鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:医者

 (0コメント)

bfd12074012fa5b2c8d2402ba58c868e_m
704: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/09/01(日) 19:10:36.38
数年前の話だけど、田舎から上京して生活が一気に変わったせいか、不安で眠れない日々が続いて辛かった
そこで勇気を出して心療内科の門を叩いた
初診で医師と今後の方針を相談した結果、しばらくの間、週に一度カウンセリング+診察に通い、投薬治療を受けることになった
最初に処方されたのは抗不安薬と睡眠導入剤、どちらも効果は高いが副作用は少ないと言われているもの
実際にそれらを飲む事で日々の不安や不眠が軽減されてありがたかった 

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

2c9a6173af9a0e0ed08c980856b80e94
284: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/05/10(日) 21:14:47
やべーよどうしよう2ちゃんなんかやってる場合じゃねーけど医者に今は落ち着いて下さいって
言われてパソコンでもって座らされて何も出来ねーよ。
嫁が予定日より相当早く陣痛来て運び込まれたんだけど、途中からなんか向こうがばたばたし始めて
血液血液とか医者が叫び出して、なんか胎盤はくり? だとかで俺に書類渡して、母体と胎児どちらを
優先しますかとか言われた。南田よそれ嫁死ぬの?子供も?え?したらなんかくっついて来たうちの
親が子供に決まってる子供助けて嫁なんて新しいのもらえばいいなんてぶっこいて勝手に書類にサイン
しようとしやがったから思わずぶん殴っちまった。母体優先でお願いします妻を助けて下さいって言ったら
医者は分かりました落ち着いて下さいって言ってくれたのにうちのババアがまた子供子供ってわめくから
往復ビンタかましちまった。ぎゃんぎゃn言ってるけどもうあのババアはシラネ、元々俺らの面倒見るより
男と遊ぶ方が楽しい母親だったしそれが原因で離婚してるし。それが今になって孫欲しいって要はペット欲しい
のと一緒だろうが。ふざけんな俺の嫁は世界一なんだよ。こんな俺でも大好きだって言ってくれる優しい女なんだよ。
俺がうつになった時も、頑張らなくていいよ、あなたはずっと頑張って来たんだから、って言ってくれるような
嫁なんだよ。甘えてごめんなって言ったら支えあうのが夫婦でしょって笑って言ってくれる、そんな女なんだ。
頼むよ助けてくれ、赤ん坊には本当に悪いと思う、でも嫁がいないと俺は駄目なんだ。そんな駄目な人間なんだ。
両方無事に、って医者は言ってくれたけど頼む、ああもう俺何言いたいんだ、本当は手術室の前にいたいけどババアが
居座ってんだよチクショウ。頼む、助けてくれ、誰でもいいから助けてくれ

この記事の続きを読む >

 (10コメント)

ダウンロード (8)

497: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/02/05(木) 13:10:37.96 ID:XJLzepXw
結婚するつもりで付き合ってた彼女、あらゆる面で相性ピッタリだと思ってたら
突然別れを切り出された。まだ大好きだったから当然パニックになって理由を聞いたら
「嘘は付きたくないから正直に話します」と全部話してくれた。実は一ヶ月くらい前に
お見合いをして、正式に結婚することになったとのこと。「あなたのこと大好きだったし
今でもその人よりあなたの方がはるかに好き」というので、何かやむにやまれぬ事情でも
あったのかと(よくドラマとかであるみたいな)聞いたら、相手は30歳の医者で、
しかも大きな病院の一人息子。今でさえ年収は数千万円あって、将来は年に数億は稼ぐ、
こんなチャンスは一生に一回しかないと力説された。その力説する姿に風船の空気が
抜けるようにシューッと萎えていった。最後に「やっぱり人生はお金って事?」と聞いたら
「え?当たり前でしょ?」と笑ったのが決定打。とりあえず今までありがとうとお礼を言って
席を立って別れた。

その後、1年くらいして突然連絡が来て「会いたい」と泣きながら言うのでビックリしたので
取りあえず事情を聞いたら、そういう相手なので興信所の調査が半端じゃなくて、二股掛けてたことも
あっさりバレてしまい、さらには大学時代からの男関係も全部洗い出されて、良家のお嬢さんであり
処女(今どきw)だと信じていた相手がショックを受けて一気に破談になったとか。すぐに連絡
しなかったのは半年くらい何とか修復できないかと探っていたらストーカーで訴えられたとかなんとか
後半あんまり聞いてなかったけど、当然遭わず、今はどうなってるのか知らん。10年くらい前の話。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

doctor1
477: 名無しさん@HOME 2012/01/22(日) 17:33:07.35 0
大したことないかもだけど投下。携帯ですので変だったらすみません。 
中学生の時、高い所から落ちて土の地面で背中を打った。しばらく身体が動かせず、そのうち腰を中心に激痛が起こりだして、救急車で運ばれた。 
尋常じゃない痛みに、口を抑えても悲鳴が止められなくて泣き叫んでいた。 
看護師や医者には「痛みがあるのはいいことだよー神経繋がってる証拠だからねー」と何度も言われ、「こんな痛いなら一生歩けなくていい神経切って!」と叫んでいた記憶がある。ところが一晩立つと、痛みは嘘のようにひいてなにも感じなくなった。 
で、診察の結果は「ただの打撲。歩く練習して下さいね」。あんなに痛がって大袈裟だなあとか散々笑われながら、仕方なく廊下で歩く練習をしていた。 
診てもらったのは総合病院の整形外科だったが、ベッドが空いてなかった為私は小児病棟に入院していた。 
その日、幼児の中にいた中学生が珍しかったのか、小児科の先生が「大きな子がいるねー」と話しかけてきた。 
世間話のついでに、母が「ただの打撲なはずなのに、腫れがひかないんです」と私の背中を小児科医に見せた。しばらく見ていた先生は「ちょっと待っててね。」と言って去っていった。

この記事の続きを読む >

 (15コメント)

02

424: おさかなくわえた名無しさん 2015/06/06(土) 03:56:31.44 ID:FBd/eyHD
「凄く」ってほどじゃないけど、自分として驚いたこと。
前日はじめてギックリ腰を経験して医者とマッサージに行った。
マッサージでは、何度も「あれ?」「あれ?」と言われながら腰や背中を押されて、
医者ではレントゲンを見つめた医師が何度も指を指して「ふんふん…ふん?」を繰り返してる。
マッサージの「あれ?あれ?」と医者の「ふんふん」はどうやら同じことで、数を数えるものだった。
結果、「背骨が1本多いですね」ということだった。
あんな大事なものの数が人によって違うのか?!と驚き、家に帰って亭主に話したらひっくり返るほど驚いてた。
夫は「背骨が1本多い」を縦2列だと思ったらしい。

この記事の続きを読む >