鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:メシマズ

 (0コメント)

igirisunisinpai01
386: おさかなくわえた名無しさん 2014/03/23(日) 08:01:57.97 0
・家庭の状況、自分や配偶者等登場人物の詳細

自分 32 会社員
嫁 25 会社員
嫁姉 29 会社員

・悩みの原因やその背景
・これまでの話し合いや解決に向けて努力したこと

共働きなので家事を分担してやってます
料理の担当は嫁ですが、変更したい
嫁はメシマズではないです
不器用で、やる気がなく料理に向いてないタイプ
メニューが3パターンしかなくレパートリーを増やす気もなく、味付けその他も工夫する気がない
私は一人暮らしの経験と旅館の厨房バイト経験から料理ができる
だから料理担当を嫁と交代して自分で作りたいと考えました

嫁姉が私と同じ会社に勤務していて、上記を話してみたら反対されました
嫁姉の反対理由
●できない人にやらせなかったら、いつまでもできないまま
●嫁母がこの子は料理ができないからと、嫁に料理をさせようとしなかった
その結果が現在の嫁である
●母親と同じことを旦那がやったら、嫁は一生料理をしない出来ないまま

この嫁姉の言い分も解りますが、家での飯がカレー、うどん、野菜炒めの3パターンはキツイ
嫁はこの3パターン以外にレパートリーを増やす気はないそうです
蕎麦屋とか、カレー屋のようなそれだけを出す専門店が家庭にあってもいいだろう。と言う意見です
とても進化や発展が望めるとは思えない
私は3パターンの飯に飽きました、もうウンザリです
嫁は経度ですがアレルギー持ちということで、惣菜や外食はマズイだろうなと思います
嫁姉の言うように、嫁に料理スキルを身につけさせるべきなのか
もういいから、家事分担の料理を俺と代わってくれと言うべきか、迷ってます

この記事の続きを読む >

 (12コメント)

654

520: おさかなくわえた名無しさん 2015/12/10(木)20:31:39 ID:7La
作った夕飯に対しての文句が多すぎる。
一番多い文句が「これじゃ米食えない」だって。

昨日は豆腐ハンバーグと豚汁と焼鮭だったんだけどヘルシーすぎて食べられない。
今日は肉じゃがとブリの照り焼きとブロッコリーのあんかけと昨日の豚汁。でも米食えないだと。
肉じゃがや豚の角煮は煮物だから箸休めなんだって。
焼き魚もおかずじゃないんだってさ。

スーパーで売ってる味付きで焼くだけの肉が一番好きで、私が栄養バランス考えて野菜使おうが魚使おうが、とにかく肉肉肉!でもハンバーグは嫌いだと。
ちなみに私は料理関係の資格持ちで、メシマズではない。

作りたくないとは思うけど子供の教育によくないし、大喧嘩になるだろうから我慢してる。
旦那に嫌いなものは食べさせない躾をしてきたトメにも軽くイラつく。もう遅いけど。

明日の夕飯はどうしよう…

この記事の続きを読む >

 (13コメント)

2885

133: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/01(水) 15:34:54.66
嫁のメシマズに10年耐え抜いたというのに
他の件で俺が怒られ「俺はメシマズをずっと我慢していたのに」と
憤りが抑えきれなくなり、つい目の前で夕飯を三角コーナーと流しに捨ててしまった

以降嫁が俺を無視してくる
10年メシマズに耐えて食べてきたのになんで棄てたのか後悔
とにかく、ただの舌音痴だと思ってた嫁がギャクギレーゼだったのが一番堪えた

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

PAK77_hirateuchishine20140301143025-thumb-815xauto-17873
334: おさかなくわえた名無しさん 2012/01/13(金) 16:25:12.95
俺もメシに耐えきれず「お前料理センスない、マズイ」と言ったら拳が飛んできた。
グーパンチ、というやつだ。意識が遠のいた。気付いたらガムテで体中グルグルにされていた。 
「じゃあお前の稼ぎで家政婦雇って、家事もお前がやれ、こども産んでみろゴルァ」 

俺の給料年収250、嫁800。嫁は親の会社の役員で会議出る程度なんで家事は100%嫁。

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

5221

679: おさかなくわえた名無しさん 2016/02/14(日)00:21:30 ID:K3P
「俺の嫁メシマズなんですよー」と言う部下がいた。
時々弁当を見せられるが冷凍食品あまり使ってないしメニューも豊富。
そもそもお前毎日残さず食ってるだろと言ったら「俺の水準の問題」と。
どうすりゃいいかもやもやしてたある日、会社での飲み会。しゃぶしゃぶの店だったが、

「こうすれば分ける必要なくて楽ですよね」と新入りの男社員がタレを二瓶全部鍋の中にぶちまけた。
「味を調整しますね」て塩と水もどばどばと。固まる俺と同僚。溢れる寸前の鍋。味はもちろんまずい。
聞いてみたらそいつの家庭がいつもしゃぶしゃぶはこんなだったと。

「俺の嫁って飯が上手かったんだ……」と、同僚の目も覚めた衝撃だった。

この記事の続きを読む >