鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:ロミオ

 (0コメント)

no title
189: おさかなくわえた名無しさん 2010/06/19(土) 20:52:37 ID:KWHRAzYa0
数年前の話。 
いきなり元彼からメールが来た。 

「私子、元気か? 
つらいことあったんじゃないか?ちゃんと食べてるか? 
お前のことがすごく心配だ。 

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

ダウンロード (47)

602: おさかなくわえた名無しさん 2016/09/11(日)14:10:50 ID:tZE
休日に友達と待ち合わせするためにカフェに入ったら、当時の彼氏が中学生くらいの女の子と楽しそうにケーキを食べてた
妹にしては歳が離れてるし、親戚か友達の妹とかかな?と思って声をかけたら彼氏は黙り込んで、女の子はすごく動揺して震えて泣き出してしまって
女の子が言うに援助する側とされる側らしい
その時点で幻滅して別れて、女の子にも何も言えず私は友達に待ち合わせ場所を変えてもらって店を出た
夜、彼氏からメールが来て、前半は「去年からTwitterで援助の募集をしてる中高生と何度も会っていた」「それ以上の事は犯罪だから何もしてない」「本当にただ会って遊んでいただけ」「もうしない、別れないでほしい」という説明だったんだけど
後半から「女の子はお金が貰えて俺も若い子と遊べる」「たまには学生と遊びたい」「お小遣い稼ぎなんだから相手からも感謝されてる」「お互い悪いことは何もしてない」「こんな善人である俺と別れるなんて認めない」(←???)という内容になっていき、
それから今度はロミオメールが届くようになって、私が一人暮らししてたアパートに凸られ、侵入しようとしてた姿を近所の人が通報してくれてお縄
私はすぐに引っ越して平和に暮らしてます

この記事の続きを読む >

 (4コメント)


kfc

265: おさかなくわえた名無しさん 2017/11/20(月)14:47:43 ID:HXl
あるイベントで売り子をしていたんだけど、お昼時の長い列を捌いていたら客の1人に告白された。スラリと背の高い雰囲気イケメン。
連絡先を書いたメモを渡されて、迷ったけど付き合う事にしたんだ。その筈なんだけど…。


あ…ありのまま今起こった事を話すぜ!
「私はデートに誘われたと思ったら、現れた彼は別人だった」
何を言っているのか(ry

待ち合わせ場所にやって来た彼は背が縮み、代わりに顔が伸びていた。明らかに別人。
さ、行こうかとエスコートする彼?(以下アゴ)を適当な店に連れ込んで尋問開始。

私「あなた誰?ケンタ(仮)はどこ?」
アゴ「俺がケンタだよ^ ^」
私「全然違う。ケンタは自動販売機くらい背があったけどあなたはカーネルサン〇ースよりも小さいじゃない。馬鹿にしないで」

ずっと問い詰めてアゴがゲロした内容がこちら↓
・告白した雰囲気イケメンは自分の友達。渡した連絡先はアゴのもの。
・自分が直接告白するのは恥ずかしいので友達に代理してもらった。
・人を見た目で判断するのは差別。大事なのは中身。
何を言ってい(ry

話にならないのでさっさと切り上げ席を立とうとすると、アゴが往生際悪く言い募ってきた。
「結局顔かよ!」

一 目 惚 れ して告ってきたおまえに言われたくねーよ!!!

長くなったけど、告白するのに自分の替玉を立ててきた神経がわからん。
いや普通にバレるでしょ…何考えてるんだ…。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

no title

567: おさかなくわえた名無しさん 2015/07/10(金)05:48:01 ID:mhz
住民票取り寄せたら世帯主である夫と自分の続柄が「同居人」になってたこと。

新婚3ヶ月のとき、職場で住民票が必要になり、昼休みに区役所に取りに行って発覚。
そのまま職場に戻ったら様子がおかしかったのか、同僚たちに「何かあった?」と囲まれたので
「これ、どういうことだろう?」と住民票を見せたら、同僚たちも驚いたみたいで次々に回覧されていった。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)


7667_big

745: おさかなくわえた名無しさん 2017/11/28(火)11:47:58 ID:gjN
元夫とは共働き夫婦で完全折半制で生活してた。
食費は私で家賃はあなた、とかではなく家賃も折半、食費もなるべく買ったものをその場で清算し1円単位で折半してた。
子供は作らない約束だった。
しかし結婚6年目にして私がもらい事故。後遺症が残り、働けなくなった。
夫は「俺だけが稼ぐのは不公平」「俺ばかりが君を支える家庭は不公平」と離婚届を持ってきた。
私は反論する気力も体力もなく了承。
私の独身時代の通帳は確保できたが、夫婦時代の貯金はいつの間にかごっそり下ろされていて
残高のうち半分の14万をもらって別れた。
その後リハビリや支援者のバックアップの甲斐あって今は社会復帰している。

仕返しは、実家あてに手紙を送ってきた元夫を無視したこと。
元義父が脳梗塞やって倒れて半身麻痺、義母が介護疲れで鬱になり、元夫自身も成人病らしい。
「両親がきみを懐かしんでいる、顔だけでも見せてやってほしい」
「我が家にはきみが必要だったんだとわかった。気づいたのが遅すぎではないと信じています」
「病院通いに慣れているきみからアドバイスがほしい」
「大切なものに気づかなかった馬鹿な俺を笑って」
別に笑いたくもないので、見なかったことにして捨てた。
捨てた瞬間、あー自覚してた以上に恨んでたんだなって気づいた。
彼には自分の両親を公平に支えてやってほしい。

この記事の続きを読む >