鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:ニュース

 (1コメント)

images (6)
551: おさかなくわえた名無しさん 2015/03/05(木) 21:26:27.67 ID:Aja5UgB/
私の地元にはどうしようもないくらい荒れに荒れまくっていた中学校があって
生徒同士の暴力事件は日常茶飯で、喫煙や飲酒や、そこだけが平成ではないような空間。
そんな中学にある先生が赴任してきてからは、その先生が生徒達と真剣に向き合いどんどん更生していった。
たった1年でその中学から不良が消え先生はもうスター扱いで
生徒も保護者も近隣からも好かれ、誰も一人悪口なんて言わない。
だからその先生が生徒を強姦して捕まったニュースが流れた時のあの衝撃は、数年経った今でも忘れられない。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

56

874: 名無しさん@おーぷん 2016/05/30(月)12:58:57 ID:uFY
北海道での行方不明事件見て思い出したんだけど自分もよく親に置き去りに
されてた。置き去りよりも家から放り出されることのが多かった。原因は何か
親の気に障ることをしたんだろう。両頬びんたされたり、息ができず吐くほど
泣いた記憶はあるが自分が何をしたかの記憶はない。
小学生の頃、家から閉め出されてもう死んでしまいたいと思ったけど勇気が
なく田舎だったので山の方へ歩いていってそのうち暗くなって疲れてみつけた
農機具小屋?のようなところに入り込んで寝てしまった。
翌朝警察に発見された。山狩りをしたようだった。親は人前では見つかって
よかったって泣いてたけど誰もいなくなってからまた殴られた。それからは外
に出されることはなくなった。成長に伴い暴力は減っていったけど精神的には
病んだ。今は薬もやめられたけどこのニュース見たら思い出しちゃった。
子供が無事だといいけど。

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

ダウンロード
192: おさかなくわえた名無しさん 2015/02/25(水) 11:41:09.07 ID:Ft6c2l7U
高校生の時、夕方早くに帰宅した父と一緒に夕方のニュースを見てた。
特集が気まずい事に、「乱れる若者の性」みたいな感じで、私は宿題するふりして、リビングで教科書とノートを広げながら聞いていた。
父は真剣に見てて、特集が終わると私を見ながら一言。
「お前はすぐ誰とでもヤるもんな~」
当時喪女だし処女で、そしてそれは今も変わらない訳だけど、父からそんな風に思われていたのがショックで何も言えなかった。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

bb94665927eb304223e78e4f84f90898-e1448965047698

1: 砂漠のマスカレード ★ 2016/12/14(水) 14:19:41.19 ID:CAP_USER9
これまで5000人を超える30~40代の独身男性からさまざまな悩み相談を受けてきました。
しかし、同世代の女性たちが「〇〇だから不安」「〇〇のリスクは避けたい」と具体的な悩みを打ち明けるのに対して、
男性たちは「そろそろヤバイと思いました」という漠然とした不安を抱いているだけ。
大半の独身男性は、「『何がどれくらいヤバイのか』自分でもよく分かっていない」のです。

「仕事はそれなりにソツなくこなせるけど、恋愛・結婚はうまくいかない」
「会社の女性社員とはうまく話せるけど、飲み会では女性との会話が盛り上がらない」
「長いつき合いの友人はいるけど、あまり会えなくなって1人の時間が増えた」
「まだ大きな病気やケガはしていないけど、ときどき胸や胃腸に違和感がある」

このように「自分なりに楽しく暮らしているけど、何か引っかかるものがある」という心のモヤモヤが年月とともにジワジワと心身に蓄積されて、大きな不安になっていくのです。

なかでも、彼らが最も不安を感じているのが結婚。「もう若くてかわいい子とは結婚できないのか?」「このまま結婚せず一生一人で生きていけるのか?」と頭の中で考えながらも、
一歩踏み出すことができないまま、いたずらに年齢を重ねてしまう男性が少なくありません。
彼らにとってどんなものが結婚の障害となっているのでしょうか。

■「男の30~40代はまだ大丈夫」のうそ

独身男性たちは結婚に関して、「女の30~40代はキツイけど、男の30~40代はまだ大丈夫」という楽観視をしがちですが、それは間違っています。
「男は若い女のほうが好きだから」という発想から楽観視してしまうのですが、だからと言って男性のほうが結婚しやすいわけではありません。
結婚市場における30~40代男性は年齢以前の問題で、非常に厳しい状況下に置かれているのです。

一生に一度は結婚したい、と思っているのなら

総務省統計局発表の人口推計(2016年6月1日現在)を見てみましょう。

20~59歳を5歳刻みで見ていくと、55~59歳で女性が4万人多い以外は、どの年代も男性が2万~19万人多いため、一夫一婦制の日本では必然的に余ってしまうのです。
さらに注目すべきは、50代半ば以降は逆転して女性のほうが多くなること。
これは疾病などで男性のほうが早く亡くなるからであり、もしあなたが「『一生に一度は結婚したい』と思っているのなら急いだほうがいい」でしょう。

もう1つ注目してほしいのが2015年の国勢調査。
これも20~59歳の男女を対象に5歳刻みで「未婚」「配偶者有」「死別・離別」の割合を見ていくと、
どの年代においても男性のほうが独身者の人数(未婚+死別・離別)も割合も、圧倒的に高いことが分かります。

つまり、「男性のほうが人口も独身者の割合も高い」「選べる立場にあるのは女性側」ということ。
私は30~40代の独身男性たちに、まずこの現実を話して、「女の30~40代はキツイけど、男の30~40代はまだ大丈夫」という根拠のない楽観視を変えるように促しています。

■女性の若さと引き換えに何を渡す? 

根拠のない楽観視を捨て、「前向きに結婚を目指そう」と相手を探しはじめたとき、次の障害になるのは「若い女性と結婚できるのでは?」という願望。
「厳しいかも」という不安こそあるものの、芸能人の結婚やネットニュースなどを見て「やっぱりイケるかも」という願望を持ち続けているのです。

12月5日放送の「しゃべくり007」(日本テレビ系)で、くりぃむしちゅー・有田哲平さんが結婚を発表しました。
45歳での初婚で、相手は「一回り以上年下の一般女性」と言われています。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161214-00149299-toyo-soci
東洋経済オンライン 12/14(水) 6:00配信

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

112

254: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/01(金) 14:29:43.65
もう5年以上前になるけど、実の弟が逮捕されたこと。
友達と子連れでファミレスでランチしてたときに、夫から「お前の弟何歳だったっけ?」と電話があり、なんで急に?と思いつつ答えると興奮気味に、
「逮捕されたぞ!!」と言われた。
公務員だからお昼のニュースで名前が出たらしい。
一気に修羅場に包まれた。
料理の味もわからなくなるくらいに。
というより、そんな衝撃的なことなら「落ち着いて聞いてくれ」くらいのワンクッションはあってもいいと思うぞ、夫。
今でも名前と罪名で検索すると出てくる。
その頃にはすでに実家とは絶縁していたとはいえ、あまりに利己的な犯行だったので、怪我がなかったとしてもお相手の方には大変申し訳ないです。
停職処分になりつつも去年公務員の強みでか立派なマンションを購入し、たまたま見つけた本人のSNSの記事で、さも自分は震災のときに活躍しましたよ、という昔から変わってない高飛車な態度に、ひとり思い出し修羅場。

この記事の続きを読む >