鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:不倫相手

 (0コメント)

21

165: おさかなくわえた名無しさん 2015/09/13(日) 03:56:44.26 0
見づらかったらごめんなさい。

父親の会社の倒産と不倫が修羅場。
庭に噴水とかお手伝いさんとか…欲しいものは何でも手に入った一人っ子。
まー絵に書いたような超金持ちの幼少期を過ごしたけど、散財しいの見栄張り野郎だった父の会社は私が小3の頃に倒産。
そのせいで背負ったウン千万の借金は、母方の祖父が保証人に。
半年後に祖父が亡くなると父は場末のスナックのママと不倫逃げ

アホみたいにでかい家は差し押さえられて四畳半一間のオンボロアパートに母と引越し。
生まれて初めて見る世界や食べ物にショックしかなかった。

そして毎晩毎晩ボロアパートに不倫相手の女が押し掛けてきて私を殺そうとしてきたのがもう怖くて怖くて。
逃げたものの、生活の面倒を見てくれる女が必要だったというだけで父はその女と再婚までするつもりはなかったらしく
再婚できない理由を「まだ小学生の子供がいるから」と私を盾にしていたみたいで
毎晩「クソガキ死ね!!殺す!!」と絶叫奇声を発されて、当時小学生の私にはダメージでかすぎた。

母は夜中も夜勤の仕事でいなかったから、家に1人。心配かけたくなくて言えなかったんだ。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

21

165: 1/2 2015/09/13(日) 03:56:44.26 0
見づらかったらごめんなさい。

父親の会社の倒産と不倫が修羅場。
庭に噴水とかお手伝いさんとか…欲しいものは何でも手に入った一人っ子。
まー絵に書いたような超金持ちの幼少期を過ごしたけど、散財しいの見栄張り野郎だった父の会社は私が小3の頃に倒産。
そのせいで背負ったウン千万の借金は、母方の祖父が保証人に。
半年後に祖父が亡くなると父は場末のスナックのママと不倫逃げ

アホみたいにでかい家は差し押さえられて四畳半一間のオンボロアパートに母と引越し。
生まれて初めて見る世界や食べ物にショックしかなかった。

そして毎晩毎晩ボロアパートに不倫相手の女が押し掛けてきて私を殺そうとしてきたのがもう怖くて怖くて。
逃げたものの、生活の面倒を見てくれる女が必要だったというだけで父はその女と再婚までするつもりはなかったらしく
再婚できない理由を「まだ小学生の子供がいるから」と私を盾にしていたみたいで
毎晩「クソガキ死ね!!殺す!!」と絶叫奇声を発されて、当時小学生の私にはダメージでかすぎた。

母は夜中も夜勤の仕事でいなかったから、家に1人。心配かけたくなくて言えなかったんだ。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

32591

797: 名無しさん@おーぷん 2016/01/04(月)10:38:48 ID:3ON
もう随分昔の事だけど、結婚4年目に元旦那が浮気、
結婚するまでは地味で真面目な人だったんだけどね、
結婚した途端「俺って案外イケテル!?」と思っちゃったらしくて
遊び回るようになってたらしい。
信頼しきっていたから私は全然気づいてなかった。
その中の一人に子供ができたから別れて欲しいと言われた。
それなりにショックだったし悲しかったし傷ついたけど、
子供ができたと言われたら引かないわけにはいかなくて
(今ではそんな事ないって分かるけど、
真っ当な思考力が麻痺してる時に不倫相手に
「赤ちゃんから父親を取り上げないでください!」とか言われて
罪のない子供の為に自分が我慢しなきゃいけないんだなーと
思い込んでしまった)
離婚に同意、実家に連絡しようとしたら元旦那に
「俺達夫婦の問題なのに実家に連絡するなんて何事か
実家は関係ないだろう、そういういつまでも親頼みの
娘気分でいるところが嫌なんだ」って言われて
「何言ってるんだお前は」と思うと同時にちょっと冷静になれて、
分ける物分けて取る物取って離婚して実家に戻った。
それから更に数年後、元旦那が復縁を申し込んできた。
こっちはもうすっかり吹っ切れていたから
「やなこった心の底からお断りだ」って撥ね付けてたんだけど
元旦那の脳内では「二人の女を秤にかけて選んだのは俺、
だから今でも俺に選択権がある」と思いこんでいるらしくって、
「素直になれよ」「嬉しいだろ」「これが最後のチャンスだぞ」としつこかった。
面倒なので元義実家と今嫁に連絡して引き取ってくれってお願いしたら来てくれた。
元旦那、私の実家の前で「二度と俺につきまとうなよー!」って絶叫して帰って行ったよw
父と兄達がブチ切れて「誰の家の前で騒いでると思ってる!」
「つきまとってるのはどっちだ!」
「うちの娘を散々馬鹿にしやがって!」って殴りに行きそうだったけど
下手に関わると泥沼になりそうだったから慌てて止めた。
元旦那の神経は分からんが、私のために激怒してくれた父や兄達には今でも頭が上がらない。

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

2012-03-10_150353
735: 名無しさんといつまでも一緒 2015/06/24(水) 14:30:39.35 0.net
誰か相談乗ってくれ
嫁のお父さんが危篤なんだが彼女に死んでも葬式行くなと言われた
そうやって体裁ばっかり守ってるから離婚出来ないんだと それはそうだけど葬式は別だと思うんだよな
彼女は俺の子供産んでて俺は小梨嫁とは離婚して彼女と子供と暮らしたい
嫁の両親も全部知っていて嫁と別れないでやってくれと泣かれた 嫁のお父さんには散々世話になったからせめて葬式位行きたいんだがどう思う?

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

imgres
124: 名無しさん 2014/03/23(日)00:36:31 ID:hwKI2hrGd
長くなりますがご容赦ください。

私はバツイチ。元旦那の不倫が原因で離婚したのが五年前。ちなみに子供はなし。
離婚後に異動願いが希望通りになって、結婚当時住んでいた土地からは少し離れた所に引っ越した。

離婚から数年経って、職場の同期の結婚式で、大学時代の知人Aに再会して、意気投合した。
学生の頃はそれほど親しくなかったのに、なんとなく話が弾んで、連絡を取り合うようになった。
私がバツイチなのも、恋愛に慎重になっていることも話した。
それでもAは気長に待ってくれて、結婚も視野に入れて付き合うようになったのが二年ほど前。
その直後、元旦那との離婚の原因となった不倫相手B子から電話がきた。
どうやって私の番号を知ったのかはわからない。

B子の用件をまとめると

・AはB子と付き合っている。婚約している。
・私は不倫の復讐のためにAを誘惑したに違いない。
・婚約しているのにAを奪った私に慰謝料を請求する。

という内容だった。寝耳に水。そんな事は初耳だ、知らない、と言ったが、B子は聞く耳を持たない。
慌ててAに連絡を取って、B子からの電話の話をすると、彼も初耳だと言う。
そもそも、B子なんて知らない、と言う。

あれこれ話し合ったりもめたりする中、色々わかってきた。
AとB子の父親は大学の同窓生で、年齢はだいぶ離れているが、所属サークルの関係で面識があった。
ちなみに、私は離婚時のごたごたでB子父と会った事はあるが、同窓なのは知らなかった。

この記事の続きを読む >