鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:不審者

 (1コメント)

ダウンロード

123: おさかなくわえた名無しさん 2019/04/15(月) 18:55:07.89 ID:Q8XAx/Pz0
困ったことになった
彼とアパートで同棲してるんだけど、三日間連続で同じ時間に女の不審者が訪ねてきて、気持ち悪い
チャイム鳴らしたあとドンドンとドア叩いて「すいませーん!×××(何言ってるか聞き取れない)、すいませーん!×××」って叫んで、すぐいなくなる

彼氏も「毎日来るほど用があるなら普通出るまで待ってると思うし、不審者だよ」って言ってる
三日間連続で明日からも来るようなら警察に相談しようかな

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

ダウンロード (2)

457: おさかなくわえた名無しさん 2014/09/28(日) 00:40:05.18 0
流れ読まずにフェイクありで。

私は小一の時、不審者(おっさん)に遭ったことがある。その時は抱きつかれて心臓の音を聞くような謎の仕草をされ、医者か何かだと思った。バカだった。
家に帰って「変なお医者さんいたー」と母に報告、詳しく聞かれたので詳しく話すと真っ青になって警察へ連絡。
家に警察が来て、色々聞かれた。
結局犯人は見つからなかった。

数年後、中学生になった私はテレビを見ていて、急に「あーー!!!この人!!!」と叫んだ。
その時テレビでは猟奇的殺人事件かなにかの特集をやっていた(世界〇天ニュースみたいな)。
テレビに映ったのは、昔大きく取り沙汰されてた女児誘拐殺人事件の犯人の顔。
そしてその顔は、かつて私が遭った不審者と同じ顔だった。

私の修羅場と言えばこのくらいしかない。

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

ダウンロード

423: おさかなくわえた名無しさん 2016/07/16(土)21:53:29 ID:XMn
相談です。不慣れなので変な所ありましたら申し訳ありません。

先ほどチャリで信号待ちしてたらめまいしてチャリごと倒れました。
足ひねっただけで済んだのですがチャリ乗れないので押して帰りました。
以前不審者いたので帰り道怖いのと痛いので婚約者に電話したのですが出ません。

婚約者は肉体的にハードな仕事のため、
二年付き合ってますが20時には電話がつながらない事は付き合い当初から一切変化なし。
電話に出なかった理由は寝てたが最多で後は気づかなかったと言ってます。浮気はしてません。

これから結婚して20時以降に事件、事故等あった場合の事を考えたら不安になります。
ちなみに私の帰宅時間は20時頃で彼氏は遅くても17時です。

彼氏と話合いしましたが、結局答えは出ずませんでした。
万が一の事を考えてしまう件は私のワガママか聞いたところ「わからない」。
単に私が考え過ぎやワガママなのでしょうか。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

411

458: おさかなくわえた名無しさん 2016/01/12(火) 01:46:20.22 ID:LmkbCGxp0
今彼女と喧嘩した
内容は明日のデートを何時に帰してくれるかというもの。
彼女とは4月から遠距離になってしまうので少しでも一緒にいたくて、俺は終電まで一緒にいたいと言ったが、彼女は、夜中は不審者とかも怖いし親が送ってくれる時間で帰りたいと言い出した。
確かに彼女の安全を考えるとその方がいいのかもしれないけれど、彼女は夜遅くまでバイトしていて、終電で帰ることも多いので、全くその言い分が納得出来ない。
しかも彼女は、彼氏は彼女を早く帰す、家まで送るのが当たり前だと思ってたなんて言い出した。
確かに一理あるかもしれないが、俺と彼女の家までは電車で2時間半はかかる。
しかも俺は彼女の身を考えてナンパなどのことを色々言って考えていたつもりだったのに、そんなことを言われてキレてしまいました。
これは俺が納得できないのもしょうがないと思うんだが、どう思う?女性からの意見も聞きたい。

この記事の続きを読む >

 (6コメント)

160723-300x250
680: おさかなくわえた名無しさん 2015/11/16(月)00:18:52 ID:983
2年程前の修羅場

現旦那と遠距離恋愛していた私は結婚するにあたり、関東から大阪に引っ越した。
大阪は治安が悪い!というイメージが強く(大阪の方すみません)住む場所は治安の良い所を最優先で決めた。

駅からは遠いけど、いわゆる高級住宅地でスーパーが近く、家賃もそれなりの所が見つかった。
私も旦那もガサツな性格なので、人様に迷惑かけないようにと二階建てハイツの1階に入居。
道路からは外れて、ベランダの目の前は駐車場、周りはのどかな田んぼか住宅で、静かな環境だった。

引越してすぐに私の仕事も決まり、猫を迎え入れ、遠距離してた旦那とずっと一緒で喧嘩しながらも幸せな生活を送り始めた。



この記事の続きを読む >