鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:ビール

 (2コメント)

7

894: おさかなくわえた名無しさん 2016/08/12(金)22:21:33 ID:pTz
お中元について思うことなんだけど・・・。

職場に取引先から毎年お中元が届く。
その企業からは毎年ビール。いつもビール。
今日も配られたけど自分は飲めないので、モヤモヤ。
「おおう!発泡酒じゃなくて生ビールだー!!」って喜ぶ人もいるけど、モヤモヤ。
お中元なんて会社が会社に送るもので、
あくまで「お世話になりました」の気持ちっていうのはわかるけど、
お酒だと健康上の都合とかでNGな人もいるじゃん?
ゼリーとかクッキーとか当たり障りないものにしてほしいという愚痴でした。

ちなみに、そのお酒は酒豪の職員に差し上げ、お礼にチョコをもらいました!!

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

056

30: おさかなくわえた名無しさん 2018/03/29(木) 13:06:27.27 ID:DSslBNjq
ガチお嬢様の友人の家に遊びにいったこと
友人は公立大学で知り合ったし、
服装も言動もいたって普通だったからお嬢様だなんて知らなかった
最寄駅までお迎えが来て高級住宅地を走っていくあのドキドキ今でも忘れられない

あとそれを知ったあとで、そんなガチお嬢様でも
安いチェーン居酒屋でビールがぶ飲みするんだってことに衝撃受けた

この記事の続きを読む >

 (9コメント)

af9920067038m-1

441: おさかなくわえた名無しさん 2016/07/29(金)10:48:30 ID:Xdx
書き捨て投下。
些細なことで喧嘩していた貧乏同棲中の彼。
夜にビールを買ってきて、つまみを物色。いいのがあった~とニヤニヤ顔でとりだしたのは、私が実家でもらってきた高級な蟹。
太ってきたから断食しろと言われ、お茶とサラダ以外は口にするな、口にしたら別れると言われていたので、私は食べられない。
私が蟹に目がないのも、二人で食べるのを凄く楽しみにしていたのもしっているはずなのに。つまみが欲しいならビール買いに行ったときに何か買ってくればよかったのに。
完全な嫌がらせ。

私は楽しいことや美味しいものは二人で共有したいので、いくら喧嘩中でも相手が楽しみにしてた大好物を意地悪で食べるのが理解できなかった。
食い意地が汚いと思われるかもしれないけど、未だに腹に据えかねてる。

別れるつもりはないけど、他にもモラハラが多くて、ちょっとしんどい。

初投下なので読みにくかったらすみません。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

266

10: おさかなくわえた名無しさん 2016/01/12(火)23:12:51 ID:hEv
歓迎会で居酒屋に行った時、「全く飲めない」の全くの度合いが人によって違ったことで修羅場になった

私は本当に「全く、一口すら」飲めない
家族全員飲めなくて、二十歳になった時に「カルピスのやさしいお酒 もも」を二口飲んだときも
顔が真っ赤になり、真っ青になり、寒気がしてガタガタ震えて意識が遠のいた
二口しか飲まなかったのも、お酒が苦くて舌が痛くて飲めなかったため
その時は一緒にいた友達が看病してくれて、ウコンの力を飲ませてくれたりして救急車を呼ばずに助かった

それからけしてお酒は飲むまいと心に誓った
甘酒や粕汁でも匂いで気持ち悪くなることから口をつけないようにしていた

それから二年たち、就職して職場で歓迎会が開かれた
女性が少ないところで、そのせいかそこですごくお酒を勧められた
私は「全く飲めません」と前もって伝えてあったのに、席についた途端幹事が「とりあえずビール」と全員分のビールを注文した
「全くっていっても最初の一杯は飲めるでしょ?」と
周りも「付き合いで乾杯くらいはしないと」「これだけでいいから」と譲歩してやってるぞ感を出しまくり
周りは乾杯してぐびーっと一気飲みする人もちらほら
私は口もつけられない
周りからは囃し立てられるし、どうしようもなくて、ジョッキを固く握りしめた手が震えていた
それをみてとった斜め前に座った先輩が私の手からビールをとって、ぐびーっと一気飲み
そのまま空のジョッキを私に返してくれた
四面楚歌だったからその優しさが嬉しくて、泣いてしまって、そしたら先輩が私を連れて一緒に外に出てくれた
「よしよし、怖かったね」と慰めてくれて、その優しさに余計涙が止まらなくなって心の中が修羅場だった
だって傍から見たら先輩が私を泣かせているように見えただろうから
その歓迎会はそのまま先輩が送りかえしてくれた
週明け会社に行ったら、先輩が私を口説いて連れ出したと、先輩が悪者になって私を庇ってくれていた

この記事の続きを読む >

 (14コメント)

588

556: おさかなくわえた名無しさん 2017/04/19(水) 07:20:44.37 ID:egw8P6gb0
もう別れたけど前の彼は野球好きで
日頃から君にも好きになって欲しい
興味なくても球場に行けばきっと気に入る
とか言ってて「そうなんだー」「そうかもねー」って軽く流してた
ある時ビールも飲めるから飲みの延長で行こうよと執拗に誘われたので行ってみることに
ちょうど今くらいの春先の時期で日中は暖かいけど日が沈むと肌寒かった
ビールを飲む気にもならずかと言って野球選手もよく知らないしそもそも遠くて何やってんだかよく分からないし
彼はぎゃあぎゃあ騒いで会話できる雰囲気でもない
はっきり言って苦痛だった
風邪をひきたくなかったので
彼に「私には合わないし寒いから帰るね」と告げたら「つまらないのは参加しようとしてないから。声も挙げず座りっぱなしで寒いのは当たり前」と非難された
チケット代は返すからとにかく帰りたいと言ったら「今回は許すけど次はデイゲームだな。日中だから寒くないよ」と言い始めてもう無理ってなった
別れてすぐまともな彼氏が出来たけど今でも野球のニュースとか見ると背筋が凍る

この記事の続きを読む >