鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:不倫

 (5コメント)

images (15)
626: 名無しさんといつまでも一緒 2013/03/30(土) 11:02:38.00 O
今の時代 復讐にうってつけなもの。 
は2chなんだよな… 
10年経っても怒りと苦しみ収まらず 更に5年経っても駄目だった 
鬼畜よりえげつない裏切りをされるとそう簡単に許すことは出来なかった 
そんな時、元の会社のスレが立ち面白ろ半分で元のファーストネームを書き込んだ 
驚いたのは自分以外のにも大勢の男が被害にあっていることだった 
ファーストネームだけでこの食い付きレスは想像絶するものがあった 
「これはイケる」俺は確信した。こんなにも悪名高かったことにも驚いたが 
こんなにも復讐心を募らせていた奴らが多かったことにもっと驚いた 
伏せ字 当て字 ローマ字を駆使している間にスレの趣旨は元への煽りスレへと変化した 
既に同情心は消えていた 
男を奈落の底に落とし続けた女の悲しき最期である

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

img58722271
380: 1/3 2008/09/22(月) 17:08:24 0
別スレに誤爆しちゃったもう一回…。 
厄落としに書き込みさせてください。 
元の話なんですが、夫と私は結婚10年。 
何度も頑張ったんですけど、子供は出来ず。 
病院で私は見てもらいましたが、異常は無いとの事です。 
トメ(ウトは他界)は、私を一方的に責めます。 
「子供が出来ないのは、お前の腹が悪いからだ!」と。 
夫に何とかしてくれるように懇願しても、面倒くさそうに 
「いやー嵐が過ぎ去るのを待ってよ。いいじゃん、無視してれば」 
で終わりです。 
でも、どう頑張っても出来ないものは出来ない。 
夫に、何度か病院へ行ってくれる様に頼みましたが、 
「そんなの必要あるの?俺どこも悪くねーし。」 
で、無視され続けてきました。 
それでも何度も頭を下げ、やっと病院へ連れて行ったら、案の定です。 
なんと、無精子で、若い頃なら何とかなったかもしれないけど、もうどうしようもないみたいです。 
夫はショックだったらしく 
「何かの間違いだろう?」 
って感じで、放心状態。 
これで、トメに何とか言ってくれるのでは?って思ったら、間違いだった。 
夫は 
「アレェ?俺じゃあ精子ないんじゃ、遊びたい放題じゃん!」 
って事に気づき、アホみたいに風俗通い、愛人をつくると好き勝手してくれました

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

no title

138: 可愛い奥様@\(^o^)/ 2015/03/19(木) 08:08:35.02 ID:UtCjreFr0.net
浮気されてないか気になって旦那の携帯見たら、

5年以上前に付き合ってた元カノからlineが来てたんだけどトーク削除されてて、気になって聞いたら『転勤のこと日記に書いたらlineきたよ!でもなんでトークが消えてるのか俺にもわからない』って言われた。 

普段その人とやり取りしてないのは知ってるし、やましかったらその辺置かないし信用出来ないならブロックして二度と連絡もとらない。って言われたけど、信用出来ないorz 
大好きだから信用したいのに。携帯勝手に見るべきではないね... 

この記事の続きを読む >

 (15コメント)

img_0 (4)
194: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/09/17(月) 07:19:24.73
初めてだけどそっと投下しちゃう。
修羅場ってか巻き込まれってか・・・

登場人物
私子
私子旦那(←後で爆弾落とすw)
A子
A子旦那
A子元旦那 

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

637b273e-s
10: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/05/03(日) 21:48:18
もう十年くらい前だけど俺の高校時代の同級生の話。奥さん不倫してて、相手は同級生が勤める会社の社長。 
証拠不十分で浮気を追及したものだから、奥さん逆切れして、家を出て行った。そして離婚。会社社長と再婚。 
おまけに会社社長から直々に解雇(それも不当な理由で)を言い渡され、同級生は自殺未遂まで起こす。 
一命を取り留めた奴は、その後、全く人間が変わってしまい、俺の勤める会社に転職した後は、 
仕事バリバリのエリートとして、ヘッドハンティングを経て、金融関係の幹部になった。 
で、つい最近、リーマンショックによる不況の影響で、同級生のかつて勤めていた会社が傾き始める。 
そして、奥さんの不倫相手である会社社長が追加融資を土下座して頼み込んだ際、 
何の因果か応対した同級生が無碍に断る。(勿論きちんとした理由はあったみたいだけど) 
それどころか、すでに融資していた資金を取り立て、あっという間に会社倒産、社長破産。 

この記事の続きを読む >