鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:元カノ

 (2コメント)

ダウンロード (5)

770: おさかなくわえた名無しさん 2012/08/27(月) 10:13:53.25 ID:KzGaxu/L
「このベッド、元カノも使ってたんだけどいいよね☆」
「この貯金箱、元カノがくれたんだけど、物に罪は無いっていうし捨てなくてもいいよね☆」
「このネクタイ元カノがくれたんだ☆就職祝いだから捨てられなくて」
と、わざわざご丁寧に報告しやがった馬鹿が一瞬旦那になったのですが、
預金通帳預かったときに「暗証番号、元カノの誕生日で~」ってとこでようやく冷めた

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

749

570: 恋人は名無しさん 2017/03/29(水) 16:24:38.19 ID:mnujiSHY0
彼28、私26、付き合って1ヶ月。
彼からの愛を感じません。会いにきてくれるしお泊まりもしますが、もともと愛情表現が乏しいと聞いていた以上に全くなくて戸惑います。

不安で私から「好き」と伝えてみたものの、今までの彼女は面と向かって好きといってくるタイプが居なかったらしく、彼から追いかけるようなクールな女性が多かったそうです。

私は真逆です。そんなに四六時中好きと言ったわけではありませんが、彼は彼で戸惑っているらしく元カノを引きずっているのでは、無意識に比べられているのか?と不安でなりません。

彼に気持ち伝えましたが、恋愛以外でうまくいかないことが多すぎて余裕が無いと言われました。しかし元カノの時と言動が違いすぎます。元カノも間接的に知り合いなので知りたくはなかったけど過去のことも知って居ます。

このままでは辛いのですがどうすると良いのでしょうか?私はクールになろうと心に誓いましたがお互いの居心地を良くするためには何が必要ですか?

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

26

425: 恋人は名無しさん 2011/10/13(木) 12:48:52.32 ID:bJmF6/400
知り合った当初から今でも現在進行形で、何かにつけて「こういうとき元カノならこうした、こう言った」と元カノ元カノってそればっかりだった彼。
それでも好きだったし一緒に居たくて私も頑張って来たんだけど、「元カノは○○弁だったのにお前の○○弁は田舎臭くて嫌い」と遂に私の使う方言にまでケチつけ始めた。
20年以上体に染み付いた言語はいきなり完璧には直せないし、今までの事もあったからさすがに限界が来て泣いてしまった。
そこで泣いてしまった私も悪いんだけど、彼は「うわwwメンヘラ構ってちゃんかよwww元カノはこういう時は~」って結局またそればっかり。
うん、今でも元カノさんが好きなのは結構だけど私はここまでで限界でした。ごめんなさい。もう無理!

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

2685

845: 名無しさん@おーぷん 2014/12/07(日)00:53:03 ID:Pjy
正に今日の事。

フラれたショックでこの3年くらいEDになったほどに好きだった元カノがいたんだが、
今日がその元カノの結婚式で、共通の友人が写真持って来た。

で、そこに映ってる元カノがブス過ぎて驚愕した。
ちなみに体型も容姿も3年前とほぼ変化なし。脳内補正の恐ろしさを知った。

で、なんでこんなブスが最高の女なんて思ってたんだ? 
と素で思った瞬間、EDが治った。人体の神秘って本当にあるんだな。

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

141

156: 恋人は名無しさん 2016/07/02(土) 21:17:10.46 ID:YQjTGiMb0
彼氏の部屋に転がり込む形で同棲を開始した。
しかし数年前に同じ部屋で、彼氏が当時付き合っていた彼女(元カノ)と同棲していたことが、最近になって発覚した。

元カノと同棲していたことは聞いていたが、彼氏は「元カノのことは思い出したくもない過去」と言っていた。
なので私はてっきり、当時の部屋からは引っ越して今の場所に住んでいるのだと思いこんでおり、確認もしていなかった。
彼氏が「思い出したくもない」という元カノと過ごした部屋に別れた後も住み続け、新しい彼女(私)を招き入れることになんら疑問も感じていなかった、という事実を知ったのが、引いた瞬間1つ目。

その後、私は彼氏に引っ越しを要望した。
彼氏が元カノと過ごした場所と知ってしまった以上、同じように過ごすことはできなかった。
しかし彼氏の返事は芳しくなく、仕方がないのでマットレスだけ買い換えることに。
しかし新しいマットレスが届く前日、彼氏が「このベッドとも今日でお別れだね」と、ごく普通に、愛着のある物との別れを名残惜しむように言った。
これが引いた瞬間2つ目。
彼氏が元カノと愛し合ったベッドをそのまま使うことが、今の彼女である私にとってどれほど悲しく屈辱的なことか、何度話しても理解してくれなかったようだ。

この記事の続きを読む >