鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:元カレ

 (0コメント)

01

699: 名無しさん@おーぷん 2016/02/20(土)14:59:20 ID:rt0
知らない女性名の手紙がきて、旦那が帰ってくるまでの時間が私には地獄のような時間で衝撃的だったよ。
手紙には、私が下着姿でベッドに横たわっている写真が同封されてた。これは・・・元カレに違いないと思ったけど
写真はもっとあるし、旦那にも送りつける、脅迫めいたことが書かれていた。どうしよう。もう、涙が出てくるし、
身体の震えがとまらなかったよ。もう、覚悟して旦那に言うしかない。旦那が帰宅したとき、泣きはらして瞳が真っ赤。
旦那が心配してくれた時に土下座しながらひたすらごめんなさいごめんなさい。

旦那と知り合う前にかなり遊んでて、若気の至り(過ちに近いなぁ)を旦那に告白。そしたら
「知ってるよ」
「ほぇっ?」
「私子、覚えてないの?酔っぱらった時に調子こいてベラベラしゃべってたじゃん」
「ひょぇ~」
「それを承知で私子と結婚したんだし、そもそも俺と知り合う前の話だろ」
もう、ヘナヘナ~って感じで気が抜けた。
「だいたい、私子が手慣れた感じだったからなぁ。男として聞きたくなるじゃん過去を」
私、なんということをしたんだろう、でもそのおかげで大事にならずに済んだのも事実だけど。
ちょっぴり複雑な心境。私の中では旦那様の株が3つくらいランクアップしました。
年下旦那だけど、これから一生頭があがりませんね。手紙はそれ以降来ていません。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

212

608: おさかなくわえた名無しさん 2009/01/16(金) 13:37:35 ID:EZbrN7oP
彼女とホテルに行ったときの話
部屋に入るや否や、
「ここ、前に元カレと来たとこだー!」
と興奮し出し、
部屋にあるノートの彼女と元カレの書き込みを
自慢げに見せてきて冷めた
彼女がシャワーを浴びてるときに金だけ置いて帰りました

この記事の続きを読む >

 (14コメント)

252

55: 名無しさん 2014/04/27(日)13:35:25 ID:0gCZNfJMk
学生時代の初カレ。尊敬出来てウマも合う、大好きな人だった。
彼に釣り合うよう自分も就職や仕事を頑張った。
そして、私は結婚したいと思っていますと告げた。
彼は、ちょっと考えさせてくれと答えた。
自分は複雑な家庭に育っており虐待を受けていた。
だから家庭や結婚子育てについて懐疑的であり嫌悪すらある。
でも君は好きだ、一生一緒にいたい。暫く考えたい。
そう言われて半年待ったけど音沙汰がなかった。
(既婚者だったというオチでもない。)
だから諦めた。やがて今の旦那と出会い結婚した。

先日その元カレが私の職場にやってきた。
話があると言うのでちょっと待ってて貰って一緒にランチに。
元カレは「長い間ごめん。考えに考えた。結婚しよう。」

これがね、せめて私が結婚してから3年以内ならね、
まだ切ない初恋の残骸として笑って流せたけど
私、結婚してから15年経ってんだけど。
上の子供は中学生なんですけど。
何この人。タイムスリップしてきたの?
今までずっと私の事を考えに考えて、
ついに結婚相手として合格が出たんだってさ。
やっぱり君だ、って言われたよ。
有り難いけど私もう家庭があるから。
お互いもうすぐ50だよ?時間は有限だよね。
考えなきゃならない事はもう別にあるんじゃない?
と言って店を出た。
その後元カレから「友人になれないか」と連絡来たけど
「時間を自分の為にしか使えない人とは無理です」
って返しておいた。
「女性は出産限界があるって考えてなかったよ、ごめん」
って返信がきたので、
あー本当この人駄目だな分かってないなって思ったので
「15年後にお返事します。考えさせて下さい」と返信しておいた。

この記事の続きを読む >

 (17コメント)

no title

540: 名無しさん@おーぷん 2014/06/03(火)09:55:21 ID:nzwXU8ph9
もう20年も前の話。フェイクありです。

私は最愛の夫を亡くし、4歳の娘と義父母と四人で暮らしてた。
義父母は本当に菩薩かってくらい良い人で、夫が亡くなったあとも良くしてくれた。
たまに帰省する小姑もすごく良い人。

この記事の続きを読む >

 (6コメント)

no title

535: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/09(木) 10:49:09.63 ID:RHFiJJA0
修羅場スレと悩んだけど、自分的には衝撃だったので、こちらに投下。 

1月6日に別れたトルコ人の元カレから、8日に、有り得ない話(トルコの住宅ローンが支払えなくて母親が刑務所に入ったから保釈金か保証金が必要で云々)で、300万円の借金を申し込まれたこと。 
6日に別れた時からの態度の豹変や、よく聞くトルコ男の日本女への詐欺そのままのようなストーリー展開で、ドラマの話が自分に実際起こったような衝撃だった。 

この記事の続きを読む >