鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:トラウマ

 (14コメント)

21

684: 名無しさん@おーぷん 2017/01/16(月)19:38:04 ID:6eZ
娘が2歳のとき、街中で暴漢に襲われたことがある
相手は知的な障害のある人だったんだけど、ふいに何かがスイッチになってパニックになったらしくて
周りにたくさん人がいる中で、私の娘を標的に定めて襲ってきた
とっさに娘を抱え込んで亀みたいな体勢になるのが精一杯だった
結果的に私は肋骨と骨盤を骨折して内臓が一部破裂したけど、娘は服が汚れただけで済んだ
精神的な傷が怖くてずっと経過を観察してきたけど、特に記憶にも残らなかったみたいで
トラウマめいたこともなく、無事に成人してくれた

それから20数年たって、娘が嫁いでいくことになった
結婚前にお婿さんがうちに来て、お酒を飲みながら皆で娘の小さい頃の話なんかしてたんだけど
娘が「小さい頃、お母さんに襲われたことがあったよね」って言い出してええってなった
話を整理すると、
・デパートの前で大きなぬいぐるみを見てたらいきなりお母さんが抱きついてきた
・苦しくて離してって叫んでたのに離してくれなくてすごく怖かった
・お母さんの顔がすごく険しくて、かっと見開いた目が怖かった
娘の見た光景は、確かに暴漢に襲われたときのものと一致してた

これまで娘の傷を刺激してはいけないと思って当時のことは話したことがなかったんだけど
まさかそういうふうに記憶していたとはorz
真相を話したら驚いてたよw
そのあと披露宴で、母への手紙でその話に触れて
「私に子供ができたら、きっとお母さんみたいに命がけで子供を守れるような母親になります」
って言ってくれて泣けたw

すごく痛い思いをしたけど、今じゃ笑い話にできてよかった

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

1111151

72: おさかなくわえた名無しさん 2012/08/31(金) 15:39:01.36 ID:AOo5n+gq
19の時に付き合ってた彼。
お互いゲームが好きで、色々情報交換をしていく内に好きになった。
そんな付き合って未だ間も無い彼がもうすぐ誕生日を迎えるので、0時きっかりに誕生日メールを送ろうと思い、メールを作成。
最初は寝てたらどうしようっていう気持ちが有ったんだけど、新作のゲームをやってるから寝るのが朝方になってると話は聞いていたので、私も良く有るし大丈夫だろうと思い、思い切って送信。
返事は直ぐにきたけど、メールではなくて電話だった。

「どうして君はラスボスの良い所でメールを送ってくるかな?そういうの、凄くウザい。お陰で倒せなかったよ。返せよ、俺の努力」

自分にも勿論非は有るけど、平気でウザいと言える人なんだと知り、すぅーっと気持ちは冷めていった。
以降トラウマになり、今カレには夜中に誕生日メールを送らない様にしてる。

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

412

38: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/10/10(金) 15:55:15.85
相談いいか?

嫁が二人目の子供を欲しがってる。
でも俺は反対。
理由は一人目の出産のときに嫁が出血多量で意識不明になって、死ぬことも覚悟してくれと医者に言われたんだがもうそれがトラウマ。
結局後遺症とかそういうのもなく今現在は至って健康なんだけど、もう二度と嫁が死ぬかもって思いたくないし。
今健康でも出産のとき何があるかわからないだろ?って言っても「大丈夫だよ、前回だってそんな大したことなかったんだし大げさ」って笑われる。
嫁自身は意識不明から回復しても特に医者からの説明とかなかったみたいだから、自分が死にかけたって自覚がないのかもしれん。
どうやったら説得できる?

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

4888

498: 名無しさん@HOME 2012/05/17(木) 18:29:47.50 0
中学生のときに学校でくしゃみしたら屁も出て、
それがトラウマでストレスを感じると屁が出る過敏性腸症候群を発症して
青春を潰した私が通りますよ。勉強も恋愛も友達からも逃避してしまった。

くしゃみ出そうになったら、鼻の下を指で抑えると止まるよ。神経伝達の関係。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

48299_249_2009-12-25-141602-m
396: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/09/10(金) 17:55:29
36歳、結婚7年目、小梨、レス。
嫁実家に戻って別居1カ月強。
嫁いわく、幸せの価値観の相違。
3日後には最終結論を出す予定。
(嫁が考えさせてくれと言ってたので、
 俺がもう期限を切った。)
離婚したら色んな手続きめんどいよね。

浮気でも金でもギャンブルでもないのに…。
やっぱレスが大きいのか?

この記事の続きを読む >