鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:事情

 (11コメント)

new_8c80d60f-s

342: おさかなくわえた名無しさん 2018/06/02(土) 15:44:25.86 ID:3ucNDFbV
ばあちゃんが亡くなって会社を3日休んだ。
俺は2歳の頃に両親を事故で亡くしていたから一人暮らしを始めるまではばあちゃんに育ててもらったし俺からすれば親同然だった。
葬儀も俺が喪主を務める事になったのでその旨を直属の上司に伝えて休みを貰った。
休みが明け、会社の休憩室で先輩Aが話しかけてきた。
このAは普段から年下や後輩をイジっては笑いをとって(いるつもりになって)いる。俺はAが嫌いだったから適当に話を流していたんだけど、
A「普通ばあちゃんが死んでも3日も休まないよなw実はズル休みだったりしてw」
俺「そんなことないすよ」
A「じゃあ、ばあちゃんに聞くぞw俺が降霊してやるからwwアブアブアブアブ~wwwきたきたきたーww
おい!こら○○!(俺の名前)仕事さぼってどこに行ってたんだ!www」
もうこの辺で俺はキレていたのかもしれない。Aにペットボトルを投げつけた後、殴りつけ、壁に押さえつけたところで周りに止められていた。
普段からオラついているAが「あんな野蛮な人間(俺のこと)がいる職場じゃ働けない」と上に申し出て木曜・金曜と休んでいた。
もちろん周りには目撃者がたくさんいたから現場の状況はその人たちによって報告されていたしAの悪ノリだから俺が怒るのも仕方ないと言われたが
直属の上司以外は事情も知らないせいか「でも祖母の葬儀だろ?両親じゃないんだろ?余程のおばあちゃんっ子だったんだな」
とかも言われた。
もちろん手を出してしまった自分が悪いとは思うし、ばあちゃんがもしそれを知ったら「手を出したあんたが全部悪い」って言われると思う。
でも両親を亡くしている俺からすれば親みたいなもんだし、他の人よりもばあちゃんに対する思いは強いから分からないだけかもしれないけど
世間では祖父母の死ってそんなに軽視されてしまうもの?
上司からは「月曜は休んでいいから少し冷静になって」と言われるし、もう辞めてやろうかと思ってしまう。
Aに対する怒りというか世間の感覚が分からなくなってしまった。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

ダウンロード

460: おさかなくわえた名無しさん 2010/02/27(土) 21:39:00 ID:2AWEgRLV
元彼と私は、結婚のために二年間毎月同額を一緒に貯金してた。
名義と通帳は彼のだったけど、信用してたから毎月毎月振り込んでた。
ときどき彼も通帳を見せてくれて、あと○十万で目標額だね!とか話してた。
目標額を達成できることになってた去年夏、そろそろ式や新居のこととか
決めていこうかと話したら、そのたびに彼は話をそらして通帳も見せてくれず。
しびれを切らして問い詰め、無理に通帳を見せてもらったら200万以上あったお金が
一気に引き出されていて、残金が十万ちょっとしかなかった!
彼は「妹の結婚が決まったけど、お金がなくて入籍だけで済ませるっていうから
可哀相だと思って出した。
相談しなかったのは悪かった。でも今度貯めるときは俺が倍頑張るからさ」
私が怒ったら、彼は「だって俺の名義の貯金だよ?お前って結婚したら
夫の収入も全部自分の物にしたがるタイプ?そんな女だったのかよ、最低だな」って…。
私の振り込んだお金を勝手に使ったくせに!
私は欲しいものも我慢して、新生活を夢見てきたのに。彼にとっては私達の未来なんて
妹のために犠牲にしてしまえる程度のものでしかなかったんだ。
何もかもがらがら音をたてて崩れてくような感じだった…。
私が振り込んだ分のお金は、事情を話して元彼のお父さんに返してもらったけど
まだ当分立ち直れそうにない。

この記事の続きを読む >

 (10コメント)

661

281: おさかなくわえた名無しさん 2017/01/20(金) 16:59:02.65 ID:vXc5eCEoO
遠距離の彼氏が秋に泊まりに来る事になった。泊まるとなると布団用意しなきゃって事になったが
うちに誰かが泊まりに来るとって事が今まで無かったので余った布団が無い為貸し布団を借りる事になった。布団屋さんに問い合わせたら一泊2200円。
なので彼氏に事情を話して「食費は良いから布団代だけ出してもらえないかな?」って伝えた。だけど彼氏から「田舎では誰かが泊まりに来てもお金なんか払わないよ」と言った。
反論したらしまいには「金取んな」。母に話したら「○○さんにはいつもお世話になってるしタダで良いよ」って言ってくれたけど…。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

96

601: 名無しさん@おーぷん 2017/04/04(火)17:18:10 ID:V4d
久しぶりに温泉行った。
家族3人水入らず。
一泊して翌日の早朝、朝風呂に行った。
さすがに人は少ないだろうと思ったけど
おじいちゃんがいた。
湯気でよく見えなかったけど、ブツブツ言っていたので
少し離れて浸かっていた。
おじいちゃんは先にヨタヨタと出ていった。
これで貸切じゃんと、湯船を堪能して、さあ上がろうとしたら
そう。俺の下着と浴衣がなかった。
代わりに大きめのパンツとヨレヨレの浴衣が別のところにあった。
盗みとは思えないので、おじいちゃん。ボケとったか。
とりあえず、浴衣着て部屋戻って、妻子に事情話して
宿屋の人に状況を伝えた。
結局誰かわからないまま、チェックアウトになった。
連れの人とか気付かなかったのかな。
特に私物としては下着だけなので別にいいんだけど。
その瞬間はかなり焦った。
パンツはカウンターに預かってもらった。

この記事の続きを読む >

 (8コメント)

otoko

177: おさかなくわえた名無しさん 2009/01/24(土) 00:44:02 ID:nE+yjje4
仕事や私生活が事情によってとても忙しいとき。
彼女にはそのことを伝えてあった。「とても忙しいから連絡や会う回数は減るけど、ごめんね。理解してくれる?」と。
彼女も「分かった」と言ってくれお互い理解していた。そこに、ある意味安心しながらその忙しさをこなしていた。

しかし、ある日メールで彼女が俺に激怒した。
もっとメールをしろ! お前はそんなことすらできないのか!? との口調を荒げて。
冷静になれと言っているのに「お前が悪いんだろ!!」という意味の文章をぶつけてくるだけで冷静にならない相手。
ただでさえ、メールでの会話は誤解を生みやすいんだから冷静になろうと言ってもダメなので、半ば俺も諦めて、全面的に俺が悪かったですということでまとめようとした。

そうしたら
「分かってくれればいいんだけどね・・・。はぁ。こんなことなら、年賀状とか、プレゼントとかも送るんじゃなかった・・・大失敗だ」とのメール。

この一言にサーっと冷めてしまった。
年賀状というのは年末年始の挨拶に出すものだし、そんなものを出し渋るというかそういう風に考える人間の小ささや、考え方が子供すぎる点がどうしても理解できなかった。
連絡が頻繁に出来なかったのは悪いとは思っているが、どうしても理解できなかった俺。

この記事の続きを読む >