鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:バイト

 (4コメント)

691

625: おさかなくわえた名無しさん 2018/02/02(金)14:45:34 ID:wAs
愚痴というか、なんとなくモヤモヤしてること。
大手飲食チェーン店でバイトしてたんだけど、いろいろあって向いてないなーと思って、春にやめることにした。
それを親に伝えたら、いつも私が何やっても「あんたの勝手にしろ」ってスタンスなのに今回に限ってワーワーうるさい。特に母。
「やめるな」ではなく、「その程度でやめるなんて」「そんなもの社会では当たり前」「労働が楽しいわけないだろ、金のために働くもんだ」とか言う。
人間関係でやめるのが甘えって言うなら、じゃあ何で母さんは人間関係で仕事やめたの。
しかも母さんいつも仕事やめたの事後報告だよね。
なのに私にはワーワー言うのか……てモヤモヤ。
大人になるって社会の不条理に耐えて苦しむことで、それが常識みたいに言われたのにもモヤモヤする。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

doctorw2_shock
433: おさかなくわえた名無しさん 2012/05/16(水) 23:41:49.31 ID:sc3km9l3
コンビニバイトしてるんだけど、持ち込んだ弁当箱をレンジで温めてくれと言われた。
噂に聞くけどマジにいるんだな、と思いつつ、コンビニのレンジは業務用の強力なもので、
それに合わせて設計されていないものを温めると爆発する等の危険があり、
衛生上の問題も生じうることを伝えて、申し訳ございませんが致しかねますとお断りした。
すると、そのお客さん日本語が母語ではないらしく「えっ、できませんか、microwave...?」と食い下がる。
ダメだこりゃ言ったこと1ミリも伝わってねえ!と思って「無理です、どうしてもできません」と言うとやっと諦めて帰ってくれた。
逆切れとかされないだけよかったが、そんな少し考えれば無理だとわかるような要求を断られて、
え っ!?なんていかにも心外そうな顔して食い下がるか普通・・・

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

ダウンロード (14)

856: おさかなくわえた名無しさん 2018/02/26(月)21:11:47 ID:foP
就活の始める21女です。
私には隣県に彼氏がおり、同い年で彼も就活を始めます。
また、私たちは就職してから一年をめどに結婚を予定しており、どちらかの県に二人とも就職しようと言っています。
最初私が住んでいる県で就職をしたいと彼に話したところ、
じゃあ自分もそちらの県で就職活動するよと言ってくれていました。
ところが最近になって、彼が就活に失敗したら現在のアルバイト先(私で言うところの隣県でのバイト地です)で就職したい、
現時点でほぼ内々定くらいだと話してくれました。
彼はまだ私の住む県でも就職活動はすると言ってくれていますが、
おそらく今のバイト先の方に熱意を持っているようです。
彼が私の住む県で就職活動をする理由は「プライベートにゆとりを持てる」「私と会う時間が短縮できる」
という点のみです。
彼の就職と私の就職が別々の県になってしまうと、今の地理的に中間地点に住んでも通勤時間が1時間半近くになりそうで
お互いのためにできないのではないかということです。
本来ならやりたいことが決まっている彼の就職先で応援してあげられれば良いのですが、
私は職種に大きなこだわりがない代わりに「住んでいる近場で就職する」をずっと目標に一年情報収集していたので
この時期の彼の話にまだ頭がついていきません。
結婚するにあたって就職先が離れていることはデメリットになりますか?
気持ちを切り替えて、彼の就職先の近場に目先をシフトしていくべきでしょうか。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

no title

209: おさかなくわえた名無しさん 2015/05/08(金)19:45:16 ID:AZ1
高校生のころにコンビニでアルバイトをしていたら、
いかにも893なおっさんがワンカップを購入していった。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

1554

493: おさかなくわえた名無しさん 2015/10/14(水) 01:48:15.48 0
高校時代、ちょうど今の時期の夕方6時前くらいにバイト先へ行く途中
スマホを弄りながら歩いていたら後ろからいきなり羽交締め(?)された。
肩の上から首にかけて腕が巻きついてる感じ。
いきなりのことで完全にパニックになり、普段はでかい声でうるさいキャラだったのに声が出なかった。
今考えたらただの変質者だと思うんだけど、その時はなぜか「殺される」と思って咄嗟に右手を振り上げた。
そこにはiPhone4sがあって、たぶん変質者の顔面あたりにヒットした。
痛かっただろうけど、その割に叫び声もあげてなかった。
必死だったから細かいことはあんまり覚えてないけど
とにかく腕から逃げて近くのコンビニに駆け込んだ。
コンビニの雑誌コーナーからチラッと外を見たけど
つけられてる感じがしなかったから通報もせずそのままバイト先へ行った。
バイト先ついて仕事してるうちにだんだん怖くなってきて、
帰り道1人で歩く勇気ないから友達を呼んだら怒られた。
その出来事から時間も経ってたし、無事だったから学校にも警察にも言わなかったけどそれからしばらく夜は1人で歩けなくなってしまった。
今も夜歩く時は人と電話しながらじゃないと歩けない。

襲われたのも修羅場だけど、iPhoneの反撃を食らった向こうの方も修羅場だったんじゃないかな。

この記事の続きを読む >