鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:デート

 (0コメント)

3696

837: おさかなくわえた名無しさん 2016/12/31(土) 07:49:00.75 ID:yrpW5yjT0
私は行きたいお店が決まってたら予約して確実に入りたいタイプで、待つのはあんまり好きじゃない
彼も待つのは好きじゃないけど、わざわざ予約しなくても入れるだろうと考えるタイプ
先日のデートの時も、前日に「○○行く?混んでたら嫌だし行くなら予約しとくね」と言ったら「そんなんしなくていいよw時間決まってると間に合わせないといけないからヤダ」と返され
いざ行くと激混みで20分ほど待つとのこと
彼的にはこんなに混んでるなんて予想外だったらしく「もういい。待つなら他のとこ行こ。もっと店内広く作れよなー」と言って1人で出て行ってしまった
だから言ったじゃん…美味しいって評判の店で且つ土日なんだから混むに決まってるのに、予約しなくていいって言ったのあなたでしょうが
確かに狭い店だったけど、予約しないで行っといて店内広く作れって理不尽にも程があるだろ…

この記事の続きを読む >

 (6コメント)

661

314: おさかなくわえた名無しさん 2016/06/09(木) 17:22:35.85 ID:g1lp9oJv
別れたてほやほやな話し。
マザコンだった。

ママ~というタイプではなく、口ではウザい!迷惑!とか言う人だったので、母親に問題ありだけどこの人はちゃんとしてるんだなと勘違いしてた。

それでも、何だかんだ母親に逆らえず、デートしてても帰って来いと言われて帰ったり、お家に伺った時も母親の私に対する嫌味攻撃(理不尽)に何も言えなかったり、あれ?と思うことが多々あった。

そしてついこの前、デート中に母親から電話、「食事にいこう」というものだった。
まさかとは思ったけど彼は(強引で迷惑だわ~とか文句を言いながら)了承。
しかも2人でいくらしい。
彼は母親の乗ったタクシーに拾われ、私は置いて行かれた。

その瞬間、あ、糞男だわ…と気づいて今日別れてきた!めっちゃ清々しい気分!!
しかも「マザコンだよね」って指摘したら発狂してて面白かった。

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

ダウンロード (51)

74: おさかなくわえた名無しさん 2016/03/08(火) 13:29:01.35 ID:0gEKVVN1
学生の時に付き合った彼。お金がないとはよく言っていて、デート代等は当然割り勘だった。
それは全然構わないんだけど、ホワイトデーのお返しがママと作った手作りフルーツケーキでドン引き。
それなら何もない方が良かった。あるいはクッキーでも良いから、1人で作ってほしかった。
その場では笑顔で受け取って、一緒に公園で食べた。美味しかったけどさ。
20才過ぎた男がママとケーキ作りしてる姿を想像したら、無理になってしまったよ

この記事の続きを読む >

 (6コメント)

332

532: おさかなくわえた名無しさん 2015/07/23(木)17:37:41 ID:Y9f
お互い貧乏だったからデートはお金がかからないものばっかりだった。
ファミレスで何時間も話したり、家でゴロゴロ映画みたり。
好きな人といられたらそれでいい!
なんてお花畑だったんだけどやっぱり年頃の女の子(笑)だったから友達が話すロマンチック?なデートに憧れてもいたんだ。
夜景見に行ったりちょっといいレストランに行ったりとか。
だからおねだりして一度だけ普段は行かない客単価1人5000円くらいのレストランに行った(オネダリといってももちろん割り勘)
かしこまり!!って程の店じゃなかったけどちょっと上品で普段のファミレスとはうんでんの差だから私も嬉しかったのにメニュー開いたとたん周りに聞こえる声で
「うわ!たけーなおい。」
恥ずかしいからやめてよ。とたしなめるも若干ちっちゃくはなったけどやっぱり周りに聞こえる声で
「たかが飯にこんなに払うのかよー」「こんな気取った食い方いやだわー(ナイフとフォーク)」
「こんな皿にちまっとしか乗ってねーのな!」
食べ終わっても「あー食った気しなかったわー!帰りコンビニ行こーぜ。」
ああ、この人TPOもわきまえられないんだな。とスーっと冷めた。

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

001

167: おさかなくわえた名無しさん 2013/03/29(金) 17:55:42.88 ID:iUsQ2+f/0
今日の話
俺が新宿に用事があったので、デートがてら一緒に行った。
4月から忙しくなるから、寂しいけど、その分1回1回のデートを大切に
するようになった。
でも、今日は最低なことがあった。

帰りの電車の中で、隣に座ってた女性が独り言を言っていて、
聴き耳をたててると「ブサイクなカップル」とか言っていた。(結構、聞こえる声だった)
そして、スマホの画面が見えたので内容を見ると、明らかに俺達の服装をメモっていた。
とにかく不愉快だった。

彼女は寝ていたし、その件を知られたくなかったので起こさないでいた。
それが唯一の救い。

この記事の続きを読む >