鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:メモ

 (5コメント)

499

106: おさかなくわえた名無しさん 2005/06/27(月) 02:17:09 ID:KmFERupr
一人暮らしをしていた頃の話(一年くらい前)
一週間ほど出張で留守にしていて、帰ってきたらポストに
「昨日やかましかった。何とかしろ!○月○日」
とメモが入れてあったが、その日というかその前後は
私はいなかったわけで。
またある日、料理をしてるとドアをどんどん!と叩かれ
さらにドアチャイムがすごい回数連続で鳴らされた。
「どなたですか!」と震えながら聞いたら止まった。
ドアに付いてるスコープは恐くて見れなかった。
またある日、ドアの外側に酸のようなものがかけられ、
塗装がはげ、ぐちゃぐちゃになっていた。(警察呼んだ)
その後もメモやドアチャイムや叩く音などは止まらず
引っ越しました。
どうも前この部屋にすんでいた人も、似たような目に
あっていたみたいです。先に言ってくれそーゆーことは。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

755

907: おさかなくわえた名無しさん 2012/03/11(日) 23:35:55.31 ID:mrdeVl81
会社の新人がゆとり過ぎて困る

オレ「悪いがこれ、明日までにやっといてくれ」
新人「言われても忘れちゃうんで、紙に書いといてください」

自分でメモっとけよ…

この記事の続きを読む >

 (10コメント)

489

117: 名無しの心子知らず 2006/04/18(火) 18:52:41 ID:7e1qNUDp
20世紀最後の大晦日。

店内は大変賑わい、レジに10人ぐらいの行列が絶えないほどめちゃくちゃ忙しい
昼さがりの事である。
バイト君と一緒にレジに入ってた僕に、横から老婆が話しかけてきた。
「すみません。ボールペン貸してください。」
僕はすかさず「何に使うんでしょうか?」と尋ねると、
「そこの旅行書に載ってる温泉の電話番号をメモしたいんです。」
と、この時点で『終わってる』内容の事を話かけてきた。
当然、「お客さま~。当店は本を展示する事を目的として営業しているワケでは
ありませんので、そういう事はお買い上げになってからやってください。」
と、丁重にお断りした。
すると、この老婆は素直に引き下がって娘らしき女のところへ戻ったが、
「貸してくれなかった・・・」「ボールペンぐらい貸してくれても・・ブツブツ」
などと文句を言ってるのが聞こえた。
その後その親子はしばらく旅行書を立ち読みしたあと、店内を一回りしてレジ前を通過して帰って行った。
その時、レジがますます混雑してきたので集中してレジを打ってると、一緒にレジに入ってるバイト君が
不思議そうな顔をしているのに気づいた。
どうしたのか聞くと、「さっきの親子。そこの棚のところを曲がる時までは本を1冊持っていたのが見えてたのに、
すぐ後にレジ前を通る時には何も持ってませんでしたよ。」
慌ててレジを飛び出し、ダッシュで2人の跡を追ったがすでに消えていた・・・・。

バイト君が言うには、その本はオレンジ色の表紙だったという。
娘のほうが立ち読みしてた場所に平積みにしていた本だ。
とんでもない親子である。
本の内容を書き写せないのならば、盗んでしまおうってんだから・・・。

この記事の続きを読む >

 (10コメント)

2622

907: おさかなくわえた名無しさん 2012/03/11(日) 23:35:55.31 ID:mrdeVl81
会社の新人がゆとり過ぎて困る

オレ「悪いがこれ、明日までにやっといてくれ」
新人「言われても忘れちゃうんで、紙に書いといてください」

自分でメモっとけよ…

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

121

117: 名無しの心子知らず 2006/04/18(火) 18:52:41 ID:7e1qNUDp
20世紀最後の大晦日。

店内は大変賑わい、レジに10人ぐらいの行列が絶えないほどめちゃくちゃ忙しい
昼さがりの事である。
バイト君と一緒にレジに入ってた僕に、横から老婆が話しかけてきた。
「すみません。ボールペン貸してください。」
僕はすかさず「何に使うんでしょうか?」と尋ねると、
「そこの旅行書に載ってる温泉の電話番号をメモしたいんです。」
と、この時点で『終わってる』内容の事を話かけてきた。
当然、「お客さま~。当店は本を展示する事を目的として営業しているワケでは
ありませんので、そういう事はお買い上げになってからやってください。」
と、丁重にお断りした。
すると、この老婆は素直に引き下がって娘らしき女のところへ戻ったが、
「貸してくれなかった・・・」「ボールペンぐらい貸してくれても・・ブツブツ」
などと文句を言ってるのが聞こえた。
その後その親子はしばらく旅行書を立ち読みしたあと、店内を一回りしてレジ前を通過して帰って行った。
その時、レジがますます混雑してきたので集中してレジを打ってると、一緒にレジに入ってるバイト君が
不思議そうな顔をしているのに気づいた。
どうしたのか聞くと、「さっきの親子。そこの棚のところを曲がる時までは本を1冊持っていたのが見えてたのに、
すぐ後にレジ前を通る時には何も持ってませんでしたよ。」
慌ててレジを飛び出し、ダッシュで2人の跡を追ったがすでに消えていた・・・・。

バイト君が言うには、その本はオレンジ色の表紙だったという。
娘のほうが立ち読みしてた場所に平積みにしていた本だ。
とんでもない親子である。
本の内容を書き写せないのならば、盗んでしまおうってんだから・・・。

この記事の続きを読む >