鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:交通事故

 (12コメント)

574

714: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/13(金) 02:12:53.37 ID:6p3KLvUc
もう寝るから書き逃げ
自分の人生最大の修羅場
もう5年前の話だが、自分は交通事故にあったらしい
らしいというのは、横断歩道の信号待ちしてて・・・でそれ以降の記憶がなかったから
気付いたら知らない天井
その事故があった日から一年半近く経っていた
生死をさまようレベルだったと聞いた
自分が目覚めたのを聞いて、両親が駆け付けてきてめっちゃ泣かれた
思いっきり泣いた後、信じられないことを言い出した
自分が意識不明だった一年半に嫁と子供が亡くなったと言われた
嫁は脳梗塞、子供は吐瀉物が喉に詰まって窒息死だった
まだ一歳にも満たない我が子と愛する嫁を気付いたら失ってた
あの時ほど絶望したことはなかったよ
丸一ヶ月くらい無気力で、時には嫁と子供の事を思い出して泣いていた
そんなある日、夢に嫁と子供が出てきてやんの
嫁は何も言わず、ニコニコしてて、子供はキャッキャキャッキャ笑ってた
なんか知らないけど、生きなきゃって気になって、まずは墓参り行かなきゃと思い至った
それから必死でリハビリをして退院当日にその足で墓参りへ行った
嫁と子供がいない我が家が寂しすぎるよ
今では仕事も完全復帰したけど、時々家族を思い出して泣きながら生きている

書いてたらまた泣けてきた
寝る

この記事の続きを読む >

 (18コメント)

bfd12074012fa5b2c8d2402ba58c868e_m
20: 可愛い奥様 2011/03/07(月) 11:32:01.85 ID:5e0Y/xze0
子供が近所のおっさんに車で当てられた。
それもネズミ取りしてたおまわりの目の前で。
陸上アスリートの中学生の娘の、まだ無垢な太股にざっくり傷をつけられたものの
ご近所だからと堪えて届けは出さず、「病院代だけ支払ってください」
とお願いしたら
ポケットから小汚い1万円札を出してきて
「これで釣りをくれ」
・・・・・と言われた。



殺してやろうかと思った。 

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

2110

260: おさかなくわえた名無しさん 2009/08/12(水) 17:14:41 ID:+fNa9jr/
恥ずかしかったこと・・・
俺が大学4回、就職面接に60社以上落ちてて、童貞で彼女も友達も居なかった頃
生きてる意味がわからなくなって、玄関から飛び出して
「うわあああああみんな俺が悪いんだうわああ生きててすみませんでしたああ母ちゃんと父ちゃんごめんよおおお」
って道路に寝転がって泣きながら大声で叫んだことかな

すぐにアパートの管理人のおばちゃんが出てきて「私でも60まで生きてきたけん大丈夫よ」と慰められてその日は乗り切った
その日からおばちゃんは、よく晩飯を食わせてくれたり、何かと相談にも乗ってくれた
でも結局、おばちゃん以外からは基地外扱いされて、気まずくなってアパート引き払った
おばちゃんは気にせず居たらいいんよって何度も言ってくれたけどな

即卒2年目、ようやく会社に就職した俺は真っ先に報告に行ったよ
でも管理人室におばちゃんの姿は無く、見知らぬおじさんが一人座ってた
用件を伝えると、おじさんはおばちゃんの弟だそうで、気まずそうに、
おばちゃんは俺が卒業した年の春に交通事故で亡くなったことを教えてくれた

会社員5年目。今でも俺は春になると墓前に報告に行ってる

この記事の続きを読む >

 (6コメント)

ダウンロード (44)

22: 名無しさん@おーぷん 2015/03/23(月)16:45:29 ID:92d
元カノ(以下A子)の話。長いです。
フェイクも入ってるんで辻褄あわんかったらすまん。

当時お互い20歳。A子は大学生(法学部、一人暮らし)で俺は社会人(実家暮らし)。
出会いは友達からの紹介で、知り合ってから割とすぐ付き合った。
A子は大学通いながら居酒屋でバイトしてて、食器洗いばっかしてるらしく手がボロボロだった。
ハンドクリーム塗ってあげたり、俺が会社終わってから家に行ってご飯作ってあげたり(A子が料理苦手だった)。
自分で言うのもなんだけど、結構尽くせてたと思う。A子も俺のために頑張って料理してくれた日もあったし
尽くしてくれて今考えてもめっちゃ幸せだった。お互い時間がある日は一緒にいて、頻繁にA子の家に通ってた。

だけどある日、A子から連絡が来なくなった。電話しても出ないしメールも返ってこない。家に行っても留守。
ありゃーこれはフラれたんかーとか思ったけど、そんなことしないよなって考え直して何回か家まで行ってた。
1か月後ぐらいにA子の家に行ったときめっちゃやつれてる感じの知らないおじさんが出てきた。

何回か切る

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

gatag-00007380

757: 名無しさん@おーぷん 2016/02/19(金)05:03:20 ID:cME
若い頃に譲り受けた空き家が2回も放火の被害にあったのが修羅場でした
1度目は近くの悪ガキが秘密基地代わりにして、3家が半焼
子供には直接会わなかったけど、親たちがちゃんと弁償してくれたのが幸いでした
ただ、周りの家からは白い目で見られましたがw
いくらなんでも年がら年中監視できるわけないのにね

2回目は家の前にいつの間にか出来ていた献花台(交通事故で誰かが亡くなったらしい)に置かれてたお菓子やら本に線香が火種となり、隣の家もろとも全焼
遺族の方たちに抗議して修理代やら慰謝料を出させましたが、かなり時間がかかりました
そんなわけで、こんな曰く付きの建物(と言うか、土地しか残ってないw)を売りに出したわけです
しかし度重なる不幸で査定が少しばかり下がってた
だが、慰謝料などを考えるとむしろ利益が出たのでまあ、よしとするか!
と無理やり納得してました
そんな事が10年前ほどにあり、いまあそこどーなってんのかなーといろいろ調べてみるとなんとまた火事があった模様
本当の本当に曰く付きの土地だったようで手放して正解でした

この記事の続きを読む >