鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:中学

 (10コメント)

05

920: おさかなくわえた名無しさん 2016/05/20(金)05:19:01 ID:QPA
小中と結構えげつなくいじめられた上に別段仕返しとかもせず、
防衛本能?からかいじめてきた相手の名前なんかもほとんど忘れているんだけど
(ある意味これも修羅場なのかはわからん)

うちの通っていた中学では「眉毛の処理禁止」という校則があった。
とか言っても女子は大体みんなやっていたけど。
しかし、私は女子にしては昔からあまりにも毛深く、眉毛が濃い。
腕の産毛なんかも剃るのを少しでもサボるともはやすね毛。

なので当然ありとあらゆる毛の処理が必須だったし、
ただでさえ苛められていたのでこれ以上いじられるのはノーセンキューなので、
眉毛も最低限処理していた。

それを運悪く無神経な教師に見咎められた。
あからさまに私よりも細く薄く処理している人がいるのにそっちには声をかけない。
たぶん濃すぎて処理あとが残るのが原因かな、と。
指導室で教師に注意されるだけされたあと、

「なんの手入れもしない状態にすると眉毛が両◯◯吉になる」
「(放置すると)太さが二センチもある眉毛なんて女子としてどうなのか」
「他の女子も目立たない程度に処理している」
「処理しても、毛深くない人程度におさまるようにしている」

と真顔で説明をしたあと、
「それでも処理をしないのは女の子として生きるなと言うことですよね」
と言ったら、無言のまま返されたことをいまだに忘れられない。

当時はそれ以上いじめられたくなくてなんとか言い返したものの、
自分でもこの毛深さには呆れるものがあり、
三十路を過ぎた今更ながらに過去の自分の必死さにじわじわ来つつ
いまだに顔も名前も覚えていない女性教師には腹をたててる。

下らないことではあるけど、今でも毛深さは衰えず困ってるうえ、
昔から母も姉も全く毛深くないので私の心は未だに修羅場です。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

ヤメゴク3-2
374: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/26(日) 17:12:32.40 0
中学の頃にイジメを受けてました、そのイジメである日、近くの893の事務所に行って来い!と 
言われてそれに関してはかなり抵抗しましたが結局は抵抗空しく突撃する事になりました。 

イジメっ子の出した条件は3個 
1、893の事務所の中に入る事(これができたら殴るの免除) 
2、893と握手してる所の写メ(これができたらパシリの免除) 
3、893の名刺かバッチ (これができたらイジメをしない権利1週間) 

上記の様な事を言われた私は精神的にも参っていて「イジメが一週間もなくなる権利が欲しい!」と 
真面目に考えて狙うは全部クリアでした。

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

488
241: おさかなくわえた名無しさん 2015/06/21(日)01:07:35 ID:A1U
もう10年以上前のことだしいいかな、と思って書き込みます。

当時公立の小6の私が、同級生に言われたこと。

大学附属の中学に進学が決まった彼ら(Aとその仲間)が、私の行く中学(半世紀以上前からある高校に中学が新設された)のことを馬鹿にしてきました。
「○○(中学名)ってなんだよ?(笑)」なんでわざわざそんなところ行くの?DQNなの?といったニュアンス

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

ダウンロード (17)
686: 可愛い奥様 2010/05/26(水) 00:39:39 ID:5d7aBHaf0
高校生の頃、中学の頃のやんちゃな先輩のツテで、893の事務所に出入りしてた 
っていっても、ただジュースやおやつをご馳走になったり 
喋ったり勉強教えてもらって帰るだけで 
変な薬や商売を勧められることも無かったし、何一つ危ない目に遭わなかった 

最初先輩に連れられて事務所に行った時は 
とにかく怖くて「もう人生終わった」とまで思うぐらいびびってたけど、 
いつしか自分から先輩を誘って行ったり、 
先輩の都合がつかない時は自分から遊びに行ったりしてた 

ジュースやお菓子に囲まれて5~6人でボードゲームやトランプをしたり、 
大学卒の組員のお兄さんに勉強を教えてもらったり、 
悩みを聞いてもらったり、本当に居心地良かった 

でも、高校3年に差し掛かった時に、いつものように事務所のドアを開けたら 
今まで優しかったおじちゃんやお兄さん達が一斉に私を睨みつけて 
「ここをどこだと思ってるんだ!帰れ!」って怒鳴られつまみ出された 
泣きながら「なんで?なんで?」って訊いても 
「いいから二度と来るな!」の一点張りだったんだけど、 
ドアの前でしゃがみ込んで泣いてたら、 
ドアの向こうから震える声で「幸せになれよ」って聞こえてきた 

それから数ヶ月して家族で夕食を食べてたら、 
番組の間に流れる短いニュース番組で暴力団の抗争のニュースが流れてた 
いつも遊びに行ってたあの事務所が、ほかの組に襲撃されて一人死亡 
大学卒の勉強教えてくれたお兄さんの顔写真が出た 
親は「地元じゃないの、怖いわぁー」って軽く流してたけど、 
泣くのをこらえて平然を装うのに必死だったよ 

やんちゃな先輩とは高校卒業するかしないかぐらいからだんだん疎遠になって、 
実家が家を購入して完全に地元を離れて以来、もうずっと会ってない

この記事の続きを読む >

 (8コメント)

05

920: 名無しさん@おーぷん 2016/05/20(金)05:19:01 ID:QPA
小中と結構えげつなくいじめられた上に別段仕返しとかもせず、
防衛本能?からかいじめてきた相手の名前なんかもほとんど忘れているんだけど
(ある意味これも修羅場なのかはわからん)

うちの通っていた中学では「眉毛の処理禁止」という校則があった。
とか言っても女子は大体みんなやっていたけど。
しかし、私は女子にしては昔からあまりにも毛深く、眉毛が濃い。
腕の産毛なんかも剃るのを少しでもサボるともはやすね毛。

なので当然ありとあらゆる毛の処理が必須だったし、
ただでさえ苛められていたのでこれ以上いじられるのはノーセンキューなので、
眉毛も最低限処理していた。

それを運悪く無神経な教師に見咎められた。
あからさまに私よりも細く薄く処理している人がいるのにそっちには声をかけない。
たぶん濃すぎて処理あとが残るのが原因かな、と。
指導室で教師に注意されるだけされたあと、

「なんの手入れもしない状態にすると眉毛が両◯◯吉になる」
「(放置すると)太さが二センチもある眉毛なんて女子としてどうなのか」
「他の女子も目立たない程度に処理している」
「処理しても、毛深くない人程度におさまるようにしている」

と真顔で説明をしたあと、
「それでも処理をしないのは女の子として生きるなと言うことですよね」
と言ったら、無言のまま返されたことをいまだに忘れられない。

当時はそれ以上いじめられたくなくてなんとか言い返したものの、
自分でもこの毛深さには呆れるものがあり、
三十路を過ぎた今更ながらに過去の自分の必死さにじわじわ来つつ
いまだに顔も名前も覚えていない女性教師には腹をたててる。

下らないことではあるけど、今でも毛深さは衰えず困ってるうえ、
昔から母も姉も全く毛深くないので私の心は未だに修羅場です。

この記事の続きを読む >