鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:不誠実

 (0コメント)

7e27b456
776: 恋人は名無しさん 2017/10/11(水) 01:19:44.99 ID:jy5isx4H0
彼氏バツイチ
私 未婚
付き合って10ヶ月
彼氏は賃貸に住み、離婚成立したばかり
家には元嫁のものはもうないから遊びに来てとしつこく言われるが どうしても行きたくない
ソファやベッドはそのまま
数ヶ月前まで一緒に住んでいたと思うとどうしても踏み入れられない
私は実家暮らしなのでデートはいつも外
いい加減お金もかかるしってことみたいですが
私には無理
バツイチ覚悟で付き合ってるなら、遊びに行けるんじゃ?と言われそうですが
離婚したばかりなのがネックです
別れるべきなのか悩んでます

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

1002

376: 名無しさん@おーぷん 2017/02/24(金)17:07:55 ID:ap9
隣のアパートに住んでるシンママが本当にムカつく大嫌い。
幼稚園が娘と同じで、うちのマンションの前にバスがとまる為にバス停で毎日顔を合わせる。
最初の印象は気弱そうだけどニコニコで可愛らしい感じの人だなと思ってた。
その人にバレンタイン直前に声を掛けられて、旦那さんにチョコを渡してもいいですか?と聞かれた。
義理なのか本命なのかよく分からなくて戸惑っていたら好きになってしまいました。だってさ。
いやいや、それは許可出来ないよと言ったら悲劇のヒロインみたいにポロポロ泣きだして、フラフラ家に帰って行った。
私が言うのも変だけど、旦那は私の事が大好きだし、不誠実なことは大嫌いな人なので浮気の心配はしてないけど、それでも不安になって旦那に聞いてみたら誰それ?って感じだった。
もしもなんか言われたら私を呼んで目の前でボロカス言ってやるよって言ってくれたので安心は出来た。
その後、バレンタインは特になんのリアクションも無かったから良かったけど、バス停で会う度にワザとらしくシュンと落ち込んでますアピールしてくる。
毎日、毎日、私の顔を見る度に女優のように「あっ・・・(俯く)」って感じ。
あのリアクション見る度にものすごくイラっとくる。
あーゆー感じに騙される人は絶対居るのが分かる分、本当にやだ。
あの日以来、朝から毎日テンション落とされてイライラしてどうしようもない。
事が何も起こってないだけに変に騒ぎ立てたりも出来なくて辛い。

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

1002

376: 名無しさん@おーぷん 2017/02/24(金)17:07:55 ID:ap9
隣のアパートに住んでるシンママが本当にムカつく大嫌い。
幼稚園が娘と同じで、うちのマンションの前にバスがとまる為にバス停で毎日顔を合わせる。
最初の印象は気弱そうだけどニコニコで可愛らしい感じの人だなと思ってた。
その人にバレンタイン直前に声を掛けられて、旦那さんにチョコを渡してもいいですか?と聞かれた。
義理なのか本命なのかよく分からなくて戸惑っていたら好きになってしまいました。だってさ。
いやいや、それは許可出来ないよと言ったら悲劇のヒロインみたいにポロポロ泣きだして、フラフラ家に帰って行った。
私が言うのも変だけど、旦那は私の事が大好きだし、不誠実なことは大嫌いな人なので浮気の心配はしてないけど、それでも不安になって旦那に聞いてみたら誰それ?って感じだった。
もしもなんか言われたら私を呼んで目の前でボロカス言ってやるよって言ってくれたので安心は出来た。
その後、バレンタインは特になんのリアクションも無かったから良かったけど、バス停で会う度にワザとらしくシュンと落ち込んでますアピールしてくる。
毎日、毎日、私の顔を見る度に女優のように「あっ・・・(俯く)」って感じ。
あのリアクション見る度にものすごくイラっとくる。
あーゆー感じに騙される人は絶対居るのが分かる分、本当にやだ。
あの日以来、朝から毎日テンション落とされてイライラしてどうしようもない。
事が何も起こってないだけに変に騒ぎ立てたりも出来なくて辛い。

この記事の続きを読む >

 (8コメント)

469: 可愛い奥様 2012/07/28(土) 15:06:21.03 ID:JVYi9Eby0
結婚して3年目。 
当時の上司が渋くてモロタイプ。向こうもまんざらでもない感じ。 
ある日、上司の車で出張した帰りにキスされて完全に「どうにでもして」モード。 
忘れもしない、ラブホ手前の交差点で赤信号。 

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

175: 恋人は名無しさん 2007/07/19(木) 13:53:50 ID:1cmI9kZK0
暇つぶしに年下彼とのプチ修羅場の話をば

3歳年下の彼氏にアプローチされて、一緒に出かけるようになった
でも、言葉の端々というか言動というか…ちょっと信頼できない部分があったので
「付き合おう」といわれても保留していた時期の話

その日、いつものように昼前に彼の部屋にいき、お昼ご飯を食べて、午後から習い事に行く予定だった
駅から歩いていくと、彼のマンションの前に若い女性が立っていた
背がちっちゃくてかわいらしい女性
「なんだろう?」と思いつつとりあえず通り過ぎ彼の部屋へいった
彼にその話をすると見るからにあわてた様子で顔が真っ青に
その時「ピンポーン」とチャイムの音
彼は「ちょ・・・あの、奥でまっててもらっていい?」と露骨に怪しい態度
これは何かあるなーと薄々わかりつつ、面倒なので奥の部屋へ

しばらくして、玄関で女の泣き喚く声とボソボソという彼の声が聞こえてきた
「さっきの彼女は元カノか何かかで揉めてるのかな…」と思っていたら突然ドアが開いた
そこに仁王立ちになっていたのはさっきの女の子
涙と鼻水でボロボロになりながら「わ・・わたしのかれ!!かれっ!!!」と私に襲い掛かってきた
あわてて後から彼女を羽交い絞めする彼
「だから違うんだってば!この子はただの友達で。
 俺に一方的に好意をもってるから毎週勝手に来てるだけで、俺はお前のことが好きだから!」と訴える彼

この記事の続きを読む >