鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:ニート

 (0コメント)

ecn15021711450008-p4

95: おさかなくわえた名無しさん 2009/05/31(日) 02:01:22 ID:RZqWvL2M
冷め話

二人の意見が食い違う時がある。そうすると次の日にメールか電話で
「友達に相談したらお前は間違ってないとみんな言ってたよ」
と言ってくる。それが多すぎてちょっと冷めた。

私は仕事が忙しく午前様なんてしょっちゅうだった。相手はニートだった。
メールの返事が遅いと会社の前で午前2時でも3時でも勝手に待ってる。
ちなみに相手は千葉。私は東京。 

理由は「連絡なくて心配だった」・「俺はただ家まで送りたかった」

遠方から来てるのに家まで(5分)送ってもらってバイバイじゃなぁ・・・
と思い、ファミレスで2時間付き合う。朝方4時になる。
次の日も仕事で8時起き。

こんな日が週に何回もあるので
「もう待たなくていい。悪いけど・・気を使うからこういうのは止めて欲しい」

とお願いした。次の日すかさず「友達はみんな『俺でも同じことする』って言ってた」 メール。

別れ話をしてもまた・・「彼女(私)が間違ってるよね。別れるべきじゃない」ってみんな言ってる。メール

ブチ切れて別れた。私の時間を返して。 
そして長文スマソでした。




この記事の続きを読む >

 (0コメント)

765

36: おさかなくわえた名無しさん 2017/08/01(火) 11:40:58.61 ID:VGlONDTe
学生の時付き合ってた社会人の元カレ。
5歳以上年上だったけど
ニートの意味を知らなかったのをキッカケに冷めた。

たまに「俺の家って父親と俺以外ニートでさー!」と話し出すけど母親は専業主婦じゃないの?とか、なんか話が合わないなと思って詳しく聞いたら

・母親→家事以外にパート。
・姉→結婚して共働きパート。
・弟→就職希望した所に落ちてバイトしながら次の試験(公務員だったような気がするけど忘れた)まで浪人。

で、誰1人ニートじゃなかった。
学生と正社員以外は全部ニートだと思ってたようで無職で家事や就職活動とかしていない働く意思がない人がニートだから、
2人はパートしてる主婦だし弟もバイトしてるならニートじゃなくて浪人生かフリーターじゃないの?
って言っても「え?違うよ!ニートだって(笑)」と絶対に認めない。

その後も懐メロ=演歌のみだと思ってたりとかちょいちょい言葉の意味を間違って使われて「それ違うよ」「いや違わない!」のやり取りでだんだん雑談すら面倒になってきて別れた。

最近風の噂で人間関係のトラブルで鬱になり退職し現在数年ニートしてると聞き思い出し書き込み。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

543

376: おさかなくわえた名無しさん 2015/08/03(月) 13:09:25.95 ID:bRQ02tS7
実家暮らしの社畜なんだけど家にお金入れたくない

姉がニートで1円も入れてないどころか家の金を消費してるのに
俺だけ入れるのはおかしい
生活費になってるならまだしも、俺の入れた金がそのまま姉の小遣いになってやがる

月4万しか入れてないから、一人暮らしより安いけど納得行かない

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

87fce0be
180: 名無しの心子知らず@無断\(^o^)/ 2015/02/16(月) 20:37:22.44 ID:ES4E+our.net
夫とは共働きの約束で結婚した。 
仕事が好きで、出産後も働くつもりでいた。 
でも妊娠した途端、母子家庭で育った夫から、家に帰って誰もいないのが寂しかったと訴えられて、納得して専業主婦になったつもりだったけれど。 
子供が高学年になって手がかからなくなったので請負でチマチマ仕事始めたものの、いつも仕事があるわけでもないし低額収入。 
ならばと派遣に登録しようと思ったら、10年ブランクあったら職歴無しだと言われ、請負も職歴にならないと。

この記事の続きを読む >

 (18コメント)

745

395: おさかなくわえた名無しさん 2017/01/25(水) 14:16:11.53 ID:Oio7cCxA
二年前にニートだった兄が働き始めたキッカケが衝撃的。
兄は頭は良く一応いい大学を出た後、名のある銀行に就職したが
たった三ヶ月で辞めてしまい、以来引き摺り状態だった。
しかしニート5年目になったある夜中に
私の部屋をドンドン叩きまくり、ドアを開けるといきなり
「(私)、今いくら金ある?頼む貸してくれ、必ず返す!あるだけ貸してくれ!」
私はアホかと思いつつ若干涙を浮かべている兄に「何に使うの?」と一応聞いた。
当時私は大学生で実家住まい、バイトもしてたので
20万位の預金、財布には2万ちょっと入っていた。兄はいきなり「猫を飼いたい、二匹飼いたい」と言い出した。
「猫なんか飼いたい言える立場じゃないのは、わかってる、でも引き取りたい。」
と、ネットで見たラガマフィンと言う猫のブリーダーが夜逃げして
ラガマフィン仔猫が多数保護され、里親を探している書き込みを見たらしい。
「可哀想だけど…仕方ないじゃん」と言ってみたが結局兄は
朝方両親に話し父から10万を借り、私も10万出した。
兄はニートとは思えない素早さでラガマフィン仔猫を二匹引き取り、トイレ餌ボウルと砂とベッドを買い揃えて
翌々日から警備会社の研修を受け、そこで夜勤日勤問わずに猛然と働き出した。
仕事中は母に頼んで猫を見ていて貰いその月から食費との猫代を7万家に入れ 
翌月には私と父にお金を返した。
そして先月、兄はその警備会社の社員になった。
「猫達が病気したら病院代がかかる」と今でも夜勤も日勤もやっている。
父から怒鳴られ、母から泣かれて親戚には笑われてそれでも働かなかった兄がペット飼いたさに働き始めた事も
衝撃だったけど、人生は一晩で変わる事もある(しかも部屋から出なくても)と
言うのが、現実にあり身近に見た事が一番衝撃的だった。
働く兄とは反対に、二匹の猫は今日もお昼寝している。

この記事の続きを読む >