鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:修羅場

 (2コメント)

001

654: おさかなくわえた名無しさん 2018/04/17(火) 18:28:44.81 ID:uBoyGxog
これから修羅場?の話かも知れないが・・・

結婚4年目、俺と嫁は本当に仲の良い夫婦だ
子供はまだいないがお互い仕事が終われば寄り道もせずに帰宅して一緒に食事をし晩酌しながらその日の出来事を語り合ってた
休日もだいたい一緒に居てデパートへ行ったり共通の趣味である野球やサッカーの試合をテレビや現地で観戦したりする

そんな嫁がある日を境に帰宅が急に遅くなり休日も一人で出掛けるようになった
一緒にいても会話をすることがあまりなく嫁は心此処にあらずという感じで夜の行為も疲れてるからと拒否された

そんな状況が1ヶ月も続けば当然浮気を疑ってしまうよね?
で、悪いと思いながらも昨夜嫁の携帯をチェックしたら俺の弟の嫁さんと深刻な話を・・・
どうやら弟が浮気をしてて弟嫁が普段から仲の良い嫁に相談してたみたいだ(俺には言わないでと弟嫁から嫁に口止めもされてた)

後出しになるが嫁はバツイチ
21才で結婚をし23才の時に旦那の浮気が原因で離婚してる
その時の嫁はかなりボロボロになったらしい。
そんな経験をしてる嫁が弟嫁をほっとけるわけもなくかなり感情移入しながら相談に乗ったり証拠集めに協力したり励ましてるみたいだ

俺の脳内修羅場は解決したが弟がやらかしてると思うとちょっと鬱になるな
俺の親父は浮気を絶対に許さないタイプの人だ
結婚時に嫁の過去を知った親父に「オマエが浮気をして嫁さんを泣かせたら殺すぞ」とまで言われた(ガチでやりそうな親父だ)
弟が浮気をしてたら親父は絶対に許さないだろう
発覚後は家族中を巻き込んだ相当な修羅場になりそうで嫌になるな


まあ、俺は弟になんも言わないし、嫁からカミングアウトされるまでは知らないフリして嫁をさりげなくサポートするよ

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

79

8: おさかなくわえた名無しさん 2018/08/30(木) 19:43:16.49 0
まとめを見て思い出した

子供を捨てて男と逃げた母親が、私の職場に凸ってきたのが修羅場
子供の頃からの抑圧された感情や、母親への嫌悪感や、その前後の環境による精神の負担とか、
そういうものが辛かったけど、それを友人とかに吐露するのがどうしても怖くて、
嫌な視線に晒されながらも笑わざるをえなかった状況がとかくしんどかった

あの状態で心を病まなかったのは僥倖にも思える

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

images

363: おさかなくわえた名無しさん 2018/11/07(水) 11:07:24.89 ID:nUtbs1Sd
10歳位の頃に寝てる間に伸ばしてた髪を母にザクザク切られた。
それから母が怖くて何となく距離置いてたんだけど、最近になってなぜあんな事したのか聞いてみた。
そしたら教えてくれた話が修羅場だった。

当時アメリカに住んでたんだけど、同じ町に性犯罪者が引っ越してきた。
当然町は騒然となって、めちゃくちゃだったらしい。

私の記憶でも例えばスクールバスのバス停まで保護者が迎えに来ないと降ろしてもらえなかったり、
校舎の出入り口に鍵がかかって、先生達が出迎えてたり、
学校の周りにお母さんやおじいちゃんおばあちゃんがたむろってたりしてた。
アメリカの学校は広い敷地に校舎がポンポンと建ってる感じだから入りやすいっちゃ入りやすい。だから怖かったんだと思う。
塀とか無いし。
あと近所の家の前に、おじいちゃんがプールサイドみたいな椅子に寝そべってて、玄関の横にライフル?猟に使うタイプの銃身が長い銃?アレ立てかけてたり、
一般的な家はいわゆるオープン外構っていうのが主流だから、塀のない家しか無かったけど、
何か近所の人がお父さんとお兄さんとで夜っぴて塀を作ってたり、
確かに思い出せば何か変だった。

犯罪に対する危機感って、子供でもちゃんとあるけど、日本育ちの私は犯罪の意味すらよく分かってなかった。
そんなのテレビドラマとか映画の中の話でしかなくて、現実感ゼロ。
緊張して怖がってる友達の中でぼーっとしてた気がする…

父はアメリカ国内で出張も多く、不在がちだったので母は不安でしょうがなかったそうだ。
まぁもし家に犯罪者が押し入ってきたら、父がいても太刀打ち出来そうにもないけど。
そして反対集会に出た痩せ型華奢な母が「なんてみんな逞しいのだろう、私は何てこんなに弱いのだろう」とショックを受けたらしい。
おばあちゃんすら母よりはるかに逞しかったそうだ。容易に想像できる。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

cry

137: おさかなくわえた名無しさん 2018/11/16(金) 14:07:41.44 ID:eFocIc7h
いいなーと思ってた人に付き合って欲しいと言われた。
嬉しくてオッケーしたら「ただ…実は…」と
「メンヘラの彼女がいて別れたくても別れてくれない。別れ話をしたら自殺未遂をされて、不安定で何度別れ話をしても大暴れで号泣されて死ぬ死ぬ詐欺をされて別れてくれず困ってるんだよね…でも、俺が好きなのは君なんだ!君となら一緒に乗り越えれると思ってる!」
と言われたとたんにスーッと冷めて「あ、やっぱり今のオッケーなしで…」と言っていた。

「一緒に頑張ろ!」みたいなスタンスで修羅場に巻き込むなよ…。下手したらメンヘラに刺されるの私じゃん。

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

images (34)

959: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/03(金) 00:22:28.17 ID:bQx62/JY
自分がかろうじて知的障害じゃない程度の、割とギリギリ規定内の人間だったこと
兄と姉がいるんだけど、既に家族間で財産分与の予定が決まってたこと

兄姉私の順で、兄と姉の年齢差は2、姉と私の年齢差は6
私だけ不自然に開いてるのは姉が生まれた直後に父が修行を終えて独立したから
私自身は学校の成績も中の中で、忘れっぽいところはあるけど、メイクもオシャレも好きだし
ワープア気味だけどそれは今時珍しくもないし、そこそこ一般人だと思ってた
今まで割と普通に生きて来られたのは、両親が厳しく躾てくれたからだった
兄と姉は普通だし既婚、二人とも遠方で子供もいる
(私だけ家に残って家業手伝いしてる)
だから、それぞれに家を買う援助をする代わり、遺産全て私に譲ることで兄も姉も納得したらしい
その生前分与を済ませた現時点(父還暦)で、持ち家以外の財産はほぼナシ、でも父は自営だから定年がないので限界まで頑張るとのこと
お前ももう25だからと打ち明けられたことが私の精神的修羅場

この記事の続きを読む >