鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:不機嫌

 (1コメント)

gatag-00007101

123: おさかなくわえた名無しさん 2017/12/31(日) 04:30:20.00 ID:GLAqJVn20
彼に年末年始は家で過ごすと伝えたらじゃあクリスマスは遊ぼうと言われそうしました
二日間一緒にいて、いつもよりいい食事をしたり高い場所に行きたがったり
全て割り勘なのもあって結構な散財もしてしまいました

それもあり年明けまで家でゆっくりしていようと思っていましたが
さっき連絡があり今日泊まりで会おうよ!と
私はお正月の番組が好きで、毎年年越しは複数の番組を録画してチャンネルを変えながら
カウントダウンの後に朝までお笑い番組などを見て過ごすのが習慣です

それを伝えると録画でいいじゃん、それかテレビのあるところに行こう
他に誰かと会うの?などと聞かれ違うと言うとじゃあどうしてだと不貞腐れてしまいました
直前に急に誘われて断ったら不機嫌になられても正直困ります
みなさんイベントは必ず恋人と過ごしているのでしょうか

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

544

371: おさかなくわえた名無しさん 2009/05/02(土) 02:32:03 ID:UGjSBiUF
以前付き合っていた彼女のこと
付き合う前はお互い名字にさん付けだったので、付き合ってから呼び方を変えようと思い、ある日名前にちゃん付けで呼んでみた
すると三回くらい呼んだところで彼女が不機嫌に。
曰く、ちゃん付けは子供扱いされてるみたいで嫌だという。
彼女は年下だったが子供扱いしてるつもりはなかった。
でも彼女が嫌ならと、日をあけて次は呼び捨てにしてみた。
呼んで一回目にして彼女はキレた。
曰く、命令されてるみたいで嫌だという。
そんなつもりも毛頭なかった。
じゃあなんて呼べばいい?と聞いたら、あだ名がいい、今夜考えてメールするというので待った。
その夜メールが届き、wktkしながら開くと「ななぽん」か「のんたん」か「あーしゃん」って呼んでと…。
たんぽん付けは構わなかったが、彼女の名前は「えり」だ。
並べられた別の名ばかりを見てたらすーっと冷め、何故「ななぽん他」なのか理由も聞かずに別れた

この記事の続きを読む >

 (8コメント)

066

198: おさかなくわえた名無しさん 2009/04/28(火) 09:19:43 ID:g7Kml7BE
ショッピングモールに行った。
なかなか駐車場に空きがなく、入り口まで歩かないとダメかなあと思っていたら
彼氏は障害者用スペースの前で一時停止。
私「ちょ!ここ止めたらダメじゃん」
彼氏「いいじゃん、誰も止めてないし」
私「…」「そういうのって、人としてどうかと思うよ…」

その後は別の場所に止めたけど、ずっと不機嫌で結局別々に帰ってきた
モラルのない奴は嫌い。どういう躾受けてきたんだか

この記事の続きを読む >

 (8コメント)

images (1)

67: おさかなくわえた名無しさん 2012/03/24(土) 08:28:40.53 ID:7laQlRDl
彼女に「絶対感動するから」とある漫画を貸されて読んだ。
(映画にもなった、ホームレスのおっさんが犬と死ぬ話)
だが悪いけどそれほど感動できない。
むしろ主人公のふがいなさにイライラするだけだった。
感想を求められたのでそう答えたら彼女超不機嫌。
「これで感動しないとかおかしい」とまで言われた。
しかも以来勝手に冷血キャラにされて、映画や本で俺が「感動した」と言うと
「へーえ、俺君を感動させるとか全人類が泣くねー」とか皮肉を言う。
俺はどっちかというと感動話には弱い方だっつーに。
自分の価値観を押し付けないで欲しい。

この記事の続きを読む >

 (10コメント)

555

13: おさかなくわえた名無しさん 2017/08/24(木)10:30:34 ID:Los
理不尽冷めかもしれないけど。

箸が転がってもおかしい頃、10歳年上の人と付き合ったことがある。
私から好きになって告白して付き合うことになり、交際3ヶ月で順調だったある日。
ドライブデートしている最中、お昼どうしようか?ってなった。
看板を見ながら
「うどんって気分じゃないし、マックもねー……パスタもなんだかなー」
て感じでなかなか決まらず、結局ファミレスに入ることになった。
メニューを見ながら迷っていたら、彼氏が
「俺はヒマツブシにしようかな!」
て言った。

私は言い間違えネタを見る度
「他はあるだろうけど、流石にひつまぶしを暇潰しに言い間違える人なんていないでしょw」
て思っていたから、突然目の前にその有り得ない言い間違えをする人が現れたこと。
しかもそれが、大の大人である彼氏だったことがおかしくて仕方なくて
「えw暇潰し?w暇潰し?wwwww」
て小声で言いながら、声を押し殺して大笑いした。(語彙力なくて日本語が変なこと陳謝!)

最初は彼氏も照れ笑いしていたけど、涙が出るほど笑っていたら彼氏が怒ってしまい、注文せずにお店を出てしまった。
慌てて店員さんに声掛けて謝って、彼氏を追い掛けて謝ったけど
「今日はもう帰ろう」
て言って、送ってくれてる道中(1時間くらい)ずっと彼氏は不機嫌だった。どんなに謝っても
「言い間違えなんて誰だってあるのに、あんなに笑わなくてもいいんじゃね?」
とか他の内容はもう忘れちゃったけど、ずっと文句言われて
「気分悪いわーマジで」
とかずっと独り言のように言われて
「大人のくせに器ちっちゃ!」
て思って冷めた。

今考えたらJKに手を出す時点でヤバイ奴なんだけど、当時は
「社会人の大人な彼氏!」
て自慢していて、高校卒業したら結婚するつもりでいた。
そのことが力になって、留年しないように勉強頑張ってたのになー。

後日電話で別れ話をした時、粘られた挙げ句
「お前にいくら使ったと思ってんだ!」
て言われて完全に冷めきった思い出。
ガソリン代入れて高く見積もっても、せいぜい3万くらいでしょうに。
当時はガソリン代なんて概念なかったから、尚更みみっちく感じた。

この記事の続きを読む >