鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:冷めた

 (7コメント)

00

185: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:INCrem0y
物凄い理不尽冷めだけど

元カレは若ハゲだった
20代にして深刻な状況だった
でもちゃんとした社会人で優しくて面白くて大好きだった

一人暮らしだった私の部屋に初めて元彼が泊まった日の朝、
爽やかな朝日で目を覚ますと口の中に違和感が
指で触ってみたら細い細い毛が数本入ってた
起き上がると、私のベットの白いシーツに大漁の毛が散っていた
枕部分から足元まで全体にまんべんなく、色んなタイプの毛が。
元カレは寝ぼけながら不審な動きをしている
体中の体毛を毟っては捨て、毟っては捨てを繰り返していた
私は平静を保ちながら、何してるの?と聞いたら
あー癖なんだ、寝てる間に無駄毛を抜いちゃうんだよね~って

その時はふうん~としか言えなかったけど
元カレが帰ってから白いシーツと床に散った大漁の毛を見て、
コロコロで取ったけど中々取りきれなくて何度もシートを変えて、
色んな毛がコロコロに張り付いていて、なんだか…

禿げてる人って本当にたくさん毛が抜けるんだな
なのになんで体毛まで抜くんだよ そんなに毛が要らないのかよ
そもそも人様の家で、洗い立てのシーツでなにやってんの
とか、色々思ってしまって、冷めた

その後もしばらく付き合ってたけど気持ちが戻らなかった
私が悪いんだって分かってるけどあの気持ち悪さは無理だった
ごめんなさい

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

no title

985: おさかなくわえた名無しさん 2016/02/02(火)12:27:57 ID:aFS
落し物(財布)を拾ったんだけど、迷うこと無く中身だけ抜き取ってポイ捨てした元カレにドン引き
警察に届けようよと提案する私に「綺麗事ばっかり言ってんじゃねぇよブス」と言ってそのまま逃げてった
私は財布を警察に届け、「元」彼氏が中身抜き取っていきましたと彼の住所、電話番号を教えた、以後連絡はないし、したくもない

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

08

101: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/13(木) 14:01:42.15 ID:BBp3qfT5
俺には結婚しよう思ってる彼女がいる。
両家の挨拶は済ましており、お互いバツイチなので式は挙げない。

バツイチなので結婚指輪とかいらねーだろと思ったが
彼女がどーしても欲しいと言うので予算は2つで20万以内と言った。
正直指輪に興味がなくデザインは彼女任せで居たがある日。

「いい指輪が見つかったわ20万円頂戴、ちょっと買ってくるから、領収書はあとで渡せばいいでしょ」

と言われてなんかすげえ冷めた。
その後ちょっと揉めて今は破棄するかどうかで話が止まってる。
婚姻届はまだ出してない。

この記事の続きを読む >

 (19コメント)

352

289: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/23(木) 22:56:59.31 ID:5rSgMlwY
オタクが嫌いな人はスルーで。


私は漫画オタク。
コレクター気質なので、絶版本以外は必ず新品で買い、
表紙には透明のブックカバーをつけて、帯やチラシも一緒にとっておいている。
ある日彼に、面白い漫画ない?と言われたので
話題になっていた本を何冊か貸した。
「読み終わった、面白かったよ~」と帰ってきた本を見ると
透明のブックカバーが外れてなんか全体的に汚い。帯も捨ててあった。
どんだけぞんざいに扱ったんだよ、とイラッときたと同時に
これ私の本か?と疑問に思い、奥付を見ると重版だった。私が買ったのは初版。
私「これ私が買った本じゃないよ」
彼「お前のだよ」
私「でも私が貸したのは初版本だよ。これ、重版じゃん」
彼「細かいなあ。借りた本は無くしたから中古で買ってきたんだよ」だと。
弁償するにしても普通中古品買ってくるか?
(絶版ではなくまだ普通に書店で売ってる本)
そもそも言わなきゃバレないと思ってたのか、と1冷め。
まあでも普通の人なら本に対してそんなに思い入れもないよな…と思い
弁償してほしかったわけじゃないけど、無くしたなら一言言ってほしかった、と伝えると
彼「てか別にそんなん読めりゃどうでもいいじゃん」と言われてすごく冷めた。何開き直ってんだと。
その中古本を突きつけて「価値観が違うので別れましょう」と言って帰った。

友人にこの話をすると、本を大切にする人の多くは分かってくれるけど
あんまり読まない人にはそんなことでとかくだらないとか言われた。
たしかに漫画ごときでくだらないよな~と言う思いと
人が大切に扱ってる物に対しての配慮がなさ過ぎるやつは無理という思いでぐるぐるしてる。
まああれからもう二度と人に漫画を貸してない。

この記事の続きを読む >

 (31コメント)

07

785: おさかなくわえた名無しさん 2017/01/07(土) 09:15:50.46 ID:t8CcVQ2j
当時付き合ってた彼女が料理できないのは知ってた。
知ってたけど、風邪で寝込んだときにレトルトのお粥を温めて出された時に冷めた。
わざわざやってくれたのはありがたいけどさすがにお粥くらいは作れないと。
本当になにひとつ料理が出来ないってのを目の当たりにして、これはこの先は絶対無いなと確信した瞬間だった。

この記事の続きを読む >