鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:修羅場

 (0コメント)

ダウンロード (1)

83: おさかなくわえた名無しさん 2019/02/03(日) 10:34:17.61 ID:ub6Fj8Oj
大昔に見た新婚さんいらっしゃい系の番組で見た新婚夫婦が衝撃的だった。

番組に現れた新婚夫婦は一ヶ月くらい前に結婚したばかり…だったと思う。
夫が妻に対して不満だか悩みがあるとかで、タレントが「それはどのような?」と聞くと、
「妻が男にモテモテすぎて困る」。
タレントは「奥さん、可愛いもんねー」みたいに破顔。

そこまでは微笑ましかった。

夫「本当にモテモテで、交際中はよく浮気をされ、何度も別れたり、
別れかけたりしたが、どうしてもこいつの事が好きで……
婚約中も浮気されたし、入籍直前も他の男とデートしやがって。
でも最終的に俺を選んでくれたんだから全て許しますよ(意訳」

タレント「夫さん、男前ですな~~~。どうですか、奥さん、この男の愛!
入籍したんですからもう他の男にほいほいついてったら駄目ですよ!(意訳」

妻、えへへーと笑いながら、
「実は最近、浮気しましたー♪」

夫&タレント
「……え」真顔

妻「モトカレの○○君と、えへへ うち(自宅)でやっちゃいましたー
夫くん、ごめんね! え、時期ですか? えーと、先週?」

夫の真顔は戻らず、それどころかゴミくずを見る目で妻を見る。
直前までの空気がカラッと変わって、微妙にオロオロしたまま口をつぐむ妻、
タレントもあわあわ状態で、フォローのしようもなく……

衝撃的すぎてその後の事は覚えてないけど、確か生放送だった。

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

24

305: おさかなくわえた名無しさん 2019/01/25(金) 09:57:14.39 ID:TsLm5OdD
大した修羅場じゃないですが、どこに書いていいのか分からないので...

夫が離婚理由を知らないこと

夫の暴力と暴言で離婚したんだが、夫は地元では有名な人格者
誰に話しても信じてもらえず、なにより夫自身、自分を人格者だと称える始末
私を殴ったり怒鳴ったりするのは全く記憶に残らないそうで
「俺ほど立派な男はいない」が口癖だった
怒らせると何をするか分からないとはこの男のことで、キレるとめちゃくちゃだったから
本当に事を言ったら実家の親でも殺しかねないので
あくまで「立派なあなたに私は不釣り合い」だと繰り返し唱えて離婚した
今、元夫は自分に似合うと考えた30も年下の(なぜか)キャバ嬢に求婚してるらしい

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

885

363: おさかなくわえた名無しさん 2018/11/07(水) 11:07:24.89 ID:nUtbs1Sd
10歳位の頃に寝てる間に伸ばしてた髪を母にザクザク切られた。
それから母が怖くて何となく距離置いてたんだけど、最近になってなぜあんな事したのか聞いてみた。
そしたら教えてくれた話が修羅場だった。

当時アメリカに住んでたんだけど、同じ町に性犯罪者が引っ越してきた。
当然町は騒然となって、めちゃくちゃだったらしい。

私の記憶でも例えばスクールバスのバス停まで保護者が迎えに来ないと降ろしてもらえなかったり、
校舎の出入り口に鍵がかかって、先生達が出迎えてたり、
学校の周りにお母さんやおじいちゃんおばあちゃんがたむろってたりしてた。
アメリカの学校は広い敷地に校舎がポンポンと建ってる感じだから入りやすいっちゃ入りやすい。だから怖かったんだと思う。
塀とか無いし。
あと近所の家の前に、おじいちゃんがプールサイドみたいな椅子に寝そべってて、玄関の横にライフル?猟に使うタイプの銃身が長い銃?アレ立てかけてたり、
一般的な家はいわゆるオープン外構っていうのが主流だから、塀のない家しか無かったけど、
何か近所の人がお父さんとお兄さんとで夜っぴて塀を作ってたり、
確かに思い出せば何か変だった。

犯罪に対する危機感って、子供でもちゃんとあるけど、日本育ちの私は犯罪の意味すらよく分かってなかった。
そんなのテレビドラマとか映画の中の話でしかなくて、現実感ゼロ。
緊張して怖がってる友達の中でぼーっとしてた気がする…

父はアメリカ国内で出張も多く、不在がちだったので母は不安でしょうがなかったそうだ。
まぁもし家に犯罪者が押し入ってきたら、父がいても太刀打ち出来そうにもないけど。
そして反対集会に出た痩せ型華奢な母が「なんてみんな逞しいのだろう、私は何てこんなに弱いのだろう」とショックを受けたらしい。
おばあちゃんすら母よりはるかに逞しかったそうだ。容易に想像できる。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

ダウンロード (80)

769: おさかなくわえた名無しさん 2019/01/09(水) 16:34:37.96 0
他の修羅場話に比べたら小さいことなんだけど、
義父のせいで気まずい思いをしている話をさせてください。
初めて書き込むので、お目汚しになると思いますが…
誰にも言えないので吐き出させてください。

義姉の結婚式で義父が
「私ちゃんのほうが綺麗だった」
「私ちゃんの結婚式のほうがよかった」
って言いまくったから立場がなくなりました。
義母も義姉も聞いてるのに。

ちなみに義姉は北川景子に似てる派手めの美人で、
私は目の細い小デブ。

結婚式でそんなこと言われるなんて、
いくら私がブスでも義姉にとってはトラウマかもしれない。
絶対違う やめてください とか色々言ったけど、
私が何言っても足りない気がしました。

私の顔なんて見たくないんじゃないかと思って、
義姉には後から旦那にフォローしてもらいました。

自分がブスであることが事態を少しマシにしている気もするので、
ブスでよかったなあと初めて思いました。

生ぬるい修羅場ですみません。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

1419

473: おさかなくわえた名無しさん 2018/06/22(金) 11:45:25.66 ID:F19dQ2tE
10年以上前の話

当時小3だった俺のクラスではドラマとか映画とかで人が死ぬ寸前に「幸せになれ・・・よ・・・(ガクッ」とか「あとは任せ・・・た・・・(ガクッ」みたいな
死ぬ寸前のシーンを真似るのが何故か滅茶苦茶流行った
ほぼ皆「あとは任せた(ガクッと同時に白目」ってセリフを使ってて例えば
ドッジボールで当てられた内野の人が外野に移動する時に仲間の内野にそういう感じで使ったり
体育の選手交代時に交代で下がる生徒がコートに入る生徒に使ったりとかそんな感じ
周りにいる人大勢で爆笑するもんだから兎に角みんな面白がって使いまくってた

ある時仲が良かったAとBと3人でいつも通り下校してたらわき見運転の自動車が歩道に突っ込んできて
俺とAは捻挫やかすり傷、たんこぶ等で軽傷だったんだけどもろに衝突したらしいBがありえない方向に腰から下が曲がってて
口から血吐きながら「あとは・・・任せ・・・た・・・」とか言って目を閉じた
俺とAはビックリというか衝撃が凄すぎて何が起こってるのか理解出来ないまま近くにいた人が呼んでくれたらしい救急車が来て
俺とAはBとは別の救急車に乗せられたんだけど救急車の中でずーっとさっきのBのシーンが頭から離れなかった
Bは暫く昏睡状態で2日後くらいにBのお母さんからうちに亡くなった連絡が来た時はもう俺の精神状態はやばかった
何をしててもBの最後が頭よぎるし夢でも見るし暫くショックで学校休んで病院行ってた

なんか文にすると軽いな
でも今もTVなんかでそういうシーンを見るとBの最後が頭をよぎって泣きそうになってしまう修羅場中

この記事の続きを読む >