鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:マザコン

 (6コメント)

08

314: おさかなくわえた名無しさん 2016/06/09(木) 17:22:35.85 ID:g1lp9oJv
別れたてほやほやな話し。
マザコンだった。

ママ~というタイプではなく、口ではウザい!迷惑!とか言う人だったので、母親に問題ありだけどこの人はちゃんとしてるんだなと勘違いしてた。

それでも、何だかんだ母親に逆らえず、デートしてても帰って来いと言われて帰ったり、お家に伺った時も母親の私に対する嫌味攻撃(理不尽)に何も言えなかったり、あれ?と思うことが多々あった。

そしてついこの前、デート中に母親から電話、「食事にいこう」というものだった。
まさかとは思ったけど彼は(強引で迷惑だわ~とか文句を言いながら)了承。
しかも2人でいくらしい。
彼は母親の乗ったタクシーに拾われ、私は置いて行かれた。

その瞬間、あ、糞男だわ…と気づいて今日別れてきた!めっちゃ清々しい気分!!
しかも「マザコンだよね」って指摘したら発狂してて面白かった。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

ダウンロード

770: おさかなくわえた名無しさん 2009/02/26(木) 11:55:01 ID:ncNW9iR1
冷め話。
すごいマザコンだったことが判明した時。
実家にお邪魔したとき、ネトゲに夢中になってる彼の顔を母親が拭きに来た。
他にも後ろから母親をギューっとしたり、じゃれて抱き上げたり。

あまりの光景に逆に冷静になれた。


この記事の続きを読む >

 (5コメント)

995

682: おさかなくわえた名無しさん 2016/09/01(木)06:48:39 ID:dYl
愚痴。朝から旦那にイライラ
洗濯物はほぼ裏返しにしてカゴにポイッ!
注意したら「A型は几帳面だなぁ」で終わり、何度言っても直さない。
再度指摘したら「これくらいどうでもいいだろ」
「生活スタイルの違いだ(だから裏返しても仕方ないと。)」
使った物は元の場所に戻さず適当にポイッ!
私が使う時見つけられず困っていると「周りをよく見ればいいだけ」
たまに家事を手伝ってくれたかと思えばもうしっちゃかめっちゃか。
スプーンフォーク専用箸立てにはお玉を立てる、濡れた物は濡れたまましまう。
食器は小さいのを1番下、その上に大きい物をどんどん積み重ねる。
おかげで食器グラグラ→ガシャン!
私がやるから触らないでと言ったら「A型は~(以下略)」
これに限らず、とにかく「やらないで」って言った事をことごとくやる旦那。
なんでやるのか尋ねたら「俺だけ負担(私にやるなと言われる事らしい)を強いられるのは不公平!」

私は貴方のお母さんじゃないと言ったら
「母さんの話題は出すな!」←マザコンと人に言われるのが嫌らしい
もう疲れた。家出てアパート借りようかな。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

014

23: おさかなくわえた名無しさん 2016/06/08(水)16:10:07 ID:2a9
マザコンの基準がわからない
結婚決まっている彼氏がいるんだけど母子家庭で実家暮らしっていうのもあって母親を大事にしているみたい
でも、ん?って行動もあってマザコン気味かな?ってなる
デート(外食)に誘ったら→「母ちゃんが惣菜買ってきているから行けない」
新居を一緒に探していると→「母ちゃんをボロいアパートに住まわせて俺らは綺麗な家に住むなんて、、」
彼の母親が失業すると→デート中に「今から母ちゃんの仕事探してあげるためにハローワーク行こうか」
料理を作って食べさせると→「母ちゃんの料理は~」
「1番好きな食べ物はシチュー!母ちゃんが作ったやつが1番美味しい」
彼の母親に挨拶に行こうと決めると→「母ちゃん今、疲れているからもうちょっと待って」と1月の予定が延びて4月に
たまにデートから外泊の流れになると→母親に友達のところに泊まるとアリバイ作りをする
遅い時間にデートの約束すると→母親に仕事と偽ってデートに来る
また、時間が遅くなると母親から早く帰ってきなさいとメールが来る
あまりに彼が母ちゃん、母ちゃん言うのでわたしが神経質になりすぎなのもあるかな?と思うけど
このまま結婚しても大丈夫なのか不安になる
親を大事にする気持ちは尊重したいがわたしが親との関係が淡白(仲が悪いわけではない)のもあって
たまに理解できないときがある

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

052

957: おさかなくわえた名無しさん 2018/03/08(木) 08:26:36.29 ID:CAzeY/4k0
マザコンというか家族コン? ファミリーコンプレックス? だった元彼。歳より幼かったなぁ、今思うと。

まず母親(仮名 悦子)を『えっちゃん』と呼び、祖母を『お母さん』と呼ぶ。
デートの三回に一回はえっちゃんの勤める飲食店に誘われる。

そして彼はえっちゃんかお母さんに起こしてもらわないと起きられなかった。
一人暮らしの私の家に泊まりにきて、私は早めに8時出勤→彼は11時出勤(10時くらいに電車に乗れればOK)なので起こさずに出た時。
10時になっても彼と連絡がつかない。他の用事もあったので心配して電話をかけまくったけど音沙汰なし。
結局11時過ぎに半泣きで「今起きた」と電話がかかってきて呆れる。
…ということが、5回くらい起きた。

もちろん携帯のアラームはかけてるし、目覚まし時計も買ったし、私も電話をかけた。前日も0時には寝る。でも起きられない。
話を聞くと、いつもえっちゃんかお母さんが何度も何度も起こしに来てくれて、やっと起きられるとのことだった。
彼も遅刻しまくるのが嫌らしく、うちに泊まることもほとんどなくなった。どれだけ遅くても、楽しくても、盛り上がっても帰る。
そんな人初めてだったので、あーハイハイ今日もえっちゃんとお母さんとこ帰るのねーと冷めていった。

それだけじゃないんだけど、色んなことが子どもすぎて別れ話をした。
多少ゴネたけど了承してくれた…と思ったら、私の手を握ってひとこと「…さらってもいい?」
どこに? お前の家に?? それとも愛の逃避行のつもり? 二人きりの世界でお前朝起きられるの??? と氷点下まで冷めて苦笑いして別れた。

この記事の続きを読む >