鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:修羅場

 (0コメント)

637: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/01/15(日) 13:01:15.27
ここでいろんな人が体験して来たことに比べたら、ジャブ程度の修羅場が一区切りついたのでカキコ。

今思うと、まさかココに書き込む修羅場(っぽい)ことが自分の近くであろうとは。
先月の話。

私  ほとんど部外者
A子 私の友人
B子 私の友人
C男 B子の彼氏。B子とは幼馴染。

全員19歳。同じ大学の同じゼミ。

A子と買い物の途中、昼食にファミレスへ。
A子は席に案内される前にトイレへ。
私ひとりが席に案内されてすぐに、通路を挟んだ向かいにB子が案内されてきた。
C男と友人カップル(彼女はB子とC男の幼馴染。彼氏も中学からの付き合い。同じ大学だが学部が違う)の
計四人での旅行計画を話し合いに来ていた。
C男は今トイレに行っている。

ということを話してたら、トイレのほう(私たちがいる席からは死角)から怒鳴り声が。
何だ?声からして男二人と女か?とか思ってたら
B子が「C男の声!」とか言ってトイレのほうへ走っていった。私も遅れて追いかけた。

そこには、床に倒れながらわめく男を取り押さえるB子とC男が。その横でA子が呆然と立ってた。
トイレを出たところでA子とC男がばったり会い、少し話をしていたらこの男が突然怒鳴りながらC男に殴りかかってきたらしい。
A子に事情を聞いたら「私の彼氏・・・」
そういえば、サークルの合コンで会った男と付き合い始めたって言ってたっけ・・・。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

20: 名無しさんといつまでも一緒 投稿日:2009/07/19(日) 23:23:09
弟のW不倫がバレた時はそれは修羅場だったなぁ
二人で行方くらまして連絡がつかないって嫁から電話があって
散々探し回って見つけて、そのまま馬鹿二人捕まえて実家に連行
相手の鬼プリは明らかにメンヘラと分かる風貌 

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

458: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/09/05(木) 12:03:49.17 ID:NTtaaO92
元妻の不倫が発覚して離婚したのが最大の修羅場
長々書くのはめんどいので少し簡潔に
3年前の話だが、繁盛期の関係で連日仕事からの帰宅が深夜になっていた
今日の仕事は午前中だけでよいと社長からお達しがあったので、
家に帰ると寝室で不倫相手と一戦交えていた

この記事の続きを読む >

 (8コメント)

139: マドンナの豹変 2009/11/07(土) 18:44:16 ID:ue8tnrNo0
私の体験を投下します。
これはかなり昔のことで、ICレコーダーなんてものはなく、単行本より大きなカセットテープレコーダーを持って
踏み込んだ話です。

私・・・男。友人と同期。当時独身(後の妻と交際中)。
友人・・・男。同期の出世頭。既婚。当時まだ子供なし。
マドンナ・・・友人の妻。
部下A・・・男。友人の部下。その年入社したばかりの新人。
が主要人物です。

当時、皆工場の近くに住んでいることと、住宅地が小さいことで、我々は近くのマンションに住んでいました。
男だらけの職場で、単身者も多く、家族持ちは家族ぐるみの付き合いをしていました。
休日は職場の家族も連れてバーベキューをしたり。今の若い人たちはこういう会社の付き合いを嫌がりますが
当時としては会社のカラーもあり、当たり前の光景でした。
中でも目立った存在が同期の出世頭である友人の妻で、そんじょそこらにはない美貌とモデル体系(八頭身!)
上司にも礼儀正しく、部下・後輩にも腰が低く、男性にも女性にも誰にでも分け隔てなく優しいため、
我々単身者の中ではちょっとしたアイドルで、マドンナと呼ばれていました。
マドンナという呼び名自体が古い感じですね。

一方友人は一流国立大出身、愛想はないが性格もよく仕事も一番できて、誰もが認める同期の出世頭でした。
ただ、背が低くマドンナと同じくらいで、顔は悪くないのですがひょろひょろともやしで若ハゲでした。
下世話な話ですがあっちも小さくて、友人がマドンナを満足させられてないのではないかと本人のいないところで
茶化されていました。
とはいえ、マドンナと呼ばれるだけあり、彼女は愛想はいいのですが男性に媚びることなく毅然とした人で、
彼女が誰かと浮気するなど考えられない人柄だったのです。

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

506: 恋人は名無しさん 2010/01/09(土) 01:48:40 ID:CfYxac4B0
友達(♀)が一方的に婚約破棄された。
それでも未練タラタラだったから、みんなで仕組んで修羅場に叩き込んでやった。

この記事の続きを読む >