鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:友達

 (7コメント)

100

421: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)22:46:58 ID:q06
コンビニでバイトしてた時、よく来る若い美人な女性のお客さんがいて、いつも会計後に「ありがとうございます」とニコッとしながら言ってくれていた
その店に来るお客さんで若い人は基本的にイヤホン付けっ放しで何か聞いても返事無し、終始無言を貫く人が殆どだったから初めて言われた時は少し驚いた
ある日、その美人なお客さんが来て、いつもの様に「ありがとうございます」とニコッとしながら言ってくれた
一緒に入っていた先輩バイト(女)に「あのお客さんいつもお礼言ってくれますね、美人だしいい人だなぁ」と何気無く言ったら
「私あの女大っ嫌い。礼儀正しいアタシwwて酔いしれんのが見え見えでキモい。計算高くて性格悪いの丸分かりだし」と心底馬鹿にした感じで言い返された
そのあまりにも嫌悪むき出しな顔にちょっと引いていたら
これまたよく来るピザで前髪が異様に長くて顔がほぼ見えないお世辞にも可愛いとは言えないクレーマーな女性のお客さんが来た
いつものように「入り口から1番手前にお菓子コーナーを移動させろって何回言ったら分かるの?使えない馬鹿店員が」と悪態を吐いて帰って行った
すると先輩バイトが「ああいう人が、本当は凄く心が綺麗な優しい人なんだよ。友達になるなら絶対さっきみたいな人が良いね」と笑顔で言い出してスレタイ

この記事の続きを読む >

 (10コメント)

ダウンロード (4)

138: 名無しさん@おーぷん 2017/04/06(木)19:19:59 ID:Xl4
友達にいい歳なんだから結婚しろと6つ年下を紹介されたけど酷かったので愚痴
シジミ目で肌も汚い
年上好きですーって甘えてこられたのも無理
似合わねーんだよまず鏡見ろと
挙句に年収いくらですかぁ?とか初対面だぞ!?
その職だったらうちの県の高級住宅地出して住めますねv夢なんですよぉ~とかうざい
お前がオサレな住宅地とか顔面からして釣り合ってねーんだよ鏡見ろと
仮に結婚したとして家帰ってあのシジミ目ボコボコのニキビ面見ると思うと吐き気がするわ

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

BMW-M4-front_3021223b
804: 名無しさん@おーぷん 2015/05/07(木)15:01:46 ID:JnI
私はまだ学生だったが、一足先に社会人になった友人が、
営業になってノルマがきつかったとは思うんだが、名義貸しを頼まれたんだわ。
なんでも、友人が自分で使うために買いたいのだが、
自分で買うとノルマの足しにならないので、名義を貸して欲しい、費用は友人が支払うと。

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

98

502: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)10:57:33 ID:Z5nbXFMby
元彼との冷め話。
私には10年くらいの付き合いになる友達グループがいて、今でも月1くらいで集まって遊んでいる。
そのことは彼氏には話していたんだけれど、ある日「お前の友達に会ってみたい。次に集まる時に俺も行っていいか」と言われた。
内輪の集まりだからどうかなとは思ったけど、友人達はノリノリでOKとのこと。
結婚話も出ていた彼だったので、今後も長い付き合いをしていくだろう友達とは顔合わせしてもらってもいいかと思い、一緒に行くことにした。

当日は終始ニコニコとして友人達と楽しそうに会話している彼を見て、ほっとした。
…のだけれど、帰り道。
「ああいうニート達とはもう付き合わないでね?」
と笑顔で言われ愕然。

誤解のないように言っておくけど、みんな働いてる。正社員で。
何か勘違いしてるのかな?と思って説明したけど、彼の返答は
「労働時間からして俺にとってはニートと同じ」ということだった。

確かに彼の会社は激務で、終電帰りや休日出勤もしばしば。
だから私も仕事帰りに彼宅に寄って掃除や料理などしてきた。
でも友人達もサビ残だのパワハラだの色々と苦労しながら仕事しているわけで、仕事量に差はあっても、ニート扱いしていいものじゃない。
それを理解せずに「俺は激務!高給取り!他の奴らより偉い!」を主張する彼に一気に冷めた。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

shutterstock_116386780
82: おさかなくわえた名無しさん 2012/12/05(水) 10:16:49.18 ID:puJNg0g+
旦那のDVが酷くて辛い、別れたいけど逃げられないと 
大学時代の友人Aに助けを求められた。 
人生やり直ししたいと、顔に殴られた跡つけて泣く姿を見て、 
私や友人が手を貸してAを安全なところに匿った。 
離婚するってAも言っていたので、それに向けて手助けしたりしてた。 

この記事の続きを読む >