鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:プロポーズ

 (10コメント)

no title

428: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/08(金) 22:18:51.39 ID:51nZ97DW
彼氏に逆プロポーズした時、「うち負債7億あるけど良い?」と聞かれた。 
彼の家はそこそこ大きい会社をやっている。 

この記事の続きを読む >

 (10コメント)

no title

122: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/02/04(木) 19:47:09.91 ID:VDH5QxOh.net
31日が、3年付き合った彼女と出会った日で 
彼女と初めて行ったデートの場所に行って 
膝をついて指輪を差し出しプロポーズした。 

この記事の続きを読む >

 (6コメント)

9b94d9bd

175: おさかなくわえた名無しさん 2017/08/15(火) 10:29:40.71 ID:B2XOqkqF
昨日、半年ほど付き合った彼からプロポーズされた。
お互いに適齢期を過ぎているし、純粋に嬉しかったのでもちろんありがたくお受けした。
その直後に、彼から過去の恋愛歴について聞かれた。
わたしは過去の恋愛を現在の恋人に話すのはマナー違反だと思っているので、聞かれたことだけ差し障りのない範囲でぼかしながら答えた。
それを聞いた彼は元カノの話を始めた。わたしは何も聞いてないのに。
いつ頃のことで何年付き合ったのか、元カノの年齢、元カノにプロポーズして断られたこと、その後の元カノのこと、元カノが別の人と結婚してショックだったこと、その次に付き合いそうになった人のことなど。
わたしの方が年上だから大人の対応をしなきゃと思って黙って聞いていたけど、我慢できなくなったのでトイレに行くと席を立って話を打ち切った。

元カノに未練があるんだろうなとか、元カノに振られたからわたしにプロポーズしたのかなとか考えたら、かなり冷めた。
そして何より、嬉々として元カノの話をする彼に冷めた。

この記事の続きを読む >

 (16コメント)

77

516: 名無しさん@おーぷん 2016/01/31(日)20:44:35 ID:GNw
旦那からプロポーズされた時が衝撃。

同じ会社ではないけど仕事関係の知り合いで、挨拶と「暑いね~」「そうですね~」ぐらいの短い世間話とも言えないぐらいの会話しかしたこと無い人がある日突然私にニコニコしながら近付いてきて、「結婚式場が決まったから。」って言った。

私「…は?誰か結婚するんですか?」
彼「うん。俺とお前。」
私「は??え??私??私結婚するんですか??いつ??」
彼「3ヶ月後だよ!」
で、何故か「あぁ、私結婚するんだ~」って納得してしまったw

あれから23年、子供も2人生まれて、上はもう大学生。
その大学生の娘が言うには、うちはお友達の両親に比べてありえないほど仲良し夫婦らしい。
結果オーライとはいえ、超人見知りで滅多に他人を信用することが無い私が何故あの時あんなに素直に納得してしまったのか、変なプロポーズした旦那より自分自身に1番衝撃だわ。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)


284aa717c096d55ca3760b8c0d207e9d

468: 名無しさん@おーぷん 2017/11/21(火)08:48:58 ID:1gW
貞子プロポーズ見て思い出した友達のプロポーズ修羅場。
公衆での迷惑行為かもしれない、若気の至りです。今ならやりません。

飲み会で、半分プロダンサーのAがその知り合いのプロポーズにその頃流行り始めてたフラッシュモブを演出して成功したという話をしてて、飲み仲間Bが、彼女Cにプロポーズしたいので協力してくれないか?という流れになった。
Cも飲み会の常連で、フワフワとした夢見るタイプの子だから喜ぶんじゃない?とみんなで盛り上がって練習し一か月後。
デート終盤の夕刻、夕陽の景観の良い公園、ビデオ班やプロポーズが決まったら飛び出すおめでとう係の子達で隠れてスタンバイして、ダンサーの知り合いのゴスペルシンガーも協力して決行した。
いま録画を見ても、さすがプロの仕業で演出自体は本当に上手かったと思う。
Cはずっと両手で口を覆って目を見開いてた。
Bがひざまづいて指輪の箱を捧げる。
観光地なので周辺にも沢山人がいて、みんな拍手した。

という状況の中、Cの表情がスーッと一変して真顔。
いつものフワフワはどこへやら「や、ちょっとこういうのは」「え、勘弁してくださいよ」とか言いながらにイヤイヤと両手を振り続けてて、Bが「ちょっとおちついて!」と手首をつかもうとした途端に「いやー!!!」と叫んで振り払い、走って逃げるC。
呆然とするB。いや、これどーしたらいいのとキョドるカメラ班他と周囲の関係ない人達。
何が修羅場だったって、振り払った時に結構な繁みに飛んだ婚約指輪を暗くなって行く中で大捜索したのが大変だった。

結局、Cは2人きりで静かにプロポーズされたいという願望があって常々そう言ってたのにいきなり晒し者にされた気持ちになり、色々な感情が振り切れてあんな事になったらしく、普通に破局した。
おかげであの後はフラッシュモブや素っ頓狂結婚式なんて話は仲間内で出て来ない。

この記事の続きを読む >