鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:危篤

 (0コメント)

Fotolia_45201623_S
13: おさかなくわえた名無しさん 2017/06/05(月)12:32:57 ID:4Xz
割り込みすみません。

近しい親族が現在危篤で近日中に親族が集まる可能性が高まりました。
父方なのですが、当方家族と両親は共に新幹線の距離と離れて住んでいます。

父方の現在の住まいは修羅の国で、帰省すると嫁(母)をこき遣う等考え方が全く合わず、かなり昔から父方親族はほぼ没交渉でした。
唯一好きで連絡取っていたのが危篤になっている親族です。
今回30年振りに会う親族等も居て、長男の嫁に当たる母が何かしら口攻撃を受けたり、おさんどんでこき遣われそうな事が容易に予想されます。
あと相続等でもゴチャゴチャしそうなのが予測されるので、私としては遠方で全然手助けできなかった父には相続放棄してもらうのが一番だと考えています。

私としては矢面に立たされそうな母を助けたいと思っていますが、どこまで盾になってあげられるのか心配です。
母にも多少覚悟はした方が良い等、アドバイスした方が良いでしょうか?

この記事の続きを読む >

 (9コメント)

ダウンロード (28)

927: おさかなくわえた名無しさん 2006/10/20(金) 16:33:03 ID:TkX4QDms
彼氏からおじいちゃんが亡くなりそうだと電話で言われて、
「でも80まで生きたら大往生じゃない!」と励ましてしまった私の身にもなって下さい

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

16

169: おさかなくわえた名無しさん 2006/12/27(水) 10:28:53 ID:p3AMt8tf
デートの約束をしていた彼。

親類が危篤という知らせが入り急遽病院へ向かう事になった。
「こういう事情で会えなくなった。」といった時に、
「俺とだって今日会えなければ俺が事故で死んでもう会えなくなるかもしれない。」
と、俺とのデートを優先しろと言われた。

本当に死んでくれ、と一瞬ではあるが心の中で思った。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

ダウンロード (12)

504: おさかなくわえた名無しさん 2007/06/14(木) 23:26:06 ID:lXPMm4VE
冷めたと言うより、ドン引きした話。

彼女とデート中に俺の携帯に着信。
出ると親からで、祖父が危篤状態に陥ったと連絡が。
しかし、実家は遠方のためどんなに急いでも間に合いそうにない状態。
でも、出来るだけ急いで実家に行くと返答。

彼女に事情を話す。
しかし、1時間以上解放してくれなかった。
「どうせ間に合わないんでしょ?だったらもう少しぐらい一緒にいてくれても
 いいじゃん。」

自分の理解の範疇を超えていた。

この記事の続きを読む >

 (56コメント)

12

191: おさかなくわえた名無しさん 2016/02/28(日)12:36:45 ID:DoU
これも一応スレタイってことになるのかな。
ちょっと長いけど。

同市内で一人暮らししてる実父が足を悪くしてから
父の普通預金の通帳とキャッシュカードを私が預かっていた。
それで振込みとか代わりにやって、生活費なんかも私が引き出して父に渡してた。
週1で頼まれたものを買い物して持っていったり。
今は家の中のことなら自分でなんとかできるし、できるだけやりたいと言ってた。
家族は私しかいないから、遠慮しなくていいのに
それだけのことを娘がするのも気を遣うような父だった。
自分で自分の身の周りのことも出来なくなったら介護型老人ホームに行くって言ってたけど
足が悪い以外は健康な人だったから、それはまだまだ先のことだと思ってた。
なのに昨年、突然近所のおばちゃんから電話があって
父が庭で倒れてて、救急車で運ばれたって。
その後意識が戻らないまま一週間ほど続き、
月曜日の朝で、旦那も私も出勤前、娘も登校前という早朝に病院から危篤との知らせ。
急いで病院に駆け付ける途中、旦那がコンビニに車を入れた。
そして「お義父さんの金、おろせるだけおろせ」と言った。
「今はそんな場合じゃない!早く車を出して!」と言ったら
「口座が凍結される前におろせるだけおろせ!」って。
私も娘もそんな旦那を怒鳴りつけて車を出させた。
タッチの差で息を引き取った後だった。
その後は何が何だか分からないうちに時間が過ぎて、
もうすぐ四十九日って頃にふいにその事を思い出した。
思い出したらもう腹が立って腹が立って仕方がなかった。
その怒りを旦那に向けずにいられなかった。
そしたら旦那の言い分は
「口座が凍結されたらそこから相続対象になるから
節税の為にも少しでもおろしておいた方がいいと思った」って言うんだ。
それを聞いて旦那への失望が半端なかった。
旦那が言ってる事の意味は分かる。
でもそれって“あの時”じゃない。
旦那があんなことを言い出さなきゃ死に目に会えたかも知れない。
第一コンビニでおろせるお金なんて、せいぜい50万。
その50万でもしかしたら大きく相続税が変わる境目になったかも知れない。
だけど、あの時にそんなことを考えていたのかこの人は。
まだ死ぬかどうかも分からないのに。
同じことを娘は父が死んだあとからずっと考えていたらしい。
娘は父ととても仲が良かったから、父が死んでから旦那とほとんど会話しなくなった。
旦那もあとになって自分の行動や発言がまずかったと相当反省しているらしく
何度も何度も謝ってきたけど、
旦那に対して以前のような愛情や尊敬が無くなってしまった。

この記事の続きを読む >