鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:パソコン

 (11コメント)

11155

div class="t_h" >986: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/07/02(水) 16:19:18.34
嫁がいちいち厭味言うのをやめさせたい
俺が何もしないから駄目なのは判ってる
飯食ったあとパソコン触ってたら「食器さげておいてね」
食器を持って行ってパソコン触ってたら「茶碗水に浸かってないよ?浸けた筈なのに浸けて無かったねって言い訳は止めてね」
一応謝るよ。その後「台は勿論拭いてくれたよね。有難う」
拭いてないけど疲れてたからソファーで横になってたら「台拭き持っていかないよ。寝る前に拭いて置いてね」
結局寝落ちしたけどそんなに言う事ないんじゃないかなって思うわ
共働きだけど、疲れてる時位休ませてほしい

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

90-310
569: おさかなくわえた名無しさん 2012/11/21(水) 13:18:38.55 ID:0khyNWsj
別に特にスーっとするわけではないが先週廃品回収業者とモメた。

会社の使わなくなったPCやモニタ、机やイスを年末の大掃除にむけて
まとめて置いていた。 

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

a17a44adcef67b56a45d68a99b74a96efc9119091419088456
794: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/09/02(月) 22:53:52.11
正社員やりながら、パソコン教室の講師をお小遣い程度やってる。
今日母親から電話かかってきて、「あんたPCくわしいから、教えて」と、
パソコン習って正社員になるなら、どれぐらいパソコン使えれば
いいのか、と聞かれた。エクセルとワードの資格とれば、と教えた。

数分後、また母からかかってきて、どこでそれは習えるのか、と聞かれた。
市のパソコン教室とか、専門学校とか色々あるよ、と教えて電話切った。

数分後、また母から、市のパソコン教室はどこにあるのか、いくらぐらいかかるのか、
と連絡がきた。自分も知らないし、自分で調べろと伝えたら、
「職場仲間が、分からないと言って泣きついてくるのよ」と困りはてた声を出した。
母の寝る時間になっていたので、自分の電話番号を教えていい、と伝えた。

そうしたら、自分と同い年らしい女が、電話かけてきて、挨拶もそこそこ、
いきなり身の上話はじめた。夫が借金つくった。小さい子どももいる。
だから正社員になって働いて、自分が生活支えなきゃ、と泣く。

パソコン今から覚えて正社員になるよりも、自己破産するなり、
旦那と離婚するなりして、生活立て直す方が先なんじゃ・・・と
思わずツッコんじゃったら、「子どもを普通に育てたい」
「マイホームがどれだけ持つのが大変か」と言って、聞かない。
無料法律相談所は「そんなの知らない。何だか怖い」。
パソコン関係ない、レジ打ちとかいつでも働けるんじゃ・・・
「大卒なのにそんな程度の低い仕事したくない」
じゃあ今までの経験活かして何かしたら「バイトでしか働いたことない」

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

6a0d3530-s
901: 素敵な旦那様 2005/10/15(土) 23:57:57
漏れSEで家に仕事もってかえって、 
プログラム組んでるときに嫁が画面みて、 

嫁「何て落書きしてるの?」 
漏れ「いや、これ仕事だから」 
嫁「こんな適当仕事なの?」 
漏れ「適当じゃないから。大まじめだから。」 
嫁「嘘でしょー」 
漏れ「本当だって」 
嫁「こんなんなら私にもできそうだなあ」 

どうやらソース書いてるのが適当に打ってる落書きに見えたらしい。 
で、落書きでないことを見せるためにモグラたたきを作って見せたら、 
2時間もPC返してくれなかった・・・orz 

今日は徹夜だな。

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

2526

69: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/11/24(火) 18:05:51.48 ID:5W2IZYL3
たった今あった衝撃的な話
自分は小さな雑貨店をやっているのだが、年配のお客様が来た
まあこの時間は暇な店で、お客様が色々と聞いてくるので
商売とは全然関係ないがパソコンで調べて印刷してやった
色々雑多な事柄でとりとめもないが暇なのでさびしい人かと思い
30枚以上なんやら(漢方薬やら病院やら宅配弁当とか)印刷した
で、別のお客様が来店されたのでその人はまた来るって帰っていったのだが
お礼ねと言って断る暇もなく何か封筒を置いていった
で、べつのお客様が帰った後封筒を見たら56000円入っていた
今までみかんや飴玉、缶コーヒーはもらったことはあるけど
すごく驚いた、しかもなにか中途半端な金額だし
マジどうしよう

この記事の続きを読む >