鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:勧誘

 (0コメント)

695

270: おさかなくわえた名無しさん 2017/10/20(金)20:30:42 ID:Cel
吐き出したくて書く。人がしぬから、嫌いな人は読まないでほしい。
俺と嫁は、中学校から一緒で高校から付き合いだし、嫁が短大にいって就職後2年、俺が大学卒業してすぐの頃に結婚した。
まわりの友達より結婚早かったけど、なかなか子供ができずに、ようやく子供が産まれたのは35過ぎてから。
子供は正直諦めていたから、できたときも産まれたときも本当に嬉しかった。
特に嫁は、保育士だったから子供大好きだし、仕事しながらもずっと我が子がほしくてたまらなかったと思う。
常に二人とも子供が一番だった。
喜ばせたいし、いいやつに育ってほしいし、何より何をしていてもしなくてもかわいくてたまらなかった。
子供に弟妹をつくってあげたいと思って治療もしたが授からず、一人っ子のまま。
元気に腕白に育ち、4歳のときに病気が見つかった。
そして、2年たたずに亡くなった。小学校には入学できなかった。
息子の夢だった建設重機の運転も、できなかった。18才になったら免許がとれるからあと12年だね!
楽しみ!早く18才になりたい!パパは18才になるのすぐだった?と何度も言っていたのに。
すぐだよ。18才なんてあっという間なのに、何で待てないでしんだんだ。
俺嫁二人とも、それから何年も記憶がない。
俺が気づいたのは息子がいなくなって5年くらいたって、部屋に息子のおもちゃが転がっているのをみて、なぜか急にもうあいつはこれで遊ばないんだとふとわかって、やっと現実がわかった。
そこからが地獄のようだった。
嫁は、俺と違って宗教にはまった。
息子の入院中から、これが効くあれが効くと民間療法みたいなやつの勧誘がすごかった。
当時は無視していたけど、それをしていれば助かったんじゃないかと今でも思う。
嫁は、亡くなったときに来たいろんな宗教のなかで、亡くなった人の幸せを祈るみたいな宗教にハマった。
亡くなった人があっちで楽しく暮らせるように100万、亡くなった人が生まれ変わるときによいように100万、という感じで、亡くなった人のための祈祷やら修行やらを現世の人がやってそれに金がかかる。
あっという間に貯金はなくなり、嫁は借金もした。
じさつは亡くなった人と同じところに行けません、という教義らしく、それはしなかった。
金づるがいなくなったら困るからだろうなと思うけど、その教義のお陰で嫁は生きてる。
歪だが、ようやく夫婦で他愛ない話もできるようになってきた。
が、その頃嫁が妊娠したとわかった。そのとき40代半ば。
嫁はとにかくナーバスになっていて、一日中心音を聞いている。
息子が本当に健康で、長引く風邪だと思ったら急に病気が見つかったもんだから何も信用できなくなっている。
こんな感じの親のところに来るなんて、不幸じゃないか?
そして、自分達も息子と比べてしまわないか?
と不安になっていた。
が、多少細々としたことはあるものの、とりあえず健康に産まれてきて、3才になり、よく話す。
かわいくてかわいくてたまらない。
で、この前たまたまわかったんだけど、俺の子じゃなかった。
血液型が違ってたことで判明して、調べたら親子じゃないと出た。
自分でもびっくりしたんだけど、嫁にすがって離婚拒否。子供と離れたくなかったんだ。
それでも嫁は子供つれていなくなって、音信不通。
もうなんというか、これ生きてる意味あるのか。
二回も子供がいなくなった。
俺の親がまだ生きてて、子供に先にしなれるのだけは経験させたくないから俺は生きてるけど、親がいよいよの時は、さっさと消えてしまいたい。

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

01

282: おさかなくわえた名無しさん 2014/02/03(月) 05:56:24.74 ID:DLm2msM9
上京して一人暮らしを始めたマンションで、ある宗教の勧誘に困っていた。
仕事から帰るのが20時過ぎなんだけど、俺が帰るのを見計らったように
酷い時は22時過ぎてもインターホンを鳴らしてくる。
それが毎週2~3回、必ず女性の2人組で「お話だけでも」と。
オートロックのマンションだったのに、既に建物内に入っており、
「時間がない、興味無い」と強く言ってもしつこく訪ねてくるのでかなり参っていた。

ある日、帰宅して夕食を作っていると、
「ピンポーン、コンコンコンコン(ノック)、ピンポーン、コンコンコンコン」と来た。
既に22時を過ぎており、居留守を使おうとしたがあまりにしつこい為に俺はキレた。
しかし強く断った所で何も変わらないと思ったので、家の中に招き入れた。

俺「今、ちょうどカレー作ってたんですよwあ、もしよかったら一緒にどうですかw」
女A「あ、いえいえ、お話だけで結構ですのでぇ」
俺「いやぁ、お腹すいているので先に食べたいんですよw」
女A「いえ、本当に結構ですので・・」
俺「いつも一人なんで、付き合ってくださいよーwねwねwじゃあ適当に座っててくださいww
カレー、めっちゃ得意なんですよwww」

と言った後、俺の分だけ準備して、パソコンの前でテレビを見ながら食べた。
俺の背後、少し離れて2人が座っている状況。
その間、話しかけてくる言葉は一切無視。
女Bが勝手に話を始めたので無言でTVの音量を上げ、
地元の友達とヘッドセットを付けてスカイプで世間話を始めた。
友達とわざと最低な会話で盛り上がりつつ、チャットで現状を報告。
30分くらい放置した所で、友達に「ちょっと洗い物してくるわーw」と言って振り返った瞬間に
その2人を見てわざとらしく悲鳴を上げた。
「うああああ!だだだ誰だああ!!!出ていけ!出ていけえええええ!」
と尻もちをついた状態でクッションを投げつけながら。

その日以来、勧誘は来なくなったが女Aが同じマンションの住人だと知り、顔を合わせると気まずい。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

0cbe2242fc3278afa8df4ddee5e9fb5b

398: 名無しさん@HOME 2013/11/20(水) 01:22:46.50 0
数年前に宝くじで1等当てた。 
集られたり変な勧誘にあったりするのが嫌で、今まで欲しかったものを全部買ってパーっと使って余ったら家族にも同じように使ってもらおうと思欲しいものを買いまくった。 

結局1週間弱で自分の欲しいもの買っただけで使い切ったどころか、足が出る結果になったとき自分の物欲の大きさに気づいたのがスレタイ。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

zazen_obousan
435: 名無しさん@おーぷん 2015/06/19(金)00:41:58 ID:4Rt
修羅場というかなんというか…

よく宗教勧誘が寺に来て異種格闘技戦を申し込むようなコピペがあったりするがあれがリアルに起こった。
うちは寺で親父は住職。
私は忙しい時とか家事やらなんやらを受け持っており、母と一緒に料理作ってたらインターホンなったんで私が出た(母は玉子焼き作ってたので手離せなかった)。
玄関開けたらでましたよ…勧誘員

勧「わたくし○○教の者ですがちょっとよろしいですか?」
私「勧誘ならお断りです」
観「いえ、けっしてそういうものではなくてですね……」

こっからいかに○○教が素晴らしいか、教祖様はこんな方で、他の宗教が間違ってるか
無駄にながったるしく語る語る語る…(´Д`)

観「…というわけでして、いかがですか?」

いかがもなにもねえよ。

どうやって追い返そうか悩んでいると「誰か来た?」と父登場。
…袈裟姿で

勧誘員は一瞬動揺した
しかしすぐさま営業トーク
いかに○○教が素晴らしいかを話し出す

父「なるほど、それが○○教の宗教理念だと」
観「ええ、すばらしいでしょう?ぜひあなたも○○教の信者になりませんか?」

父、おもむろに立ち上がり「中へどうぞ。ぜひ話を聞かせていただきたい」
勧誘員パアッと明るい顔して中に入る。

客殿へ通す。

勧誘員は、顔をひきつらせた。

なぜなら中には袈裟姿のお上人が10人ほど
中には住職が半分以上

一対多数でいかに○○教が正しいかを述べるものの、すぐさま誰かが否定する
○○教について話せば話すほど上人達は××宗(うちの宗派)について話す。

最後のほうは勧誘員のほうが住職たちの話を聞き入ってた。


つい最近、その勧誘員がうちの宗派に改宗しなおかつ出家したと聞いた時は驚いた。



この記事の続きを読む >

 (2コメント)

images (17)
766: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/03/05(火) 21:00:50.36 ID:cNxcU6A5
20代後半既婚男性です。妻が現在妊娠中ですが、現在気まずいです。
原因は私の実家(新幹線の距離で別居です)の母がある宗教の信者であることです。

母は強引というほどではなく、会えばその宗教の良さを説き入信して欲しいといい
パンフレットやグッズ等をたまに送付してくる程度です。
私は適当にあしらい、妻にも入信しないと約束してます。 

この記事の続きを読む >