鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:再発

 (4コメント)

333

440: おさかなくわえた名無しさん 2017/05/08(月) 08:35:52.64 ID:v5Gc1hR90
水虫なってしまった。しかも悪化して化膿してる状態。
うつしても悪いから、彼氏に報告したら、俺も昔かかったことあって、ちょいちょい再発する。今は治ってるけどって。
完治してない上に、感染源、ほぼほぼ彼氏やん。勘弁してくれ。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

ダウンロード (17)

887: おさかなくわえた名無しさん 2017/04/29(土)12:21:47 ID:3DQ
2年3ヶ月結婚していたのにその間の記憶がほとんどないこと。
覚えてるのは病気ばっかしてたことだけ。
帯状疱疹が特に治らなくてつらかった。リンパや扁桃腺はしょっちゅう腫れてた。
微熱が常にあった。頭痛と不眠、歯茎が腫れて、体重が8キロ落ちた。
夫のことをすごく好きだったのに、そばにいると病気になって
実家に帰ったら治った。
帯状疱疹が顕著で、実家にいると治り、アパートに戻ると再発した。
ストレスだったんだろうけど、夫の何がストレスだったのかまったく覚えてなくて
好きだったことしか覚えてない。
でも周囲がみんな夫を悪く言うからきっとそうだったんだろうなー。
私が色々やられてたことを周囲が説明してくれたけど他人事を聞くようだった。
彼を好きだったことの方を忘れたいのにうまくいかないもんだ。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

693

887: おさかなくわえた名無しさん 2017/04/29(土)12:21:47 ID:3DQ
2年3ヶ月結婚していたのにその間の記憶がほとんどないこと。
覚えてるのは病気ばっかしてたことだけ。
帯状疱疹が特に治らなくてつらかった。リンパや扁桃腺はしょっちゅう腫れてた。
微熱が常にあった。頭痛と不眠、歯茎が腫れて、体重が8キロ落ちた。
夫のことをすごく好きだったのに、そばにいると病気になって
実家に帰ったら治った。
帯状疱疹が顕著で、実家にいると治り、アパートに戻ると再発した。
ストレスだったんだろうけど、夫の何がストレスだったのかまったく覚えてなくて
好きだったことしか覚えてない。
でも周囲がみんな夫を悪く言うからきっとそうだったんだろうなー。
私が色々やられてたことを周囲が説明してくれたけど他人事を聞くようだった。
彼を好きだったことの方を忘れたいのにうまくいかないもんだ。

この記事の続きを読む >

 (8コメント)

48

988: 名無しさん@おーぷん 2016/01/03(日)15:05:00 ID:C7G
うちのばーちゃんの驚異的な生命力の話します。
5年前に癌が見つかり余命半年と言われた。
家族で話し合い年齢も年齢なので手術も抗がん剤治療もせず静かに余生を送らせようとしたが
もともとパワフルなばーちゃんは「悪いとこ、ちゃっちゃと切って!」と自ら手術を希望し抗がん剤治療にも耐えた。
それから5年癌の再発は認められず、90歳になったばーちゃんはますます元気になっていた。

去年のクリスマスイブ、食事を喉に詰まらせ救急車を呼ぶ騒ぎになり、一時危篤状態にまで陥ったが
3日後には回復してチキンを食べ損ねたので持って来い、いや、すき焼きがいい、おせちは肉中心で伊勢海老は忘れんな
それより早く退院させろと騒いで主治医も苦笑いしてた。

それまで、ばーちゃんもこれで最期かとワアワア泣いてた家族も安心するやら驚くやら呆れるやらだった。
パワフルばーちゃんは家族の誰よりも生きるんじゃないかと思ってる。

この記事の続きを読む >

 (20コメント)

7474

686: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/11/01(月) 15:49:51
昨日生まれた記念に若かりし頃の思い出話投下。

嫁が妊娠4ヶ月くらいの時、上司に散々振り回され、責任押し付けられて俺の仕事辞めたい病が再発。
散々もめた後嫁が一言。

「じゃあ子供堕ろす」

「はぁ?お前何脅してんの?」
って逆切れしたら嫁が
「そうじゃない。子供がいたら私が働けない。
私と貴方二人だったら、貴方が仕事を辞めても私が何とか食べさせていける。
貴方のことを一番大事にしていける。
でも、子供ができたらそう簡単にできない。
どうしても子供を優先しなくちゃいけなくなる。
今なら子供はまだうまれてないし貴方の方が大事だから、子供を諦めて貴方との人生を選ぶ。」
…って泣きながら言うんだわ。
これはマジで効きました。
子供できたときあんだけ嬉しそうだった嫁が、泣きながら子供諦めるっつーんだからさ…

流石に俺も頭が冷えて
「別にそんなの今決めることじゃないし…仕事辞めたいってだけで本当に辞めるわけじゃないんだから…」
と妙に言い訳くさいことを言って嫁を宥めた。

その後、俺も再度仕事にいきだして、しばらくしたら嫁のお腹が大きくなってきて
嫁の中でグルグル動き回る子供を触って、二人で名前決めて、実際生まれた子供を抱っこして
毎日風呂いれて、自然に愛情が沸いて…
この子と嫁のために二度と仕事辞めたいなんて言わねぇって自然に思えるようになった。
その後も理不尽な上司に振り回されて愚痴吐くこともあったけど、絶対辞めるなんていわなくなった。

そういう俺も、昨日二児の父になって、最近やっと人を使う立場になった。
子供って親を成長させるよなー
まだまだ未熟だけどさ、俺も。

この記事の続きを読む >