鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:不倫

 (0コメント)

no title
103: 1/2 2010/03/15(月) 01:12:41 0
離婚して良かった! 

残業がやたら増えてた元配偶者。 
ウトメと同居の専業無能だった私。 
ウトメは優しいけれど、子供ができない私に苛ついてた。 
残業で疲れてるのか私に冷たい元配偶者は、 
会社の若い派遣の子とデキてた。 
めでたく赤ちゃんもデキてたらしく、 
元配偶者は私より先にウトメにそれを報告していた。 
一緒に夕飯・日用品の買い出ししていたトメが、 
1人で買い物に行くようになった。 
ウトとトメが話してる茶の間に私が入ると会話がピタリと止まる。 
来年の梅干しは小梅にするか大粒にするかを尋ねたら、 
憐れんだ目で目を反らされ、何も答えてくれなかったり。 

全部が分かった時、私は壊れるかと思った。 
ウトメも元配偶者も明らかに私を邪魔者扱いした。 
もうその頃は、外食に出かけることを教えてもくれないくせに、 
ウトメと元配偶者は勝手に出かけて食べて帰ってくるなんてザラ。 
私の作ったご飯は誰にも手をつけてもらえず、 
いつまでも冷蔵庫に残ってた。 
仕方ないから1人で数日かけてそれを食べていたけど…。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

images (43)

97: 名無しさん@HOME 2016/11/15(火) 11:44:05.29 0
嫁が不倫して、4歳、2歳、生まれたばかりの子供を置いて失踪。そして、嫁の妹が『私を姉の代わりにしてください』ってボロボロ泣きながら、抱きついてきたときが最大の修羅場。
俺の親と仕事上、切っても切れない関係だった嫁親は、俺には平謝りだったが、嫁妹には体を売って慰謝料を稼げと言っていたらしい。
可哀想に、真っ青な顔でガタガタ震えながら、ごめんなさいごめんなさいって謝ってた。
どんなAVだよ…と思ったが、手を出せるわけもなく、とりあえず、逃がした。
嫁妹とは、それっきり会っていなかったが、今朝、偶然、出張先の主要駅で声をかけられたので、吐き出し。

この記事の続きを読む >

 (9コメント)

0566

648: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/12(火) 17:16:55.67 ID:VpxcN324
私の母の友人は、男に騙され入籍され
実家の財産も全て失い生き地獄に堕ちた。
だから、子供達の連れてきた異性は全員調べる!と常々言われていた。
コレが前提。

「俺の子供を産んで欲しい」
とつきあって1年の彼に言われた。
私はコレをプロポーズと受け取った。
でも、彼は避妊をやめようとするばかりで
指輪を買うでも、親に紹介するでもない。
本当に「子供を産むだけ」させようとしているのかな?と疑惑に思い始めた。
そして、母に「プロポーズされた」と相談。
母は早速興信所に調査を依頼した。
結果、彼は
単身赴任中の既婚者
30歳は嘘で、実は40歳
彼の郷里では、彼の祖父母と彼の父を介護する彼の嫁がいる
彼の嫁は病気で子どもの産めない身体になっている
彼の妻は彼の借金を一緒に背負い、彼女の実家を売った
という事実がボロボロ出てきた。
母は激怒し、娘(私)の名誉を守るために弁護士に依頼。
私が不倫と知らずにいたことを証明し、相手方に慰謝料請求。
もちろん内容証明の送り先は彼の妻の住む、彼の実家。
弁護士を通じ、彼の勤務先にも連絡。
彼の妻はショックで介護を放り出し、出奔。
彼は勤務先にいられなくなり退職。

恋が冷めた・・・というより、私は今放心状態。
でも、これから先、まともに人を信じられるかどうか、本当に自信がない。

この記事の続きを読む >

 (8コメント)

152

922: 名無しさん@HOME 2013/08/25(日) NY:AN:NY.AN 0
ありがちだけど、自分の不倫がバレた時が修羅場だった
ばれる前、私は自分から不倫相手に別れを告げていた
不倫相手に「あんなつまらない家族に縛られてて
○○(私)がかわいそうだ」みたいなことを言われた時、
私の旦那も娘もつまらない人間なんかじゃないわ!と怒りを感じ、
自分が家族のこと好きなんだと改めて実感
不倫してることがアホくさくなり相手に一方的に別れを告げた

…で、心を入れ換え旦那&娘を第一に考えるようになり、
一件落着だと思ってたんだけど、実は私の不倫は
バレてないと思ってのにすっかりバレてて(我ながらすごい間抜け)
不倫終了から数日経ったある日、旦那から証拠と一緒に
離婚届を突きつけられて一気に頭真っ白になった
だいぶ前から離婚に向けて動いてたらしく、
自分でも目を覆いたくなるような画像やら生々しい音声やら
報告書の内容もぐうの音も出ない真実だらけ

娘が私に冷たかったのは、てっきり思春期のせいだと思って
そのうち元通りになるとさほど気にしてなかったけど
実は私の不倫を知ってて怒ってたからだと聞いてさすがに震えた
もう別れたと弁解したけど不倫していた事実そのものを責められ
取り付く島もなく離婚を迫られどうしようもなくただただ号泣

ウトメにはキレられ、母親には泣かれ、父親には頬を引っ叩かれ、
旦那にはものすごく冷たい目で見られ…
正直あの時の旦那の冷たい目が一番堪えたと思う
娘は私ではなく旦那の方に付いていくと宣言してると聞かされ、
旦那だけでなく娘にも嫌われる恐怖で本気でガクガク震えた
パニックになりどうしていいかわからず本当に泣くしかなかった
結局、謝罪に謝罪を重ねて離婚だけは勘弁してもらった

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

no title
55: 名無しさん@HOME 2012/04/18(水) 14:11:52.79 0
吐きださせてください。

結婚の約束してた彼氏が、妻子持ちでした。
私、31歳。男35歳。
3年つきあっていて、バレたきっかけは、彼の部屋にあった「扶養控除申請書」。
私の部屋に転がり込み、掃除も料理も私にやらせておいて、実際は
単身赴任だった、というオチでした。
その場で問い詰め、窓ガラス割るぐらいの喧嘩しました。
彼は逆ぎれして、そのまま「頭を冷やせ!」と出て行ったので、彼の荷物全部まとめて、
実家(と聞いていた彼と奥さん子どもが暮らす家)に送りつけました。

奥さんとも連絡とって話し合い、奥さんのところは再構築するそうなので、
ちょっぴり慰謝料ももらいましたが、気は晴れません。

この記事の続きを読む >