鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:メシマズ

 (3コメント)

ダウンロード
748: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/02(土) 15:39:40.58 ID:kIu8YOjj
メシマズの元彼女の冷め話。 

ちょこちょことメシマズなのを注意してたんだが、 
人の話を聞いてないのか一向に直らずちょっと食うの辟易していた。 

そんな折、彼女がいつも俺君が文句を言うからお母さんと作ったんだからね! 
と俺を彼女の自宅へと招待(母親とは面識あり) 
リビングへ通されると、何か匂いがヤバイ。 
直感的にこれは食ったらダメだと頭の中で警報がなった。

この記事の続きを読む >

 (17コメント)

669

12: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/08/04(水) 20:48:26
フツメシ~ウマメシの嫁なんだが、三日前から徐々にメシマズになっていった。
といっても「ん? なんか変だな」くらいで、食えないほどじゃなかったんだが、やたらと味が濃いんだよ。

で、今日。

嫁が首をかしげながら食ってるんだよ。
子供らはちょっとしか食べてない。

俺は一口食って吐き出した。濃すぎて食えたもんじゃない。甘すぎる&醤油が辛すぎる。
こんなもん食ったら病気になると思って子供たちに「食うな!」と言って、嫁の皿も取り上げた。

で、家族で回転寿司食ってきた。

寿司屋で嫁が泣き出した。
味が全然しない、美味しくないって。

味覚障害だよな。ある日いきなり(といっても徐々にって感じか)なったりもするんだな、驚いたよ。

この記事の続きを読む >

 (33コメント)

777

268: 名無しさん@おーぷん 2016/07/01(金)23:22:17 ID:Z3d
料理系での冷めた話
彼氏が試験に合格してお祝いにお赤飯が食べたいと言われた
彼が試験勉強を頑張っていたのも知っていたからお赤飯の他にも彼の好きなものを数品とちょっとしたプレゼントを用意した
でもいざお赤飯を出したら彼の顔がすごい顔を歪めてテーブルの上にあったおかずもろとも腕で薙ぎ払って暴言を吐いて部屋を出て行った
そして2、3日後半笑いで家に来た。私の地域のお赤飯が食紅+甘納豆で作るものなんだけどそういうお赤飯があるって知らなかったそうだ。それでメシマズは最初が肝心ってことであんな事したらしい。あと今まで出してた料理は本当は手作りじゃなかったのか!てところも腹が立ったんだって
メシマズかとビビったよーwwって笑ってたけどこっちはせっかく作った料理全部ダメにされたしテーブルから落とされたときにかけたお皿もあったしカーペットもぐちゃぐちゃになった
メシマズだったら話もせずにあんな行動とるのかそもそも今までの料理だって目の前で作ってたのに…と急速に冷めた

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

44

260: 名無しさん@おーぷん 2015/01/20(火)15:08:08 ID:2bw
「味覚障害は認知症初期の症状」
まとめで見た情報をさっそく使わせてもらった。
私の作ったものはなんでもけなすトメに。
トメ「まずい!煮方がなってない」
夫「いや美味しいけど。なあ?」
ウト「うん」
ここで
「味覚障害って認知症初期の症状なんですって…お母さま、この頃物忘れも激しいじゃないですか?一度病院に…」
トメ「物忘れなんかしてないわよ!」
私「でも昨日も、私が冷蔵庫に入れてたおはぎ食べましたよね…
お客様に出す分って言ってあったし、ラップの上に貼り紙もしてたのに。
これで5回目ですよね? 言ってあったのを忘れるのも、
わかってるのにお客様の分まで食べずにいられないのも、
どっちも認知症の症状なんです。
これに加えて味覚障害まで出てるんですし、早く病院行かないと…」
「そんな歳じゃない」
「若年性アルツハイマーがありますから…早期に病院行けば少しは進行遅らせられますし、やっぱり予約入れましょう」
トメ真っ赤になってふじこって部屋を出る。
これが昨日の夜。
今朝はマズイと言われなかったよ!
トメの味覚障害は若い頃からだけどな!(いわゆるメシマズ)

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

ダウンロード (13)
279: おさかなくわえた名無しさん 05/01/27 00:08:13 ID:BfcX9pwU
会社の同僚なんだが、ここ最近何故かやつれてきてる気がしていた。 
昼飯を一緒に食べたんだが、どうやら彼女の手作り弁当らしい。 

俺がコンビニの弁当を軽く平らげた後も、そいつはまだ半分も食べ終わっていなくて 
「おい、少し味見させてくれよ」とからかい半分で言ってみた。 
「死にたいのか?」、と返事が返ってきたときには少しびっくりしたが・・・。 
だが、言葉と裏腹にそいつが弁当箱を差し出してきたので 
一番近くにあったホイルのカップに入った焼肉を一口貰った。 

凄い。漫画の世界だけかと思った。生まれてこの方食べた事無い味。 
苦くて辛くてすんごいしょっぱい。食べ物なのかと疑う味。 

「凄い味だろ。でもこれでもかなり進歩したんだぜ。 
 最初の頃は一口食べただけで腹壊したんだから」 
事も無げに言う同僚にどこか尊敬の念を持ちながら食べ終わるのを待った。 
10分もしたら、弁当箱空になってた。明らかに他のも味付けはおかしそう。 
その場は彼女けなされていい気分はしないと思うので黙って茶をおごっておいた。 

たった一口食べただけなのに、その後俺は腹を壊した。 
同僚よ、あんたの彼女の料理が進歩したんじゃない。 
きっとお前の腹の方が丈夫になったんだ、としみじみと思った。 

あいつの生き様はある意味武勇伝だと思う・・・

この記事の続きを読む >