鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:医者

 (3コメント)

doctor1
704: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/09/01(日) 19:10:36.38
数年前の話だけど、田舎から上京して生活が一気に変わったせいか、不安で眠れない日々が続いて辛かった
そこで勇気を出して心療内科の門を叩いた
初診で医師と今後の方針を相談した結果、しばらくの間、週に一度カウンセリング+診察に通い、投薬治療を受けることになった
最初に処方されたのは抗不安薬と睡眠導入剤、どちらも効果は高いが副作用は少ないと言われているもの
実際にそれらを飲む事で日々の不安や不眠が軽減されてありがたかった 

この記事の続きを読む >

 (11コメント)

bfd12074012fa5b2c8d2402ba58c868e_m
6: おさかなくわえた名無しさん 2011/06/18(土) 23:37:45.80 ID:jGPlwliC
大したことじゃないんだけど、愚痴りたい…

今日の予防接種に旦那と一緒に行って、旦那が子供を抱いて私が荷物持ちして診察室に入ったらお医者さんが変な顔してちょっと動作が止まった。
側に立って診察を見ながら(つっけんどんなお医者さんだなあ)と思っていたら、診察が終わって
「お母さんは今日具合でも悪いんですか」
「いいえ。なぜですか?」
「いや、お父さんが赤ちゃんを抱いているから」
それからちょっと間違った椅子に座ったりすると「お母さんは邪魔」とか言われたり、旦那にだけ接種時の注意を説明して私には目もやらなかったり…
初診で私が問診票を記入していたからたまたま旦那が抱っこしてただけなんだけどな。
3ヶ月の今まで、頼る先もないから産後即家事して(産休で一日家にいるので殆ど分担してる)平日は一日中私があやしてるのに、たった一度1分も顔見てないのにダメ母だと判定されたのかな。男親が子供抱いてるといけない理由とかあったかな。

くだらない事でごめん、でも何か今までの疲れがどっとでた。

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

images (11)
37: おさかなくわえた名無しさん 2015/05/18(月)13:18:03 ID:tt1
以前勤めていた病院で、診療時間が終わって帰り支度してたら女性が怒鳴り込んできた。
手術後に感染症になってしまった患者さんの娘らしく、医療ミスだ!と喚き散らす。
女性は長身でガタイがよく、真顔で目を見開きながら大声出すから本当に怖かった。

この記事の続きを読む >

 (10コメント)

bfd12074012fa5b2c8d2402ba58c868e_m
503: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2007/01/20(土) 07:32:24
15日の明け方、娘が、痙攣起こして、口から泡吹いて、死ぬかと思った

夜中に、39℃の熱を出し、緊急で診察してもらったら、『ただの風邪だ、この位の熱で病院に来なくて良いよ!』と叱られ、家に帰宅。

明け方、痙攣、泡を吹き意識なし。呼吸も乱れる。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

312a9ba8
794: おさかなくわえた名無しさん 2017/09/11(月)18:30:32 ID:bmh
もうかなり昔のはなしだけど、リアルで言えるものではないから吐き出し。
妊娠中出血が止まらなくなった時期がある。
原因究明のための内診で子宮に腫瘍らしきものを発見。出血はそこからだった。
「この出血に赤ちゃん関係ないよ。元気だよ。でも今からこの腫瘍らしきもの、検査に回すけど悪性腫瘍だったら赤ちゃん諦めなよ。」
医者という立場上当然なのだろうけど本当にサラッと言われた。
そして私も「はあ...」と間抜けな声しかでなかった。
ドラマとかで見るような「私はどうなってもいいから赤ちゃんを!」みたいな台詞なんて思い付きもしやしなかった。
ただ頭の中ではボーっと産めないの?既にお腹も出るくらい成長してるのに?とか、なんとかならんのか?なんて考えてはいた
それから検査結果が出るまでの間夫や双方の両親から"ガンだったらすっぱり諦めなさい。堕胎しても誰も貴方を責めない"って内容で諭され続けた。
私は無理して生みたいとか危険なら産みたくないとか一言も言ってなかったんだけどね。
普通に嫁を、娘を大切にしてくれてるからこその発言だろうし、私もどうしていいのか判断なんて出来なかった。
ただ他者に判断を委ねたら堕胎の一択しかないことが私には恐かった。
自分で考えられもしないくせに何いってんだだけどねww
結局検査結果はガンじゃなかったし、普通に元気な女の子を出産してすくすく育っています。
ただ今になって思うのは
その時母親である自分すら子供と自分の命を天秤にかけていたことが衝撃的だなあと。
まだ見ぬとは言え母親は妊娠してるときから親になるっていう母性神話も私にだけは通用しなかったみたい。
あの時私は何も言わなかった。おろしたいとも言わなかったけど、産みたいとも言えなかったんだよなって。
書いててよくわからなくなっちゃったけど、娘のことは愛してるし大切だよ。

この記事の続きを読む >