鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:入籍

 (4コメント)

581

412: おさかなくわえた名無しさん 2018/02/14(水) 00:16:52.55 ID:JxjvbESZ0
二週間後の誕生日に入籍の予定で、半年近く前から彼と色々準備してきました
私は親無しなのですが彼は普通の家庭で、親に結婚挨拶して欲しいと言っていたので、不安ながら心の準備を整えていました

つい先日彼が親に何も報告していなかったことが判明し、彼親から「急すぎる」と結婚の延期を提案されました
私としては急ではなく、ずっと楽しみに準備していたので、なんとか入籍までに挨拶をということで彼親の日付指定で挨拶の約束をしたのですが、
先ほど彼から結婚前に挨拶してほしい人があと数十人いるとのことで、結婚延期を言い渡されました
最低の誕生日プレゼントです

私には親戚もいなくよく分からないのですが、結婚前に親戚一同への挨拶って普通なんでしょうか?
彼は「兄弟もみんなそうやって結婚したから」と言うのですが、それはもっと前もって報告していたからできたのかと思うのですが…
どんなに理不尽だとしても、家ルールに私が口出しするのはダメですかね?

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

new_a2ae7be2

386: おさかなくわえた名無しさん 2007/11/28(水) 16:40:43 ID:aBahW4Fc
お金の話で思い出した。

当時つきあってた彼がマンションを買うという話になり、
ちょうど良い物件があったようなのでまず購入して引っ越そう、
落ち着いたあたりで入籍しようと言われた。
そのあとに、頭金よろしくね、と言う彼。

出す金額によって名義の割合とか変わるだろうから
早めにいくら出すか決めたほうがいいよね?
(そしたら入籍が先の方がいいのかな?とか思いながら)
と聞いたら、

「いや家ってのは男が用意するもんだから」

と言った。よく聞くと、名義は100%俺で、ということみたい。
税金は?やばいんじゃないの?といったけど、
だまっとけばわからないから、の一点張り。

100%あなたの名義ならあなたが払う方がスムーズなんじゃない?
と言ったが、どうやら貯金が一円もないらしく食い下がられたので、
親子なら非課税枠あるからご両親に相談してみては?と言い、
結局頭金をご両親がだすことになったようだった。

でもそれが決まった後に、
「これは本来なら君がだすべきお金なんだからね。
あとで親にお金返しといてね。それが嫌なら毎月家賃とるけど?」
と言われて嫌になって逃げました。

同居して入籍したあとも生活費は折半とか、
産休とったとしてもその間もちゃんと出してもらうよ、
とかやたらいう人だったので、この流れで思い出した。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

0566

648: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/12(火) 17:16:55.67 ID:VpxcN324
私の母の友人は、男に騙され入籍され
実家の財産も全て失い生き地獄に堕ちた。
だから、子供達の連れてきた異性は全員調べる!と常々言われていた。
コレが前提。

「俺の子供を産んで欲しい」
とつきあって1年の彼に言われた。
私はコレをプロポーズと受け取った。
でも、彼は避妊をやめようとするばかりで
指輪を買うでも、親に紹介するでもない。
本当に「子供を産むだけ」させようとしているのかな?と疑惑に思い始めた。
そして、母に「プロポーズされた」と相談。
母は早速興信所に調査を依頼した。
結果、彼は
単身赴任中の既婚者
30歳は嘘で、実は40歳
彼の郷里では、彼の祖父母と彼の父を介護する彼の嫁がいる
彼の嫁は病気で子どもの産めない身体になっている
彼の妻は彼の借金を一緒に背負い、彼女の実家を売った
という事実がボロボロ出てきた。
母は激怒し、娘(私)の名誉を守るために弁護士に依頼。
私が不倫と知らずにいたことを証明し、相手方に慰謝料請求。
もちろん内容証明の送り先は彼の妻の住む、彼の実家。
弁護士を通じ、彼の勤務先にも連絡。
彼の妻はショックで介護を放り出し、出奔。
彼は勤務先にいられなくなり退職。

恋が冷めた・・・というより、私は今放心状態。
でも、これから先、まともに人を信じられるかどうか、本当に自信がない。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

01

382: おさかなくわえた名無しさん 2015/12/02(水)14:14:05 ID:yUi
元夫の話。

妊娠が分かって籍を入れた12月初め。
入籍して10日も経たない内に朝帰りや外泊をするようになった。

入籍した途端のこの行動に散々喧嘩にはなったけど
年末だから忘年会もあるし子供が産まれれば変わるでしょうとの
周りのアドバイスもあって耐えていたけど

自営業である元夫が仕事納めにやった忘年会で百年の恋も冷めた。

その忘年会には家族と従業員やその家族、親しい取引先の方で
毎年やっていたのだけど(結婚前は彼女として参加)
その忘年会で初めて参加する取引先の方に元夫が私を妻として紹介した。
そしてその方に「奥さんは働いてるんですか?」と聞かれた元夫の一言。


「いや、家政婦みたいなもん。」



百年の恋も醒めた。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

gatag-00007101

505: おさかなくわえた名無しさん 2006/07/03(月) 10:33:31 ID:AEgnK/vk
同僚で、つきあうかつきあわないか曖昧な感じの関係で
よく二人で飲みに行っていた人。
奥さんがいた。
二十歳くらいの時に入籍して、ほんの半年くらいで別居して、
それ以来、たまに連絡とったり会ったりする、らしい。
「もう家族という感じ。恋愛とか夫婦とかそういう関係じゃないんだ。
向こうにも彼氏がいるし。
でも大事だから、もう会わないなんてことはできない。
でももし俺と君が付き合うなら籍は抜くよ」
彼は小さい頃に両親を亡くし、親戚たらい回しみたいな感じで、
初めてできた家族が奥さんだったそうです。

なんか…そんな強固な関係を持った人がいる人と普通に付き合うとか難しすぎた。

この記事の続きを読む >