鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:危機感

 (7コメント)

0525

177: おさかなくわえた名無しさん 2018/07/11(水) 22:29:44.91 ID:fys7Y+Mr0
昨日深夜にイタ電にあった
非通知で延々と鳴り続けるからもしかしたら親が設定おかしくしちゃって非通知になってるだけで、もしかしたら実家で何かあったのかもしれないと思って出たら、ただの変態からの電話だった
1回出てしまったせいかそのあと非通知を着信拒否する設定を思い出すまでの間、延々と携帯が鳴り続けて本当に怖かった
独り暮らしだし怖くて部屋中の戸締まりを確認したりして昨夜はほとんど眠れなかった
今日彼氏に慰めてほしくて経緯を話していたら「俺なら非通知には出ないけどね」「出ちゃったからずっとかかってきたんでしょ」「実家の親だったらまずLINEかなんかしてくるでしょ」と、今思えばそうなんだけどね、ということしか言ってくれない
本当に危機感を感じてるなら引っ越しを考えるはずだとか言い出すし、なんというか寄り添ってくれない感じに本当にがっかりした
まずは「怖かったね」の一言だけでいいから言って欲しかった

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

6990

674: おさかなくわえた名無しさん 2018/02/03(土)17:11:47 ID:eCU
夫が何故だか追い詰められないと本気を出せないタチらしい。
例えば、夫は去年までは乱れた食生活を送っていてブクブク太っていった。
去年7月の時点で178cm95kg。本人が「これ以上はヤバい」と危機感を抱いたらしく、そこから徹底的な食事管理とトレーニングを始めてわずか7ヵ月で現在の68kgまで絞った。
というくだりが、なんと2回目らしい…。私と出会った頃はちょうど今の体型だったんだけど、その前は同じように太ってて危機感を感じて一気に痩せたとか。
また別の例では、夫の部屋は雑誌や荷物がそこら中に散乱してて、六畳部屋なのに空いてるスペースは一畳程度の酷いゴミルームだった。
これまた「これ以上はヤバい」と感じたらしく、たった数日で断捨離と掃除を敢行してスッキリした綺麗な部屋になった。
夫に聞けば「昔からこういうタチなんだ」と。
夫曰く、昔からテスト勉強や受験勉強はギリギリまで「まだ時間はあるし大丈夫」と自分を甘やかす。
で、「これ以上はサボッたら間に合わなくなる」と危機感を抱いたら自分でも信じられない集中力を発揮して、結果的になんとか間に合うらしい。
とある仕事では締め切りへの危機感を感じて5日間ぶっ通しで徹夜したこともあるとか。
通常状態なら2日くらいで「もう限界だから寝よう」となるけど、危機感モードでは「少しでもサボッたら間に合わなくなる」と通常では考えられない精神力になるらしい。

確かに私の目からダイエットの様子を見ててもすごかった。
食事管理もトレーニングも徹夜しすぎてた。
でも「そんなに徹底できるなら普段からやりなよ」と言ったら「スイッチが入らないと出来ない」と。
夫曰く「今までテストも受験も仕事もなんだかんだで間に合ってきた」らしいけど、普段からその集中力を発揮してればもっと凄い人間になってたんじゃないかなぁ…と思う。
なんかもったいない人。

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

519

150: おさかなくわえた名無しさん 2017/01/15(日) 02:33:11.55 ID:w/TeXKBo0
引くって程ではないような気がするけど、彼女の危機感の無さにモヤモヤする
飲み会で周り全員が寝てしまった後に同級生に襲われ掛けたり、男の先輩と2人きりで夕飯に行った帰り道に抱き着かれたりしてるのに
「自分は可愛くないし、狙ってくる男なんていない」
「あの人はそういうことをするような人じゃないから心配しないで」
「私は(俺)しか興味無いよ?」
と言って流される
「君の気持ちが他に移ることを心配しているわけじゃない」
「君の意思に関係なく男が無理矢理迫ってくることが心配なんだ」
と言ってもあまり伝わっていないようで……どうすれば分かってくれるんだろう

この記事の続きを読む >

 (6コメント)

066

878: 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)12:07:20 ID:27w
吐きだし。

15年ぐらい前に元夫がBUMP OF CHICKENの「天体観測」にハマって
どう感化されたのか突然天体望遠鏡を買い込んできて天体観測にハマってしまった。
いい歌だとは思うし私も好きな歌だけど、だからって・・・。
首都圏暮らしだから星がよく見えなくて残業拒否して遠方に出掛けるようになって
ナントカ流星群が見れると言っては有休とって出掛けていって
月食だなんだって、もう有休なんて無くなって欠勤扱いになってまで
何泊もして出掛けるようになった。
独身じゃないんだから加減を知れって何度言ってもロマンだと言って聞いてくれず
一時はリストラされかけたことも。
5、6年そんなことが続いたが、天体観測仲間との間でトラブルがあって
(どんなトラブルだったかは分からないが深刻そうだった)
それ以来憑き物が落ちたように興味を失くしたが、
気が付けば同期の中でぶっちぎりで後れを取ってて、ひとりだけ何の役職もない平社員。
そして妻である私はチームリーダーになっていた。
(元夫と私は同じ会社の別支部です)
それでもまだ危機感が無い。
あまり叱咤すれば拗ねる性格なので、ほどほどに尻を叩いてたんだが
義父母からは夫より出世するなんて空気が読めない嫁だと言われ
義母には仕事やめて専業で夫を支えよとまで言われたけど
そうすると将来的にお義母さまの老後の面倒を見る余裕は無くなりますが?と言ったら黙った。
幸い子供がいなかったので、騙し騙し夫婦やってきたって感じ。
実際忙しかったので離婚のなんのって話をするヒマが無かったってのもある。
でも今思えば本当に馬鹿だったと思う。夫婦になった以上、できることなら添い遂げたいとも思ってた。
仕事や趣味に対する考え方が違う時点で本当はもう無理だったんだ。

一昨年、夫の3年も後から入った後輩が夫の上司になってから荒れに荒れて
その姿をみっともないと感じてしまった。
夫が流星群だなんだって会社休んで趣味に没頭していた間、その後輩は努力してたんだろうが。
役職や出世に興味はない。そんなものより人生を楽しみたいってのが夫の口癖だった。
その結果がこうだったってだけだろうが。
私ももう彼のことを夫とは見れなくなり本気で軽蔑する前にと思って離婚を切り出した。
子供みたいに口を尖らせて拗ねて拗ねて、でも判子は押してくれた。
離婚届けを出したら速攻で会社を辞めて彼は実家暮らしを始めたようだ。
離婚後、同僚たちから「(離婚するの)おせーよ」と言われまくった私。

結婚や離婚を安易に考えるのもダメなんだろうけど
早い段階で現実を把握して次に踏み出す勇気も必要だったんだろうなと今は思う。

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

066

878: 名無しさん@おーぷん 2016/07/28(木)12:07:20 ID:27w
吐きだし。

15年ぐらい前に元夫がBUMP OF CHICKENの「天体観測」にハマって
どう感化されたのか突然天体望遠鏡を買い込んできて天体観測にハマってしまった。
いい歌だとは思うし私も好きな歌だけど、だからって・・・。
首都圏暮らしだから星がよく見えなくて残業拒否して遠方に出掛けるようになって
ナントカ流星群が見れると言っては有休とって出掛けていって
月食だなんだって、もう有休なんて無くなって欠勤扱いになってまで
何泊もして出掛けるようになった。
独身じゃないんだから加減を知れって何度言ってもロマンだと言って聞いてくれず
一時はリストラされかけたことも。
5、6年そんなことが続いたが、天体観測仲間との間でトラブルがあって
(どんなトラブルだったかは分からないが深刻そうだった)
それ以来憑き物が落ちたように興味を失くしたが、
気が付けば同期の中でぶっちぎりで後れを取ってて、ひとりだけ何の役職もない平社員。
そして妻である私はチームリーダーになっていた。
(元夫と私は同じ会社の別支部です)
それでもまだ危機感が無い。
あまり叱咤すれば拗ねる性格なので、ほどほどに尻を叩いてたんだが
義父母からは夫より出世するなんて空気が読めない嫁だと言われ
義母には仕事やめて専業で夫を支えよとまで言われたけど
そうすると将来的にお義母さまの老後の面倒を見る余裕は無くなりますが?と言ったら黙った。
幸い子供がいなかったので、騙し騙し夫婦やってきたって感じ。
実際忙しかったので離婚のなんのって話をするヒマが無かったってのもある。
でも今思えば本当に馬鹿だったと思う。夫婦になった以上、できることなら添い遂げたいとも思ってた。
仕事や趣味に対する考え方が違う時点で本当はもう無理だったんだ。

一昨年、夫の3年も後から入った後輩が夫の上司になってから荒れに荒れて
その姿をみっともないと感じてしまった。
夫が流星群だなんだって会社休んで趣味に没頭していた間、その後輩は努力してたんだろうが。
役職や出世に興味はない。そんなものより人生を楽しみたいってのが夫の口癖だった。
その結果がこうだったってだけだろうが。
私ももう彼のことを夫とは見れなくなり本気で軽蔑する前にと思って離婚を切り出した。
子供みたいに口を尖らせて拗ねて拗ねて、でも判子は押してくれた。
離婚届けを出したら速攻で会社を辞めて彼は実家暮らしを始めたようだ。
離婚後、同僚たちから「(離婚するの)おせーよ」と言われまくった私。

結婚や離婚を安易に考えるのもダメなんだろうけど
早い段階で現実を把握して次に踏み出す勇気も必要だったんだろうなと今は思う。

この記事の続きを読む >