鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:一方的

 (4コメント)

74

755: おさかなくわえた名無しさん 2018/05/09(水) 13:51:31.66 ID:H5Px9opz
実の父親を殺そうとしたこと
若年性認知症の父に誰だお前?と毎日言われ続けて、ずっとこんな日々が続くのは耐えられなくて殺そうと思った。
会話できないくせに都合よく罵声だけ理解できて暴れるのは知ってたから正当防衛でどうにかなるかなって。
計算通り暴れ出して2階に逃げて追いかけてきたところを突き落とそうと思ってたらそこで母が帰宅。さすがに母の目の前では無理だから抵抗するのをやめて一方的に殴られてた事にした。
ついに理性も失って暴れるようになったと思った母は父を即施設にブチ込んだ。元々お父さん子だったけど施設にかかるお金を考えたらやっぱり死んでほしかったな

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

111

14: おさかなくわえた名無しさん 2018/05/14(月) 17:29:02.38 ID:lGfc4/fw
3年くらい前にフラれた元彼から連絡があった時の態度が衝撃的。
まだ社会人になりたての頃付き合っていた元彼はある日
急に冷たくなって他の子を好きになったと言われ、考え直してほしい
と私が言うと
「俺に付きまとったらお前を叩き潰してやるからな」と
ビンタと蹴りと入れられ、そのまま別れた。

週末に映画館の通路で元彼が声をかけてきて
「元気?」と言われ、私が「…どうも」と言ったら元彼は、今何やってんの?まだあの会社?とか話すんだけど
後ろには彼の奥さんと幼稚園くらいの子が待ってたし
今更腹が立つってほどでもなかったので「じゃあ」で別れた。
日曜日に私の実家に元彼から電話が掛かってきて、偶然に私が出た。「え?何?!」
「だってお前ケータイもメールも変えたから」
「変えたけど」と言うと元彼は電話口でいきなり大声で笑い出した。 
「なあ驚いた?驚いただろ?俺に話かけられてしかも電話貰って、どう?気分?」
「すごく気分悪いけど」
って何コイツと思いながら応対してたら元彼が
「あー嫁ね、アイツの事は気にしなくていいよ」
「もうアイツ女って感じじゃないんだよな、俺には合わなかった」と子供が出来て仕方なく結婚したとか
全然愛情ないから離婚考えてる、みたいな話をした。
「その話私じゃなくてもいいよね」ともう掛けて来ても私はいないから、と切ろうとすると
「意地張るなって、今晩桜○町○前で待ってるから○時な!」と
一方的に言われてガチャ切りされた。
もちろん行かなかった。
もう3年前から彼女じゃないのにどこまで時間戻してるんだろう。
あと、電話口での元彼の笑い声は壊れた笑い袋袋みたいで少し怖かった。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

58

252: おさかなくわえた名無しさん 2008/12/31(水) 13:25:12 ID:5HLDKqyh
今朝の実母からの電話が衝撃的だった。

「あんたも結婚してもう5年で、子供も3歳になったんだから、来年はさっさと離婚して子供を置いて
こっちに戻ってきなさいよ。次は、○○さん(近所に住む農家でたぶん50代ぐらいの独身汚男)と結婚して
跡継ぎを産みなさいね。○○さんをあんまり待たせては悪いわよ。5年間もあなたの勝手にさせてあげたんだからお母さんに感謝しなさい」

と、言われた。少しの間、母が何を言ってるのか理解できなかったけど
なんとか、気力を振り絞って、「帰る気無いよ。離婚もしない。子供とも離れないけど、お母さんとはもう二度と会わないよ」
と言うのが精一杯で電話を一方的に切った。
もしかしたら、母はどこかのスレで話題の膿家脳かもしれないと思った。

この記事の続きを読む >

 (10コメント)

index
595: 名無しさん@おーぷん 2015/09/13(日)05:17:50 ID:Ort
自分語りさせてもらいます

2年半前、学生の時から長年付き合ってた彼氏に突然一方的に振られた
交際期間中ケンカもなく、そのうち結婚すると思ってたから
心当たりもなかった
「何で?」と聞いても答えてくれない
「他に好きな人できた?」と聞くと「そうじゃない」
「じゃあ何で?」と聞くと「言わせんな」と

嫌だ納得できないと騒ぐのはみっともないと思った
夫婦じゃないんだから、どちらかが別れたいと思ったら交際は継続できない
納得はできなかったけど、渋々別れた

出会った頃から3キロ太ったからかな?
「言わせんな」なんて鼻毛でも出てた?
悶々とした日々を過ごし、すごく痩せて周りに心配された

それから2人くらいの男性と付き合ってみたけどダメだった
別れた彼氏と比べてしまうと気が合わない、話してても楽しくない
そもそも好きになれなかった
昔の失恋を引きずったまま30代になって一生独身は嫌だなーと思っていた

この記事の続きを読む >