鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:元彼

 (2コメント)

782

522: おさかなくわえた名無しさん 2011/11/13(日) 22:20:47.37 ID:7FZjqtUu
流れぶったぎるけどゴメン。

ここ見てて5年以上前に別れた元彼思い出した。
自意識過剰というか「自分のやってることは面白くて素晴らしい」みたいな考え持ち主だった。
夏休みに家族旅行に行ったらしく(当時学生)、お土産をくれたんだけど
黒地に血を吐いた骸骨のマークがついているネイルシールと、
カントリーな人形(髪の毛が毛糸でできててエプロンドレスを着ている)がついた「welcome」と書かれたボードと、
アロマでもなんでもないロウソク5本セットだった。
くれる気持ちは嬉しいけど、どれも使うことはできなくて本当に困った。

また別の時には、夜店のおもちゃみたいなペンダントを
「アクアマリンだよ」と言って携帯灰皿に入れてプレゼントしてくれたこともあった。
ちなみに私は喫煙しない。

そういえば、バレンタインのお返しがカロリーメイトだったこともあったな…。
そいつに義理チョコを渡してた同じ部の後輩は爪楊枝をもらったそうだ。

くれる気持ちはありがたかったけど、毎回こんな調子で疲れた。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

ダウンロード (3)

638: おさかなくわえた名無しさん 2012/08/25(土) 15:47:18.87 ID:Qz39jXZi
彼氏と旅行した時の話
私は短大卒業して社会人、彼氏はまだ大学生で誕生日プレゼントとして私が料金だして旅行した
その時前の元彼と旅行にいった先で買った財布を使っていたら(自分で買ったもので、買ってもらったものではない)
「何で俺との旅行では財布買わないの?よくそんな財布俺の前で使えるよね」
と私が新しい財布を買わないことにキレてた
旅行から帰ったらfacebookに「楽しかったけどすごい貧乏旅行で…」と書いてた
確かにお金かけられない貧乏旅行だったけど、人に金だしてもらってその態度…人間性を疑って別れた
こんなやつにお金と時間かけて馬鹿だった

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

888

506: 名無しさん@おーぷん 2015/04/30(木)10:02:13 ID:wfI
彼氏と同棲してるマンションにここ数年疎遠になってた元彼が突然やってきた。
元彼ではあるけど、別れた後も普通に友達としての付き合いは続いてたし、彼氏も元彼とは小学校からの付き合いで仲が良かったから突然の訪問に驚きはしたけど中に上げた。
なにやら大事な話があるとの事でなんだなんだ?と聞いてみるとまさにスレタイだった。
元「実はいろいろあって金が無くって…。アパートを出なきゃいけないんだ…。」
彼「そうか…。多少なら俺も金貸すからな?」
元「…実はここに住まわせてほしいんだ!」
私&彼「え」
元「お前は今まで通り働いてくれ!私子は家事をやってほしい!」
彼「お前は?」
元「俺…お前らの為に歌うから…!」
私&彼「え」
元「歌…ってさ、やっぱり明日への活力っていうか…癒やしだなって思うんだ…。俺今メジャー目指してんだ。だから俺はその歌で!お前らを癒すから!」
彼「出てけ。」
元彼は俺の歌はメジャー目前なのに!とか、みんな幸せになれるのに!なんで拒否んの?!とか言ってたけど結局は彼に摘み出された。
20分ぐらい外で粘ってたけど気付いたらいなくなってた。
なんで銀行やめたんだ。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

411

556: おさかなくわえた名無しさん 2014/10/13(月) 17:17:22.28 ID:56TsOhlp
逆のパターンがあった。友人のところに赤ん坊が生まれたので
友達数名でお祝いに行った。赤ちゃん小っちぇーとか思いつつ
話をしてたらお嫁さんの方の友達もやってきて合流。

そしたらその中の一人が「赤ちゃんの名前、何ていうの?え?○○君?
うそっ!それって元彼の名前じゃん!」

シーンと静まりかえる中、お嫁さんが「・・・え?そうだっけ?
すっかり忘れてた。あはは」とごまかすと、その友達が「忘れてるわけないじゃん!
結婚直前で捨てられて、あんた自殺するとかなんとかあんなに大騒ぎしたのに!
やっぱり○○君のこと忘れられないんだねぇ」

再びシーン・・・。居たたまれないのでこっちのグループは先においとましてきた。
その後、離婚したという話は聞かないが、どうなったのかも恐くて聞けないでいる。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

a1cc6fff-s
643: 名無しさん@HOME 2006/09/24(日) 21:10:38
高校の時の彼氏が別れてからもしつこくて

当時マンションの5階に住んでいたのですが、 
泥棒でも入れないばりのベランダに潜んでいた事がありました。
 

この記事の続きを読む >