鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:公園

 (4コメント)

75

583: おさかなくわえた名無しさん 2015/12/21(月)12:09:22 ID:mMt
7歳上の元カレ
仕事できる人だったし、明るくて面白くて大好きだった

奈良に車で遊びに行ったとき、奈良公園で鹿せんべいを買った
彼は多少子供っぽいところがあるので、鹿にせんべいをあげるふりをして引っ込めたりして
鹿をおちょくっていたら、鹿が怒って彼に襲いかかった
鹿4頭にもみくちゃにされて、せんべい全部取られて、さらにズボンがずり下がって
ブリーフが出てるのを見てちょっと冷めた(まだ深い付き合いじゃなかった)

帰り道、車の中で彼が鹿という種について散々こき下ろした挙句に
「保護するのは税金の無駄遣い、さっさと駆除してしまえ」みたいなことを言った
鹿への恨み言を、学会でプレゼンするときと同じ口調でまくしたててシュールだった
それでも気が収まらなかったのか「鹿鍋食べられる店を探して」って言い始めた

心底冷めて別れた

この記事の続きを読む >

 (10コメント)

06

460: おさかなくわえた名無しさん 2017/10/04(水)22:23:40 ID:g1o
私は育児として子供を公園連れてったり児童館連れてったり散歩連れてったりしてたのに対し、旦那は私が遊び歩いていいよなーってずっと思ってた事に衝撃受けた。

まあ確かに子供の楽しそうな顔見てるのは1番のご褒美だよ。
でも散歩も行きたくないし、児童館も公園も行きたくない、特に誰かと喋ったり約束してる訳でもない。
子供追っかけ回して1人ポツンして過ごしてるだけなのに。
遊び歩いてるって言われた事に素直に驚いた。

毎日下の子抱っこ紐入れて上の子追っかけ回して、肩と腰が痛くて、マッサージ行っていい?って聞いたら
「普段遊び歩いてる癖に贅沢だ」って言われて「は????なんの話???」って思ったら公園やら児童館の話だった。

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

ダウンロード (5)

960: おさかなくわえた名無しさん 2009/04/24(金) 12:56:13 ID:0JTgHzIJ
ある日彼氏の家に遊びに行くと、子猫が居た。
なんでも、近所の公園に捨てられていたのを拾ってきたらしい。

数日後、また彼氏の家に行くともう猫は居なかった。
「猫は?」と聞くと、信じられない言葉が返ってきた。
「死んだ」

猫を散歩させていたら、放し飼いにされた犬がやってきて、猫に噛みついたらしい。
虫の息になった猫を、いつまでも苦しんでいて可哀想だからという理由で、自分の手で殺したのだと言った。
首を絞めたらしい。

もうビックリして声も出なかった。
彼氏は「どうせ死ぬんだから、早く楽にさせてあげたかった」と最もらしく言ったが
どうしても納得いかなくて泣いて帰って電話で別れた。

十年以上も前のことだけど、いまだに彼のことを思い出すと寒気がする。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

ダウンロード (52)

511: おさかなくわえた名無しさん 04/10/11 00:57:32 ID:YrUNkd7/
私が小学生の頃から飼っていた犬を遠くの公園に逃がされた時。
理由は、犬への嫉妬。逃がした場所を聞き出し、車で探しに行くと、
車道をトボトボと歩いているところを発見(生まれてすぐ不慮の事故にあい、
シッポが極端に短く歩き方に特徴があるので遠目でもよく分かる)、
無事に保護。その後、彼からの連絡には、当然すべてシカト。
数日後、彼が私の家に直接来た。しぶしぶ出てみると、犬を連れてる。
「ほら、見つけたよ!」と、得意げな彼。犬を見ると、シッポが短い・・・・・

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

3336

207: おさかなくわえた名無しさん 2016/09/12(月) 06:25:20.18 ID:TDFYSma4
高校生の時の話。

違う学校に通っていた初彼。
一年記念日にお互いが欲しいものを送り合おうと提案してきたので、私は髪留めと答えた。彼は革の鞄(5、6万するブランド)をリクエスト。バイトのシフトを入れまくり、なんとか記念日までに購入できた。

記念日当日、公園で待ち合わせ。
しかし相手は何も持って来ていない。手ぶら。
?と思っていたら渡された写真三枚。
公園の鉄棒でブタの丸焼きポーズや、マッサージ器を肩に当てて気持ち良さそうな表情の彼が写っていた。
意味が分からないし、まったく嬉しくないし、本当にそれだけしか持ってきていなかった。

混乱して固まっていたら、私が持っていた某ブランドの紙袋を指差して「俺の希望通りのやつじゃん!」と、盗られそうになったが、もう冷めに冷めていた私は「違う!!これは父さんにあげるもんだ!!」って叫んで走って帰った。
写真は帰ってすぐに父の灰皿で燃やした。
鞄は泣きながら姉の彼氏にあげた。

その日から連絡が途絶えて自然消滅したが、2ヶ月後くらいに私の家に知らない女と2人で写ってる写真を送り付けてきたこともあった。 当時流行っていた、写真を使った呪いの儀式をしてから全部父の灰皿で燃やした。

長文失礼しました。

この記事の続きを読む >