鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:フォロー

 (7コメント)

295

370: おさかなくわえた名無しさん 2018/05/21(月) 19:15:41.45 ID:frcho0g0
20代前半男です。
職場にパートとして来られている30代後半既婚女性についてお尋ねします。
今朝出社される際その方にお会いし、挨拶したときに、髪を白いシュシュ?で束ねておられたのを見て、
あれっ!髪型、かわいいですね
と言うと「変だよね、ごめん」とその場で束ねておられた物を取られてしまいました。
すみません変なこと言ってしまって、と慌ててフォローしましたが、結局髪は一日そのままにされていました。

その方のヘアスタイルが違うことをほぼ見たことがなかったので、何も考えず思わず口にしてしまいました。
嫌がられてしまったでしょうか。というか完全にセクハラでしょうか。
その方に対して下心はまったくありません。
明日にでも謝ったほうがいいか、もう蒸し返さないほうがいいか、悩んでいます。
なにかお教えください。

この記事の続きを読む >

 (8コメント)

010

458: おさかなくわえた名無しさん 2017/09/03(日) 03:54:07.49 ID:iAHHiMtZ0
俺は100kgあるデブなんだけど、年下の大学生の彼女がそれを何かと馬鹿にしてくる
(身長は175cmで筋肉量もまあまああるから脂肪だけのデブではないと思いたいけどデブ ちなみに短足)
毎回じゃないけど街中で同じくらいの身長でスタイルのいい男性とすれ違ったときとかすごいニヤニヤしてこっちをジロジロ見てきて「全然違うね~」「あの人脚の長さ1.5倍くらいあるね」とか言ってくる
ちなみに彼女はチビで貧乳で俺がもし同じようなことしたら絶対にブチ切れるくせに
あとフォローなのか知らないけど「私この体型が好きなの」「ポヨポヨが好き」
「スタイルいい人の隣とか並べないしそれより(俺)の体型のがいい、触り心地もいいし」とか言ってきたり
「はぁ~好き~」とか言いながら胸揉んでくる

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

7774a1d6-s

696: おさかなくわえた名無しさん 2018/01/29(月) 00:16:04.11 ID:dbEteoi70
長文ですみません

遠距離なので毎日夜電話しているのですが
彼が風邪を引いたから電話できないと言いながら3時間半もネット友達とゲームしてました。
嘘をつかれたのが本当に悲しくて問い詰めてやろうかと思ったけれど
それを知ったのがフォローしていない彼のツイッターを見たらからなので勝手に覗いて勝手に怒るのもおかしいと思って我慢しました。

その日は仮病だと思っていましたが本当に風邪で
しかも悪化したためその後2日間ダウン。
明日から3日間は元々電話できないことになっていて
合計6日間電話できないことが確定しました。
風邪で文句を言うのも悪いけれどそもそも嘘ついて遊んだから悪化したわけだし自業自得だと思っています。
でもそのことを相手には言えず心配している風にしています。
言いたいことを言えないのがとてもストレスで、かといって思うままに言うのも憚られる…
どうするのが一番いいのかわからずに苦しいです。
みなさんならどうしますか?

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

new_2929_2_1

4: おさかなくわえた名無しさん 2017/11/13(月) 13:21:59.94 ID:eLKCcqMR
フェイクありだがつい最近のこと

自分28相手32、交際1年半
お互いの親に挨拶するか~となり、我が家に来たときの話
うちの母親が相手に対して無神経な言動(大人しい子だねwとか、手土産に対してこないだ食べたばっかりwとか)をして自分や父でフォロー

で、相手曰く親と縁を切ってくれないならもう別れると
うちの親がそういう無神経な人間なのは認めるけど、育ててもらったのに今後老いていく親を見捨てられないよと言うと別れを切り出される

自分も相手の親と縁を切るよう迫ってくる人は無理だし承諾
1週間くらいしてあのときはごめんみたいな復縁を迫るLINEが来てるけどひたすらかわしてる

完全に冷めたような気もするし情が残ってるような気もする

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

749

767: おさかなくわえた名無しさん 2018/04/04(水)07:58:24 ID:4I1
以前お付き合いしていた男性

婚約こそしていなかったものの、結婚も視野に入れていて、彼が家族に私を紹介したいと言うので、彼の実家に行った

和やかに挨拶を済ませ、席に着こうとしたとき、彼が突然大きな声で
「父さん、母さん、先に言っとかなくちゃいけないことがあるんだ!」と言った
何?と思ってると
「彼女は…、彼女は母子家庭育ちなんだ!」

…え?というような、微妙な空気になった
彼のお母さんが困ったように、
「あ、お父様、お亡くなりになられてるのね…」
と言うので、
「まあ、私が社会人になった後ですけどね…」
と答えた
彼のお父さんは彼に向かって
「…それは母子家庭とは言わないんじゃないか?」
「いや、仮に母子家庭だとしても我々は何も気にしませんが…」
と慌ててフォローをしてくれた
そして、何とかおかしくなった空気を和やかなものにして、楽しく過ごすことができた

後日、彼に何故いきなりあんなことを言ったのか聞いた。あんな風に突然切り出されたら、ご両親もいらん心配をしたり、余程おかしな家庭なのかと警戒するでしょうと。
すると彼は
「自分はそんなことはないが、世の中は母子家庭育ちに偏見を持ってる人が多いから、先に言っておくべきだと思った」
→あなたの両親は母子家庭とか、複雑な家庭の人に偏見を持っているの?
「とんでもない、僕の親はそんな人じゃない!」
→そもそも、あなたは母子家庭育ちと言うが、私の父は社会人まで私を育ててくれている。
まるで父がいなかったかのように言われるのは不快
「でも、結婚するまでに父親居なくなったら母子家庭でしょ?」
→ただでさえ、20代半ばで父を亡くしてると言うと戸惑う人が多いから、そういうのは自分の口で言いたかった
「でも、母子家庭だといっておかないと。金銭的、精神的に余裕が無いわけだし、家族になるにあたって言っておかなくちゃ」

→というか、一番母子家庭に偏見持ってるのってあなただよね?
「…え?偏見、僕は持ってないよ!」

確かに我が家は父を亡くしたことで、悲しみに暮れはしたけど、困窮したり荒んだりはしなかった
彼には家の話をよくしてたけど、全く伝わっていないことにびっくりした

その後、私の母と会ったときに
「母子家庭で大変だったでしょうけど、これからは僕が彼女をちゃんと幸せにしてあげます」
と言ったのを聞いて、本当に無理になった

この記事の続きを読む >