鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:プレゼント

 (1コメント)

ダウンロード

868: おさかなくわえた名無しさん 2016/12/06(火)08:44:10 ID:wBk
先週が誕生日だったから彼氏からプレゼントをもらったんだけどもやってる。
某夢の国のチケットなんだけど、購入先がオークション。しかも期限が今年いっぱい。
一緒にチケット探しててオークションなら安いねって流れならまだいいんだけど、最初からオークションで安いの買ってサプライズプレゼントです!てのは引く。
今月で期限切れるし、そんなの人にあげる?こっちの予定無視じゃん。今月は結構予定詰まってて時間もお金もない。もらっちゃった以上断れない。正直今から憂うつ。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

ダウンロード

625: おさかなくわえた名無しさん 2016/12/15(木)20:16:49 ID:x0N
小学生の頃、ふと思い立って弟にクリスマスプレゼントをあげた。
お小遣いで買える程度のお菓子の詰め合わせだった。

そしたら、それを見た父が弟にお金を渡して
「スーパーでコアラのマーチを買ってきてお姉ちゃんにあげなさい」と言ったのね。
私は内心(それはちょっと何か違うんじゃないかなあ)とモヤモヤしたけど
そのモヤモヤを上手く言葉にできなかったから黙ってた。

私は別にお返しが欲しくてプレゼントをあげたわけじゃないんだよ。
でも、もしくれるんだったら弟が自分で選んで自分で買ったものが良かったの。
父に対して、「弟に自分でやらせなきゃダメじゃん」というイライラもあったんだけど、
あの時は何となく言えなかったのね。

あれから月日は流れ、弟は当時の感覚のまま
「何をするかは誰かが決めてくれる。お金も誰かが出してくれる。それが当たり前」
と思って大人になってしまった。

父は今頃になって、「あいつは何で人に言われないと動かないんだ」
「自主性が無さ過ぎる」と怒ってるけど、それは父がそういう風に育て上げたからだよ。
小さなことでも細かく指示して「ああしなさい、こうしなさい」と全部お膳立てして
弟は自分で考えて動く必要が無かったんだから、そりゃあ何もしない人間になるわ。

でも父は自分の育て方が間違ってたとは全然思ってなくて
むしろ「あんなに一所懸命育てたのに」と本気で思ってるからタチが悪い。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

4495

426: おさかなくわえた名無しさん 2018/08/25(土) 11:48:38.42 ID:9S8Z7XeO
自分は人にプレゼント(主に誕生日)を渡す機会が結構多い
相手は同僚だったり上司だったり友人だったりするんだけど、同じ職場に勤める友人に「プレゼントの選び方が気持ち悪い」と言われた

理由を聞くと「前は同僚Aがプライベートで使ってるものと同じものをあげてた。友人Bの時もBが好きなブランドだった。私の時もその時ハマってた物くれた。物は嬉しかったけど、好きだって話したことないのに。」と
確かに(使ってるのを知らなかったが)なんとなく好きそうだな で選んだものが相手の愛用品だったとかは稀だがある

普通相手が喜びそうなもの渡すだろうに何が気持ち悪いのかと言っても「普段から人の持ち物とか見すぎなんじゃない?そんな偶然何度も起こるわけない。目ざとい」と言われてしまった
どう言われても友人が鈍いだけだと思うんだが

この記事の続きを読む >

 (12コメント)

175

112: おさかなくわえた名無しさん 2018/11/23(金) 19:25:33.14 ID:is9uHSU4
猫飼ってる=猫系のグッズ好きって思う人の神経がわからん
今度産休に入る人へプレゼントをスタッフ一同で渡すんだけど、それが猫柄のマルチケースと猫カレンダーらしい
自分も誕生日の時に猫柄の化粧ポーチ貰ったけど別に猫グッズが好きなわけじゃない
猫飼ってるからもちろん猫は好きなんだけど…
ポーチなら花柄とかのキレイめなやつが好きだし

日頃から猫グッズ集めてる人ならプレゼントもそうしようって思うのは分かるけどそういう訳でもないのに猫飼ってるからって理由は安直過ぎ

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

0026

491: おさかなくわえた名無しさん 2017/09/18(月) 13:14:19.89 ID:bOSb9by+0
2週間後に何か良いことが起きるよ!と彼氏に言われ、
えー楽しみだなぁ、何々?と聞いたら、
生きてる子犬を本気でプレゼントするつもりだった。
いや確かに二人とも犬好きだけども…
可愛いねーいつか飼いたいねって話したくらいで
本当に飼うことを検討した覚えはない
今私名義の部屋に彼氏が転がり込む形で同棲してて、
しかも部屋には昔から私が飼ってる別のペットがいる
それなのにその選択が躊躇いなく出来るところに、
致命的な価値観のズレを感じた

この記事の続きを読む >