鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:パニック

 (2コメント)

78

158: おさかなくわえた名無しさん 2017/11/29(水) 01:54:46.96 ID:xTgTyFdq
私は同性愛者。
特に恋愛関係で苦労もしてないし、
自分が同性愛者であることを悩んでもない。

ある日、親友と夜中まで私の部屋で深酒をしてて、恋愛に話題が流れたとき、
何の気なしに、自分が同性愛者であることをカムアウトした。
その瞬間、親友、「待って!?私、あんたとは付き合えないよ!?襲わないでよ!?」
とパニック。
それはまあいいんだが、「いや。あんたはそもそも好みじゃないから、襲わないし」と言ったら、
「何で!?私でダメなら、誰ならいいの!?何で私じゃダメなの!?」とキレ始めた。
確かに親友はモデル体型の超美女だが、好意を寄せられるのは嫌なのに、自分が超美人だという自覚とプライドだけは主張した親友は、ずうずうしかった。
どうしろって言うんだよ、私はモデル体型じゃなくて、もっちり体型好きなんだよ。

この記事の続きを読む >

 (21コメント)

ダウンロード (95)

57: おさかなくわえた名無しさん 2017/02/13(月)22:25:15 ID:dnq
夫からいきなり「専業主婦の癖にお前の家事があまりにもだらしなさ過ぎる、何とか改善してくれ」と注意されたので
口ゲンカになり昨年末から最近までずっと実家に帰っていた

どうせ家メチャクチャなんだろうな~子供らはちゃんとやってるだろうか~なんて考えながら
先日久々に我が家に帰宅してみると、何と私が実家に帰った時よりも家がキレイになっている
慌ててたまたま家にいた長男に話を聞いた所、夫・長男・長女の3人で協力して家事をやっているとの事
「オカンがいなくても正直何の問題も無かった、どんだけちゃんと家事やってなかったの?
もう俺らだけでじゅーぶんやってけるからまだまだ実家帰ってていいよ」などと笑顔で言われたので
パニックになってしまった私は一通り家を荒らしてから実家に逃げ帰ってきてしまった

その後夫からメールが来た
「見て分かったと思うが俺達だけで家の事は問題無くやっていける。離婚しよう」と告げられて今度は鬱になってしまった…

私のありがたみを分からせてあげるつもりが、何故か自分の首を締める事になってしまったのが現在進行形の修羅場
離婚だけはしたくないんだけど、どうしよう…

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

100

243: おさかなくわえた名無しさん 2017/02/12(日)01:18:24 ID:Zkm
愚痴です。
つい最近2年ぶりに初めてアルバイトに始めようと思い活動した。
すぐに見つかり働き始めたが2日目にして店が混んでる最中にパニックになり
過呼吸を起こして実質クビ、次に働いた所も立ちくらみでそのまま倒れて鼻血を出し
パニックの発作が出てしまい収まるまで2時間ぐらい休憩室に転がる始末。
2日後電話で「向いてないと思う」と言われてクビ。
実は精神科に通院していて未だに就労不可のまま
しかし病院にかかるお金が尽きたし、このままダメになりそうだから
働いてみたけどダメみたい
なんか悔しい

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

74virus_fukutsuu-300x300

154: おさかなくわえた名無しさん 2018/10/23(火) 07:54:53.41 ID:YbFHED6K
ずいぶん昔のことだが。

大学院生だったころ、研究室の皆で昼食をとりに近所の定食屋に行ってなんだか覚えてないけど
味噌汁付きの定食を喰った。

蜆の味噌汁で、ずいぶん泥臭いなと思いながら食ったのを覚えている。

歩いて研究室に帰ったらなんだか体調が悪い。胸が苦しいので帰宅したが、
どんどん苦しさは増して、そのうち足がしびれ、手がしびれ、と末端からだんだん動かなくなっていった。

うわーこれはやばい!!と119番したかったが手が動かない。

そのうち心臓が・・・心臓がサボりだすようになってしまった。3回打つところを2回しか打たないみたいな。
死ぬのかなと思ってパニックになっていたんだがそのうちだんだん筋肉が動き始めて
痛い全身を引きずってぬるい風呂に入っていたら治った。

保健所にいた父に聞いたら「ボツリヌスだよそれ。その定食屋潰さなきゃね」とのことだった。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

41ac00622f18967cb8dcb6a89956e50d65_t

653: おさかなくわえた名無しさん 2015/12/05(土)21:00:30 ID:2XQ
住宅街の少し入り組んだ場所に、大好きな銘柄の缶コーヒーを売っている自販機がある(その住宅街にすんでいる訳じゃないが、その缶コーヒーを売っている自販機はそこしかしらない)
ある夏の暑い日、散歩ついでにその自販機まで足を伸ばすことにした。
自販機の少し手前の角を曲がった瞬間、頭から血を流しながら這ってくるおばさんが目に飛び込んできた。
呻きながらこっちに這ってるその姿をみて、情けなくもパニックになってしまい「コーヒー買うんで失礼します!」と言い残し走り去ってしまった。
角を曲がりおばさんの姿が見えなくなると少し落ち着いてきて、やっぱり放置してはダメだと思い直し、もと来た道へ戻った。が、おばさんいない。
慌てて探すと、出会った場所から更に進んだ場所で何故か蝉のように仰向けでピクピクしてた。
誰か手伝ってくれそうな人はいないかと辺りを見回すと、電柱の影で身を寄せ震えているお婆ちゃんと孫の姿が。
その姿がキャーコワーイの抱き合うAAに見えたので不謹慎ながら微笑ましくなってしまい、おばさんに声かけ→救急車と警察に連絡と落ち着いて対応することができた。

ホラー映画や怖い話は苦手なのでこんな流血場面に出くわしたのも衝撃的だったが、駆けつけた救急隊員が到着するなり「またあなたですか!」とおばさんに言ったのが凄く衝撃的だった。

この記事の続きを読む >