鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:卒業

 (2コメント)

661

912: おさかなくわえた名無しさん 2006/03/31(金) 10:28:35 ID:MhYTg4eC
二歳年下の彼氏と彼氏の友人と三人で話していたら卒業の話題になった。
そしたら急に彼氏がキレだし「お前みたいな常識ない奴(理由は世界各国の
首都名が答えられないかららしい)が先に卒業なんてふざけるな!」と殴られた。
年下というのを気にしていたのは分かるが急にボコボコにされ呆然。
しかも友人の目の前で。腕は青痣だらけだし腹が立って一発ビンタして帰った。
そしたら急に懐かれたけど冷めたので別れたよ、暴力は許せん。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

ダウンロード

269: おさかなくわえた名無しさん 2006/06/17(土) 01:21:25 ID:OxPIUk+N
私と彼は大学で知り合った。彼はその大学(A大学とします)がどうしても
肌に合わないと言ってすぐ辞め、1年後再受験して受かった国立大学も
つまらないと言ってやめた。A大学がよっぽど嫌いだったらしく、ことある毎に
「なんで面白くてあんな大学通ってるの?金の無駄じゃん」
「お前も早く辞めてよ。お前がA大学の卒業生になるなんて嫌だ」
というような内容のメールを送ってくる。私は、
「大卒もほしいし、中退したら絶対後悔する」
「うちの大学が嫌いだっていうのもわかるけど、良い先生も多いし授業楽しいよ」
ということを毎回言っているのだが、全く話が通じない。
しまいには私に「社会の奴隷に成り下がれ」と捨て台詞を吐いて、狂言自殺を図ること2回。
こんなのが1年くらい続いてる。別れたいと何度も言ったけれど、そう言うと逆に
大人しくなって擦り寄ってくる。

…自分で書いてて、なんちゅーくだらんことを1年もやってるんだ、と思った…。
もう本当に疲れた。別れさせてほしい。お互いストレスたまりまくってるはずなのに。
大体お前はA大学で何も学んでないだろうが!!どうしてダメな大学と決め付けたり
辞めろと指図することができるんだ!? 
私自身は学歴厨ではないと思いますが、あまりにも学歴に対する価値観が違うと大変です。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

ダウンロード (52)

418: おさかなくわえた名無しさん 2007/03/03(土) 21:19:20 ID:VGwbXFCF
10年も前の話です。
高校卒業してすぐに、付き合っていた彼氏(9歳上)と同棲を始めました。
同棲初日、彼の部屋には着替えと化粧品だけ持って行ったのですが、
その小さな荷物すら置けない程、物に溢れたキタナ~イ部屋でビックリ。
彼が仕事に行っている間に軽く掃除をしご飯を作り、
コタツの上に並べて待っていました。
帰ってきた彼は、嬉しそうにコタツに座り、テレビをつけようとしました。

が!リモコンが無い!どこにも無い!
私は何もいじっていないのに、「勝手にどっかへやるなよ!」と怒鳴りながら
ご飯そっちのけで部屋中を探しまわる彼・・。
ベッドマットまでひっくり返して半狂乱。埃舞いまくり!
「リモコン~ どこだよおぉ~」と情けない声を出しながら探す事1時間。
リモコンは・・・何とタンスの中に入っていました。

1時間冷めた目でずーっと一部始終を見ていた私。
「埃まみれでご飯ももう食べられないし、とりあえず実家に帰るわ」
と言って車で送ってもらいました(片道2時間)。

9つも上で「大人の人」と思っていた彼の真実を知って、心底ゲンナリ。
必死に謝ってきたけれど、そのまま別れました。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

352

702: おさかなくわえた名無しさん 2017/01/05(木) 11:20:04.61 ID:dDmgMz9P
自分が高3の時、
割と有名や個別塾に通っていて、
そこで、講師の先生(大3年)と付き合っていた。

今思い出すと死にたくなるけど、
当時はわたしのテンションやらなにやらが全て狂っていて、
受験も恋も頑張るわたし的なばかだった。

結局受験では、第二志望にうかって
さて塾を卒業し、大学に入った途端
彼氏である講師が少しずつ冷たくなった。

でも、めげなかった私はその塾にバイトで入り、1年間同じ職場で働いた。

そこの塾では清掃を講師が2人くらいでやるんだけど、たまたま彼氏と一緒になった時は、清掃を早く終わらせてめちゃめちゃいちゃついてた。

清掃する階はは2階で他の講師がいたのは1階だから、声出さなきゃ大丈夫とかそういうやつ、、。


続きます

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

ダウンロード
725: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/22(水) 20:42:24.29 ID:Wav5l7Bi
高校の同級生にすごく太ってる女子がいた。 
誰もそのことをからかったりしなかったが、本人が自分から「デブで~す!」とか「ブー子って呼んで」とか 
足踏みして「地鳴りが~!地割れが~!逃~げ~て~!」とか、いつもはしゃいで言ってた。 
うるさいくらいにメチャクチャ明るい子だった。 

この記事の続きを読む >