良いよ」
私「いつも売り切れのケーキが運よく買えたから一緒に食べよ」→彼「最悪やな。食べる食べるー」
みたいな感じで何にでも「最悪」って付くからモヤモヤするんだけど
ある日、彼母さん今日誕生日だったよね、っていう話になった時に「あっ、本当だ。おめでとうって言わなきゃな最悪や」って言ってたのを聞いてこりゃもうダメだってなってしまった

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

ダウンロード (94)

686: おさかなくわえた名無しさん 2017/04/10(月)12:15:15 ID:Mwg
愚痴。
私の流産をきっかけに夫の口癖が「母に申し訳ない」になった。
母とは夫の実母、つまり私にとっての姑。
流産した時、夫が涙を流しながら真っ先に言ったのが「母に申し訳ない」の一言。
その時を境に夫は私の夫<<<<姑の息子になった。
流産した私には見向きもせず、姑に「孫の顔を見せてやれなくてごめん」って謝ってた。
私を責めるような言葉は言わないけど、
ずっと「母に申し訳ない」「母に孫を見せてやれなかった」連呼。
その後は求められたけど女の子の日だったから断ったら「母に申し訳ない」
私が4月から昇給したら「母に申し訳ない」←意味不明。
昨日は桜の開花が遅れてることに対し
「花見に早くつれていってあげられなくて母に申し訳ない」ってうなだれてた。
愛情が底を尽きかけている。
今夜話し合うつもりで
「しばらく子供を作る気はない」と言う予定でもあるけど
絶対「母に申し訳ない」って言われるだろうなー。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

1d2e2601

678: おさかなくわえた名無しさん 2018/07/03(火) 22:09:20.41 ID:TGd3Mg/20
ブスだから口癖の彼女にイラっとくる
ネガテイブな「ほら私ブスだから、、」て感じではなくてすごい努力家なんだけど、それを褒めると「ブスだからこんくらいはしなきゃ」みたいな感じ

「肌綺麗だね」→「ブスだから肌くらいは綺麗にしなきゃと思って!」
「○○が足細いって褒めてたよ」→「ブスからデブスにならないよう頑張ってるんだー」とか

そんなことないよ、可愛いよって言うけど褒める度にこれだから疲れる

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

00002

683: おさかなくわえた名無しさん 2016/01/05(火)07:19:41 ID:oYY
昔付き合ってた人の口癖が「一口ちょうだい」だった。
外食だろうが、お菓子だろうが、カップラーメンだろうが
私が食べているものを味見しないと気が済まない。
しかも一口が大きくて、半分以上食べられることもあった。(もちろん謝らない)

ある日、ラーメン屋さんで別々のラーメンを注文。
私は辛党なので、ラーメン来てすぐに唐辛子をかけた。
そしたら彼に「唐辛子かけたら俺が食えないだろ!辛いの苦手なのに!」ってキレられた。
自分が食べること前提?もちろん奢ってもらうわけでもない。
食事のたびにクレクレ言われて、うんざりしてたので、その後すぐに別れた。
別に潔癖じゃないけど、人が食べているものに毎回箸をつけられると結構ウザイな~って思った。

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

525

227: おさかなくわえた名無しさん 2018/03/08(木) 18:05:27.10 ID:zxjIVHDn
理不尽冷めかもしれない

数年前に内科の医師と付き合ってたんだけど、「大丈夫?」が口癖の人だった
待ち合わせ場所で会うと開口一番「大丈夫?(たぶんお疲れ様、仕事で疲れてない?の意)」、メールでも「大丈夫?(何がなのか不明)」の嵐

始めの頃はこちらの体調等を気遣ってのことだと思って、感謝しつつ普通に答えてたんだけど、
大丈夫と伝え続けても毎日こうだから、こちらを心配してるのでなく単に会話の出だしを大丈夫で片付けてるだけなのだと悟った

あまりにも毎回で、なんだかほんとに自分が大丈夫でないような気がしてきてしまい(頭とか体調とかw)、そのうち会うのも話すのも苦痛になってしまった
というか同じことを何度も言ったり言われたりがどうも好きじゃなくて、イライラしてきてしまい…

何回言っても伝わらなかったなぁ…

この記事の続きを読む >