鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:バイト

 (4コメント)

862: 1 投稿日:2009/12/17(木) 21:21:56 ID:+8s5DzeBO
さらっと数年前のを書く
さらっと暴力あり

俺…21才学生
彼女…22才学生
後輩A…20才
バイトの後輩達

とあるファーストフードでバイトしてた頃
同じバイトの一つ上の子(上原さくらと中島美嘉を混ぜた感じ)に告られて付き合い始めた
店のバイトの中じゃ可愛い方で後輩Aに羨ましがられた事を覚えてる

その後、マネージャーがドジなバイトをイジメてたのに反発してケンカ
辞めて別のバイトを始めた

バイトが変わったのもあり
それに併せて彼女の趣味=彼氏とベッタリってのが嫌で
1週間に7回会ってたのを3、4回にした

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

510: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/10/20(火) 22:46:12 ID:XaIvdsOdO
学生時代から3年くらい付き合ってた彼氏は、八方美人で広く浅く
嫌われたくないから誰にでも優しくするような人間で、周りからは情に熱いとか
友達思いだとか曲がったことは一切許せないタイプだとか
割と評価が高かった。

ただ、私の前では私の好きなもの、好きなこと等をことごとく否定し見下し
恐ろしい程の束縛から私の行動範囲やらバイト先まで管理するような人だった。

わたしは一般から少しそれたような趣味もあり、(オカルトとかそのくらいのレベルですが)
自分の理解できないものは全て私から排除しようとするような人で。

窮屈に感じていたが、彼のやり方が上手く
私も漠然とおかしいのは私で、彼が正しいのだ。と思い込むまでになってしまった。

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

318: 投稿日:2012/06/29(金) 04:21:10.07
もう20年前のはなし。
当時、母と母方の祖母が相次いで癌を患い、
私たち一家は田舎の母方の実家に同居し助け合うことになった。
父は小さな会社を経営しており、そのまま都心に単身赴任。母の実家には、曾祖母、祖父母、母、私(12才)、弟(7才)、そして敷地内の離れに伯父夫婦が住むことになった。

父が来る週末、仲良しの伯父と父はよく飲み会をする。
その日は珍しく、私達子供は祖父母と遊び、その間に離れで母、父、伯父夫婦が飲み会をしていた。

暫くして、母が私達の様子を見に帰ってきた。
母と弟とテレビを見ていたら、伯父が泣きながら母屋に飛び込んできた。
伯父「ひどいよ!夫(父)くん!」
母「えー?何よー?また意地悪言われたの(笑)?」
母は、ひょうきんな父がよく伯父をからかうのと、伯父は少し泣き上戸なので、大したこととは思っていなかったのだ。
伯父「夫くんが、伯父嫁ちゃんと仲良くしてる…」

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

859: その1 2014/01/23 23:03:06 ID:45nAxTXa
バイト先での話。
長文&武勇伝かな?って感じですが・・・

バイト先はカラオケ店。
新人さん(以下:清水さん)が入ってきた。
新人と言っても店長よりも遥かに年上で既存バイトも全員10歳も年下。
それなのにひたすら謙虚。
物覚えがよくて気がきいて面倒なお客さんのあしらい方も上手く、
1ヶ月足らずで一人でお店を任せられるようになった。
業務レベルも一人前なんだからタメ口でいいと言っても
「皆さんは先輩です。仕事する上でタメ口なんて『ダメ、絶対』です。」とずっと敬語で
ユーモラスな人なのでもっと仲良くなりたいと思いつつ、なんかちょっと距離のあるまま時が過ぎた。

ある日のこと、清水さん(♀)と私(♀)とミキちゃん(♀)とで業務中、
オーダー提供に行ったミキちゃんが半べそで厨房に帰ってきた。
理由を聞いたらオーダー提供に行った部屋のカップル(高校生)がヤっててどうしたらいいと・・・
私も「えっ;え~;;;」とオロオロしてたら
清水さんが「この時間ならお二人でお店まわせますよね。任せて」と
該当の部屋に入るなり電気を付けて「2分で服着て。2分後にまた開けるから」と部屋の外で待機。
※私は暇な時間帯だったのでちょいと離れたところで見てた※
清水さんの口調はあくまで柔らかく刺もない感じ。
2分後、部屋に入った清水さんは唐突に「警察・学校・保護者。どれがいい?」とピシャリ
質問に答えないまま、ひたすら「すみませんでした」を繰り返す高校生に
「謝罪しろなんて言ってない。警察・学校・保護者。選んで」とピシャリ。

この記事の続きを読む >